名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋山豊寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山豊寛のプロフィール

秋山豊寛、あきやま・とよひろ。日本のジャーナリスト、宇宙飛行士。国際基督教大学卒業後、TBSに入社。ラジオ構成を担当したのち、イギリスBBC放送に出向。帰国後、TBS外信部、政治部外務省記者、ディレクター、ワシントン支局長、外信部デスクなどを歴任。その後、TBS社員としてソビエト連邦のスペースシャトルに乗り、宇宙ステーションミールで宇宙飛行士たちを取材した。宇宙から帰還後、報道総局次長、「クイズダービー」の解答者、「ブロードキャスター」のコメンテーター、「筑紫哲也NEWS23」で筑紫哲也の代役でキャスターなどを務めたのち退社。農業のかたわら、京都造形芸術大学芸術学部教授などを務めた。著書に『鍬と宇宙船』『おじさんはとんだ』『農人日記 』『宇宙と大地 農のある暮らしへ』『宇宙特派9日間』など。

秋山豊寛の名言 一覧

生きていく中で、脳が震えるほどの瞬間をどれだけ持てるか。それが、人生の価値を決めていくのだと思っています。


一回きりの人生をどう生きるか。その命題はなにも宇宙にまでいかなくても向き合えることです。人生の節目に立ち止まり、これまでの人生や残りの生活を見つめ直す時間を持つだけでいい。身近な人の死からも、自分なりの死生観や、ひいては人生の意味を見出すことができるでしょう。


僕は48歳のとき、テレビの記者として宇宙に行きました。宇宙から地球を眺めると、人間などちっぽけなものだということを思い知らされます。地表からわずか400キロ離れただけで、人間が生きている痕跡など、海上を行くタンカーの航跡か大気中の一筋の飛行機雲くらいしか確認できなくなります。


一回しかない人生を考えたとき、いかに自分の好奇心を満たし、充実感溢れる生活を送れるか。それが退社をした理由のひとつです。
【覚書き|53歳でTBSを辞め、農業生活に入ったときを振り返っての発言】


秋山豊寛の経歴・略歴

秋山豊寛、あきやま・とよひろ。日本のジャーナリスト、宇宙飛行士。国際基督教大学卒業後、TBSに入社。ラジオ構成を担当したのち、イギリスBBC放送に出向。帰国後、TBS外信部、政治部外務省記者、ディレクター、ワシントン支局長、外信部デスクなどを歴任。その後、TBS社員としてソビエト連邦のスペースシャトルに乗り、宇宙ステーションミールで宇宙飛行士たちを取材した。宇宙から帰還後、報道総局次長、「クイズダービー」の解答者、「ブロードキャスター」のコメンテーター、「筑紫哲也NEWS23」で筑紫哲也の代役でキャスターなどを務めたのち退社。農業のかたわら、京都造形芸術大学芸術学部教授などを務めた。著書に『鍬と宇宙船』『おじさんはとんだ』『農人日記 』『宇宙と大地 農のある暮らしへ』『宇宙特派9日間』など。

他の記事も読んでみる

石川康晴

日本は欧米に比べて中間管理職の女性の割合が低く、圧倒的に女性が活動できない国になっています。その中で、我々はひとつのモデルをつくらなければということで、4時間正社員という制度を立ち上げました。扶養や税金の問題よりも、1日4時間でも正社員として企業に腰を据え、家庭と両立しながら責任をもって仕事をしたいという方々がかなりいることがわかりました。各企業が4時間の正社員枠、6時間の正社員枠、8時間の正社員枠と、多様性のある考え方でジョイントするような枠が出てくると、日本の組織も生産性が上がっていくのではないかと思っています。


横田雅俊

目標に根拠がないと、目標にコミットする気持ちも湧きません。その結果、暗雲が立ち込めはじめると、「どうせ現場を知らない人間がつくった目標だから、達成できなくても俺たちのせいではない」と、悪い意味で開き直る部下が出てきます。つまり根拠がないことが、目標達成を諦めることに口実を与えてしまうわけです。


荒木香織

日本では自己犠牲をしてまで成果を出すことが美徳のように言われますが、それは違います。健全に自分の能力を全力で発揮できる環境が大事なのです。


前澤友作

新しいワークスタイルは日本人が積極的に提案していくべきです。なぜなら、日本人は改善を最も得意とする国民だからです。日本人は協調性が高く、集中力があり、勤勉で思いやりもある。だからこそ、世界に先駆けて時短(労働時間短縮)に成功し、先進国の中でも群を抜いた労働生産性の高さを示したい。


柴崎洋平

仕事を通じて世界中の優秀な人材に出会い、自分の非力や能力の低さを痛感した。


久恒啓一

経験の浅い部下は視野が狭く、自分の目の前の仕事のことしかわかりません。そのため、それぞれが部分最適に終始して、全体として非効率に陥ることがよくあります。これを避けるには、図で仕事の全体像を見せてから、「この部分を君に頼むよ」と仕事を任せることです。こうすれば、部下が見当違いの方向に進むリスクを減らせるので、結果歴に上司の仕事も早く進みます。


斎藤広達

インターネット上に流れている情報は、まさに「千三つ」です。1000あるうち、自分に有用なものはせいぜい3つしかないということです。その3つを求めて、2時間、3時間と時間を費やすのは非効率であると同時に、時間の無駄です。


中村雅哉

20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


玉川勝

キーパーソンの離職率は年々低下してきています。ここが重要なのです。現在、離職率は10%強ですが10%の水準を切るとそれはまた問題です。10%を切る会社というのは居心地がよすぎるのです。インドでは平均以下の人たちはやめてもらうくらいの水の循環があったほうがいいと思っています。


テリー伊藤

大切なのは、自分が置かれたポジションをどうポジティブに語れるかということ。


安東邦彦

いままでの延長線上でしか営業を考えていない。これでは売れるはずがない。


佐藤優

締め切りやアポの予定、電話の内容を書き留めたメモや、次の単行本の構想まで、すべて一冊のノートに記録しています。自分が何をしたか、これから何をしなくてはいけないかは、ノートを見ればすぐにわかります。