名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋山進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山進のプロフィール

秋山進、あきやま・すすむ。日本のコンサルタント、インディペンデント・コントラクター。「プリンシプル・コンサルティング・グループ」代表。奈良県出身。京都大学経済学部卒業後、リクルートを経て、インディペンデント・コンストラクター(独立業務請負人)として独立。各種エンターテイメントや人材関連トップ企業でCEO補佐や外部執行役員を務める。ジュリアーニ・コンプライアンス日本法人のマネージングディレクター、インディペンデント・コントラクター協会理事長なども務めた。日本ではまだ珍しいインディペンデント・コンストラクターというワークスタイルを自ら実践し、啓蒙活動を行った。

秋山進の名言 一覧

基本がきちんと身についていない人ほど、マーケティングの最新理論や統計技術を学んだりして自分に「箔」をつけたがるが、土台がグラグラでは、どんな専門知識も生かせない。


組織の誰かが困っている時には全力でサポートする。そういう姿勢を明確にしていれば、普段人づき合いが悪くても何とか許される。変人でいるのにも、戦略が必要なのです。


仕事の権限は狡猾に、時間をかけて奪い取るものなのです。大切なのはくれぐれも急がないことです。


上司の意見はなるべく否定してはいけません。そのかわりに多様な選択肢を与え、選ばせるのです。「課長との考え方とは別に、こういう考え方もあると思います。価値判断の軸をどこに置くかで選択は変わってくると思います」というような会話を繰り返すと、あなたと上司の間で思考のズレがなくなります。そうなったらしめたもの。この件はお前に任せるという案件が少しずつ出てきます。


上司に反対の意見をいう場合は「お気に障るかもしれませんが」くらい言い添えましょう。私は入社3年目のころ、課長に向かって「あなたの視野は狭すぎますよ。このままでは課長どまりです」と言ったことがあり、いま考えると汗三斗、反省しきりです。


大前提として確認しておきたいのは、私心があってはならないということです。やりたい仕事があって、その方法論のひとつとして権限委譲があるということです。権限委譲が目的であっては決して上手くいきません。


完ぺき主義者は部下としては大変頼りになりますが、上司としては最悪です。当たったら不幸としかいえません。


仕事の権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合、たとえば、あなたは優秀だから権限を分け与えると自分の居場所がなくなるのではないかとか、リスクの高い仕事に手を付け、失敗した場合、自分が尻拭い役になるだけで面倒だと考えているのもしれません。


あなたに人望はありますか?仕事はチームでやるものですから、いくらあなたが優秀でも、周りの人がついてこない人には仕事は任せられません。


上司が「権限委譲したくてもできない」と思っている場合、原因はあなたにあります。上司があなたの能力を評価していないので、踏み切れないのです。また、能力は評価していても、会社の基本的な考え方や方向性の理解が足りないから、こいつに任せたら不安だと思っているのかもしれません。いずれの場合も実績を地道にあげ、仕事で認めてもらうしかありません。


なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。

今いる組織での出世だけが目的なら、社内イベントに欠かさず出席して上層部に顔を売る、といった方向性の努力も必要だが、他の企業でも通用する真の実力を磨くためには、「変人」と呼ばれるのを覚悟で誘いを断り、自分の時間をしっかり確保することも大切。


客観的事実と個人の感想をきちんと分け、頭で整理し、相手に分かる表現でアウトプットできる人は、実はビジネスパーソンのうち20%くらいしかいないというのが私の実感。上司も同様なので、多くのケースで問題にされていないだけ。逆にいうと、そうした基本を身につけるだけで、上位20%の秀でた存在になれる。


秋山進の経歴・略歴

秋山進、あきやま・すすむ。日本のコンサルタント、インディペンデント・コントラクター。「プリンシプル・コンサルティング・グループ」代表。奈良県出身。京都大学経済学部卒業後、リクルートを経て、インディペンデント・コンストラクター(独立業務請負人)として独立。各種エンターテイメントや人材関連トップ企業でCEO補佐や外部執行役員を務める。ジュリアーニ・コンプライアンス日本法人のマネージングディレクター、インディペンデント・コントラクター協会理事長なども務めた。日本ではまだ珍しいインディペンデント・コンストラクターというワークスタイルを自ら実践し、啓蒙活動を行った。

他の記事も読んでみる

樋口泰行

20~30代は、専門性を身につけ、自分の強みとなる領域を作ることが大切です。1つのことを深く理解することで洞察力が身につくだけでなく、深く理解した領域との比較によって、他の領域を理解しやすくなる。


長尾和宏

いい睡眠をとるには、朝一番に少しでも太陽光をあびることが大切。朝の太陽光の中に含まれる紫外線は体内時計をリセットし、「やる気ホルモン」と言われるセロトニンの放出を促します。セロトニンは覚醒レベルを上げるとともに、夜に睡眠を誘発する脳内物質のメラトニンの産生を促します。


宮内義彦

人間は誰しも、自分がやりたいことをやりたがります。経営者といえども、自分が得意なことを優先し、不得意なことは他人任せにしてしまう。これが一番間違いを犯しやすい。自戒を込めて言えば、トップは会社にとって一番大事な仕事をやらなければいけません。一番大事な仕事をして、時間が余れば二番目に大事な仕事をする。これをやらないと時間管理はできません。私にとって一番大事な仕事は、オリックスという会社の5年後がどうあるべきかを考え、その方向に舵を切ってゆくことです。


安田周

「満足は成長の最大の敵」という言葉のように、現状に甘んじることなく変化を起こしていきたい。


松田雅也

規模が小さくて、爪に火をともしてやっている時期は黒字でした。ただ、将来の成長のためには先行投資が必要。いまは増資をして、事業を拡大させるフェーズです。早く単月黒字を出しつつ成長を続ける状態に持っていきたい。


守屋淳

戦略・戦術書の二大古典『孫子』と『戦争論』を座右の書として成功を収めた人物は少なくないが、この二書は策略についてどう述べているか。一言でいえば「取扱注意」だ。策略はみだりに用いるべきではなく、応分の備えと心得が必要だという。


稲盛和夫

仕事をしていた80代初めまでは、日々、反省をしていました。特に第二電電、今のKDDIを創業して、自分の専門外の事業に乗り出していったときには、本当に毎日のように反省していました。「動機善なりや、私心なかりしか」ということをね。「毎晩寝る前に、ベッドの上でそれを繰り返し口に出して、自分に問いかけるのです。おまえが今やろうとしていることは、動機は善なのか、私心はないのか、天地神明に誓ってそう言えるのかと。そのおかげで、たとえどんな誹謗中傷を受けようとも、これは絶対に負けないで頑張ろうという闘魂が湧いてきたんです。


プラトン

嫉妬深い人間は、自ら真実の徳を目指して努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。


清水正(経営者)

ものづくり企業としての原点に立ち返り、ガラスと化学製品という2つの主力製品の生産技術を徹底的に磨き直す。それが、新社長としての私のミッションです。


大橋洋治

私が会長職の時に、古いロゴは完全に姿を消しましたが、それも仕方がないことです。時代は変わる。若い人たちがそれをうまく、新しい息吹を感じられるものにしていってくれる。


鈴木雅哉(経営者)

経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。


三枝匡

ミスミのビジネスモデルの強さの源泉は「QCTモデル」です。QCTは「Quality(高品質)」「Cost(低コスト)」「Time(短納期)」の略です。お客様は安価で高品質で早く手に入るのであれば買ってくれるはずという論理です。単純でしょう(笑)。QCTの各項目をそれぞれの事業や商品に当てはめてみると、自社の強み、弱みが分かります。競争相手に勝っているQCTが少なければ少ないほど、弱い事業なのです。