名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋山浩保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山浩保のプロフィール

秋山浩保、あきやま・ひろやす。日本の政治家、経営コンサルタント。千葉県柏市長。千葉県柏市出身。筑波大学第三学群国際関係学類卒業後、外資系コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー、ピザーラなどを展開するフォーシーズの社長室長・常務取締役などを務めたのち、いくつかのコンサルティング会社で企業再生や経営コンサルティングに携わる。その後、柏市長選挙に当選し、同市の財政再建にあたった。

秋山浩保の名言 一覧

新しい部署に着任して最初の1か月間は極端にいえば「一対全員」の構図です。「最初はこんなもんだ」と、いい意味で鈍感になるしかありません。


人間は、自分の入れ込んでいるやり方を褒められると嬉しいものです。自分のこだわりや意識していることを的確に指摘して褒められるのも嬉しい。やっぱり可愛くなりますよ。人間そういうもんですよね。私も気をつけなくては。


部下に感情的にダメ出しをしてもいいことは何もないですよね。民間企業時代、僕の部下の多くは年上だったので、年下の人間から「全然ダメ!」と頭ごなしに言われたら誰でも腹が立つじゃないですか。「なんだ、この若造」と。感情を呑みこめるようになったのはここ数年ですよ。


部下から報告や提案を受けたあとに黙り込んでいるときは、考えているときです。これじゃダメ!と書類をバーンと投げ返しちゃうわけにはいきません。上司は部下のモチベーションを維持しなければならない。どういうふうに話して、このダメな人をリカバリーしようか、この場をどうやっていい方向に持っていこうか。自分の中で一生懸命に考えているうちに時間が経ってしまうのです。


判断はつい人柄の方に引っ張られる傾向があるので要注意です。民間企業時代、解任しなければならない役員がいるときは、決断が鈍らないよう、家族の話などは聞かないよう気をつけたりしました。


上司からのコミュニケーション量が増えたら、評価されている証拠です。情報分析が鋭いなどの実績があり、信頼されているからこそコンタクトをとるのです。


仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。


様子見、受け身の人たちは、必ずしも敵意があるわけではありません。こちらがどんな人間かわからないので、指示を待っているだけなんです。


どんな組織でも、自負が強くて「よそ者」に敵対する人は、少数ですが必ずいます。しらけた顔をしていたり、頼んだ仕事に手をつけなかったり。理屈ではなく感情的な反発だと本人も分かっているんですよ。でも、感情が先立ってしまう。その場合は、とにかく人間秋山を知っていただいて、この組織を良くしていこうという気持ちの共有を図ります。


語弊を恐れずに言えば、すり寄ってくる人はダメな人です。いろいろ話を聞かせてくれるけれど、分析や解釈が一面的で、本質をとらえていない事が多い。


秋山浩保の経歴・略歴

秋山浩保、あきやま・ひろやす。日本の政治家、経営コンサルタント。千葉県柏市長。千葉県柏市出身。筑波大学第三学群国際関係学類卒業後、外資系コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニー、ピザーラなどを展開するフォーシーズの社長室長・常務取締役などを務めたのち、いくつかのコンサルティング会社で企業再生や経営コンサルティングに携わる。その後、柏市長選挙に当選し、同市の財政再建にあたった。

他の記事も読んでみる

岸恵子

機械化が進む一方となると、男であれ女であれこれからは人間的魅力がますます重要になるんじゃないかしら。とくに日本の男性は四角四面すぎます。洒脱さ、ユーモアとかもっと欲しいですね。


亀田啓一郎

手本となる人を真似るには、個々の言動ではなく、言動の背後にある「意図・狙い」に着目することが重要だ。たとえば、上司の協力を取りつけるのがうまい先輩がいるとしよう。その人は、「結論は……」「その理由は……」などと、簡潔で分かりやすい話し方をする。確かに、この言動を真似れば要点を押さえた話し方にはなる。しかし、これだけでは上司の協力を取りつけるやり方を真似たことにはならない。ロールモデルとなる人の意図や狙いに着目することで、真似るべきポイントが見えてくる。


川村隆

ボラタイル(価格変動が大きいもの)な分野からは距離を置くことも明言した。一例が薄型テレビだ。日立はなぜ得意とは思えない分野に注力するのかと社外から指摘されていた。テレビ事業はその後、海外工場を閉鎖し、電子機器受託製造サービス(EMS)へと切り替えていった。


佐藤義雄

人間ですから怒りが爆発することもあるでしょう。ただ、昔の上司は総じて、厳しい一方でフォローも上手だったものです。見えないところでフォローするため、他の人にはわかりにくい部分もあったと思います。そこに気づかず、厳しい表面だけを真似ると、部下を潰すだけの結果になりかねません。


國貞文隆

企業家で成功する人が凡百の経営者と大きく異なる点は、ビジネスで無理だなと思ったときに、そこを突破しようとする意志です。それが生き残るための本当の実力で、そこからが経営者として一流になれるかどうかのスタートです。


武田邦彦

自力で稼がずに受信料で食べているNHKのような古い組織はみんな潰してしまえばいい。残したいなら、借金してでも新しい事業や自己変革に取り組むようにする。ところが、今は小学校でも節約が美徳で借金はダメだと教えているし、経営者の会合でもそう。投資や消費なくして発展はあり得ません。ガッカリしますよ。


渡辺康幸

真剣な表情で、前向きな言葉を投げかけると、選手は発奮します。


やましたひでこ

誰でも痛みを感じたくないから、モノを捨てられないのです。しかし、それは考えることを先延ばしにしているだけ。モノを捨てれば快適に働けるのに、捨てない職場があるとしたら、皆が責任を取りたくないと思っているからでしょう。


上野金太郎

仕事って、ひとつの角度から見ていると全体像が見えないんです。営業サイドから見たり、広報やアフターケアの視点から見たり、いろいろな角度から見ないと全体像がわからない。


川崎秀一

積み上げてきた技術の深さというのは、意外に真似しようと思っても真似しにくいもの。だから、その槍をどんどん尖らせようと。しかし、槍は油断すると途端にさびたり、曲がったりしてしまいますので、油断しないように槍をとがらせておけ、と技術部隊に発破をかけています。


橋本孝之

コンピュータシステムを購入したいというお客様の倉庫を尋ねたときのことです。倉庫はまるで整頓されておらず、グチャクチャでした。システムを入れても、とても管理できないような状況です。一時の売上を考えれば、効果を十分に発揮できなくてもシステムを売ってしまった方がいい。でも将来、お互いに必ず後悔します。お客様には、「大変申し訳ないのですが、作業着ではなく、背広を着て作業できるような倉庫にしてから、コンピュータを入れましょう」と提案しました。


久米信行

社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。