名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

秋山進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山進のプロフィール

秋山進、あきやま・すすむ。日本のコンサルタント、インディペンデント・コントラクター。「プリンシプル・コンサルティング・グループ」代表。奈良県出身。京都大学経済学部卒業後、リクルートを経て、インディペンデント・コンストラクター(独立業務請負人)として独立。各種エンターテイメントや人材関連トップ企業でCEO補佐や外部執行役員を務める。ジュリアーニ・コンプライアンス日本法人のマネージングディレクター、インディペンデント・コントラクター協会理事長なども務めた。日本ではまだ珍しいインディペンデント・コンストラクターというワークスタイルを自ら実践し、啓蒙活動を行った。

秋山進の名言 一覧

基本がきちんと身についていない人ほど、マーケティングの最新理論や統計技術を学んだりして自分に「箔」をつけたがるが、土台がグラグラでは、どんな専門知識も生かせない。


組織の誰かが困っている時には全力でサポートする。そういう姿勢を明確にしていれば、普段人づき合いが悪くても何とか許される。変人でいるのにも、戦略が必要なのです。


仕事の権限は狡猾に、時間をかけて奪い取るものなのです。大切なのはくれぐれも急がないことです。


上司の意見はなるべく否定してはいけません。そのかわりに多様な選択肢を与え、選ばせるのです。「課長との考え方とは別に、こういう考え方もあると思います。価値判断の軸をどこに置くかで選択は変わってくると思います」というような会話を繰り返すと、あなたと上司の間で思考のズレがなくなります。そうなったらしめたもの。この件はお前に任せるという案件が少しずつ出てきます。


上司に反対の意見をいう場合は「お気に障るかもしれませんが」くらい言い添えましょう。私は入社3年目のころ、課長に向かって「あなたの視野は狭すぎますよ。このままでは課長どまりです」と言ったことがあり、いま考えると汗三斗、反省しきりです。


大前提として確認しておきたいのは、私心があってはならないということです。やりたい仕事があって、その方法論のひとつとして権限委譲があるということです。権限委譲が目的であっては決して上手くいきません。


完ぺき主義者は部下としては大変頼りになりますが、上司としては最悪です。当たったら不幸としかいえません。


仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


あなたに人望はありますか?仕事はチームでやるものですから、いくらあなたが優秀でも、周りの人がついてこない人には仕事は任せられません。


上司が「権限委譲したくてもできない」と思っている場合、原因はあなたにあります。上司があなたの能力を評価していないので、踏み切れないのです。また、能力は評価していても、会社の基本的な考え方や方向性の理解が足りないから、こいつに任せたら不安だと思っているのかもしれません。いずれの場合も実績を地道にあげ、仕事で認めてもらうしかありません。


なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。

今いる組織での出世だけが目的なら、社内イベントに欠かさず出席して上層部に顔を売る、といった方向性の努力も必要だが、他の企業でも通用する真の実力を磨くためには、「変人」と呼ばれるのを覚悟で誘いを断り、自分の時間をしっかり確保することも大切。


客観的事実と個人の感想をきちんと分け、頭で整理し、相手に分かる表現でアウトプットできる人は、実はビジネスパーソンのうち20%くらいしかいないというのが私の実感。上司も同様なので、多くのケースで問題にされていないだけ。逆にいうと、そうした基本を身につけるだけで、上位20%の秀でた存在になれる。


秋山進の経歴・略歴

秋山進、あきやま・すすむ。日本のコンサルタント、インディペンデント・コントラクター。「プリンシプル・コンサルティング・グループ」代表。奈良県出身。京都大学経済学部卒業後、リクルートを経て、インディペンデント・コンストラクター(独立業務請負人)として独立。各種エンターテイメントや人材関連トップ企業でCEO補佐や外部執行役員を務める。ジュリアーニ・コンプライアンス日本法人のマネージングディレクター、インディペンデント・コントラクター協会理事長なども務めた。日本ではまだ珍しいインディペンデント・コンストラクターというワークスタイルを自ら実践し、啓蒙活動を行った。

他の記事も読んでみる

高島英也(髙島英也)

大阪工場での失敗が、会社人生の一つの転機です。当時の業界は多品種化が進みつつありましたが、生産部門の対応が追いついていなかった。いつの間にか、若手5~6人が集まり、課題解決を自主的に考えて行動に移すチームが立ち上がりました。工場長がそれに気づき、「もっと多くの社員を参加させなさい」と指示を受けましたが、考えが違うメンバーが増え、議論が深まらずに頓挫しました。何か新しいことをやるには、思いのあるメンバーが自然発生的に集まることが必要条件だと学びました。


千本倖生

正直言って、日々の努力は決して楽しいことではありません。だからこそ、夢や志、大義といったものが必要なのです。山登りと一緒です。富士山の頂上を見据えて、あそこに立つんだという強い意志を奮い立たせるからこそ、坂道を上る一歩一歩の苦しさに耐えられるんじゃないですか。


松本大

私が提案したいのは、まずは1万円ずつ10個の投資信託を買ってみること。1万円の投資信託を10個では、失敗したとしても、逆にうまくいったとしても、大した金額にはなりません。そんな損益よりも、非常に大きなものが得られます。大事なのは、月に1回でもいいから、買ったあとの値動きを見ること。自分の頭で考えて10個を選んだときには、なんらかの仮説を立てたはずです。その仮説どおりになったか、ならなかったかを検証するのです。そうすることで、世界の経済や政治を見る目が養われます。


有働由美子

自信をもって話すには、準備をすることです。学生時代、予習をしっかりやっていった日の授業は、自信を持って先生の目を見ることができたでしょ。


北城恪太郎

本社が命令した通りにやれという組織は、決して上手くいきません。


堺美保

ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


植木理恵

頭のいい人と聞くと、図書館に本がずらりと並んでいるように、脳内に知識がみっちりと詰まっている様子を連想しますが、実はそうではなく、せいぜい本棚が5つから7つくらい。逆に言えばそれしか本棚がないから、整理整頓が行き届いて、必要な本を素早く取り出せるのです。


西尾太

自分は「何屋」か、胸を張っていえるかどうかが重要。営業マンなら営業屋といえるほどの専門性があるか。では、何の営業屋かと。


丸山健太郎(経営者)

1990年代後半、日本のコーヒー市場はセルフ式カフェチェーンの上陸で個人経営の喫茶店が打撃を受けることになりました。従来の喫茶店が通用しなくなっていたのです。私はこの予兆を感じていました。インターネットの普及を受け、世界中にスペシャルティコーヒーという概念が広がっていることを情報として持っていたからです。そんな最中、2000年にアメリカのスペシャルティコーヒー協会(SCAA)のイベントに参加しました。「アメリカで広まっているスペシャルティコーヒーの波は日本にも来る」。こう確信した私は帰国中の飛行機の中で新たなビジネスプランを練り、銀行に融資を依頼。銀行は私の提案を認め、融資を実行してくれました。


本田有明

意見が変わった場合に、自分からそれを認めること。何かの問題について新しい情報が入ってきたら、「認識が間違っていた。本当はこうだった」となるのは、当然のこと。「前におれが言ったことは間違っていた」と素直に認められる上司は、「度量の大きな人だ」と部下から尊敬されます。「言うことがころころ変わる」と陰口を言われている上司は、そのことに気がついていない。


梨田昌孝

若い監督をサポートするには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。


築山節

文字を黙読するだけでは、情報が目から脳に入力されただけで終わりです。でも、音読は、その入力した情報を音声によって出力し、自分の耳で再度入力することができます。視覚情報、聴覚情報を処理し、しゃべる能力も向上するので、プレゼンの練習にもってこいです。新聞などを毎朝音読すれば、脳内の回路が刺激され、情報の理解力や、表現力が上がります。勉強や暗記のときも、音読すれば効果的。