名言DB

9425 人 / 110833 名言

秋山浩保の名言

twitter Facebook はてブ

秋山浩保のプロフィール

秋山浩保、あきやま・ひろやす。日本の政治家、経営コンサルタント。千葉県柏市長。千葉県柏市出身。筑波大学第三学群国際関係学類卒業後、外資系コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー、ピザーラなどを展開するフォーシーズの社長室長・常務取締役などを務めたのち、いくつかのコンサルティング会社で企業再生や経営コンサルティングに携わる。その後、柏市長選挙に当選し、同市の財政再建にあたった。

秋山浩保の名言 一覧

新しい部署に着任して最初の1か月間は極端にいえば「一対全員」の構図です。「最初はこんなもんだ」と、いい意味で鈍感になるしかありません。


人間は、自分の入れ込んでいるやり方を褒められると嬉しいものです。自分のこだわりや意識していることを的確に指摘して褒められるのも嬉しい。やっぱり可愛くなりますよ。人間そういうもんですよね。私も気をつけなくては。


部下に感情的にダメ出しをしてもいいことは何もないですよね。民間企業時代、僕の部下の多くは年上だったので、年下の人間から「全然ダメ!」と頭ごなしに言われたら誰でも腹が立つじゃないですか。「なんだ、この若造」と。感情を呑みこめるようになったのはここ数年ですよ。


部下から報告や提案を受けたあとに黙り込んでいるときは、考えているときです。これじゃダメ!と書類をバーンと投げ返しちゃうわけにはいきません。上司は部下のモチベーションを維持しなければならない。どういうふうに話して、このダメな人をリカバリーしようか、この場をどうやっていい方向に持っていこうか。自分の中で一生懸命に考えているうちに時間が経ってしまうのです。


判断はつい人柄の方に引っ張られる傾向があるので要注意です。民間企業時代、解任しなければならない役員がいるときは、決断が鈍らないよう、家族の話などは聞かないよう気をつけたりしました。


上司からのコミュニケーション量が増えたら、評価されている証拠です。情報分析が鋭いなどの実績があり、信頼されているからこそコンタクトをとるのです。


仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。


様子見、受け身の人たちは、必ずしも敵意があるわけではありません。こちらがどんな人間かわからないので、指示を待っているだけなんです。


どんな組織でも、自負が強くて「よそ者」に敵対する人は、少数ですが必ずいます。しらけた顔をしていたり、頼んだ仕事に手をつけなかったり。理屈ではなく感情的な反発だと本人も分かっているんですよ。でも、感情が先立ってしまう。その場合は、とにかく人間秋山を知っていただいて、この組織を良くしていこうという気持ちの共有を図ります。


語弊を恐れずに言えば、すり寄ってくる人はダメな人です。いろいろ話を聞かせてくれるけれど、分析や解釈が一面的で、本質をとらえていない事が多い。


秋山浩保の経歴・略歴

秋山浩保、あきやま・ひろやす。日本の政治家、経営コンサルタント。千葉県柏市長。千葉県柏市出身。筑波大学第三学群国際関係学類卒業後、外資系コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー、ピザーラなどを展開するフォーシーズの社長室長・常務取締役などを務めたのち、いくつかのコンサルティング会社で企業再生や経営コンサルティングに携わる。その後、柏市長選挙に当選し、同市の財政再建にあたった。

他の記事も読んでみる

ジェームズ・アレン(自己啓発)

一般的に成功と呼ばれることでも、学問でも、精神的な成長にしても、目標を達成するには、それ相当の我慢や犠牲が必要です。そのために、目先の欲求を諦めなければならなくなるでしょう肉体的、精神的な快楽をはじめとする、趣味や娯楽など、人生の大切な目的にそぐわないことは、自分の意志で遠ざけなければなりません。


澤田秀雄

勘とは何かというと、「これまで積み重ねた経験値から生まれるもの」というのが私の考えです。たとえば、ゴルフの本を100冊読んでも、すぐにシングルになれるわけではない。自分の身体を実際に動かし、ボールを何度も打って、成功や失敗の経験が蓄積されていって、ある瞬間にコツが掴めるようになる。勘も同じだと思います。多くのことを見聞きしたり、多様な環境に身を置いたり。そうした経験が蓄積した結果、勘が働くようになるのでしょう。


蔭山洋介

スピーチにおいて、自分の意見を言うのは1割ぐらい、それもありふれた内容で構わない。むしろ聴衆が聞きたいのは体験の部分だ。直接的に感情を言葉にするより、体験を話すことによって感じてもらうほうがより響く。


岡野雅行(岡野工業)

日本人っていうのは黙っていると、どういうわけか、周りと同じことをしようとするだろ。じつはこれは、農耕民族の特徴なんだ。田植えや刈りいれっていうのは集団作業だから、一人だけ時期をずらすわけにはいかない。その習慣が身体に染みついているので、両親の家がクラウンを買ったら、じゃあうちもという発想になってしまう。だけどこれからの仕事は、これじゃあ通用しない。人が歩いたあとにはペンペン草も生えていないと思って、絶えず開拓し続けられる人間でなければ、もともと狩猟民族の欧米人にみんなやられちゃう。だから、隣がクラウンなら俺は戦車だっていう人間になれ。


エレン・クルマン

我々がこれまで成功を収めているのは、先人の行った意思決定のおかげ。ですから、私のチームも未来に投資をすることで、現在212年の歴史を持つ会社を300年まで成功するようにしていきたい。


窪田規一

私達は外注業者というスタンスではなく、クライアント企業の研究開発部門という立ち位置で仕事をしている。


雲川俊夫

人員増を認めなかったので、営業部門などからは非難轟轟でした。しかし、社員を増やしてもらえないとなると、現場もスタッフもアルバイトなどで補ってなんとかする。結果的に人件費を流動化できたわけです。


冨安徳久

仕事は通常、雑用からしか始まりませんが、懸命にやるのです。雑用にこそ生きがい、やりがいを見つけるチャンスがあり、それを疎かにする人には何もチャンスは与えられません。


辻野晃一郎

自分の主張が様々な理由で必ずしも正しくない状況になったとき、それをきちんと認めて修正するプロセスをとれるかどうか。それができない人はリーダーの素養に欠けています。


山本良介

メダリストが身近にいることでメダル獲得という目標がより鮮明にイメージできる。世界で金を獲ることはとてつもない高さのイメージでしたが、身近にメダリストがいると純粋に挑戦したいと思えるから不思議です。