名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋山咲恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山咲恵のプロフィール

秋山咲恵、あきやま・さきえ、日本の経営者。プリント基板検査装置世界シェア2位の検査ロボットメーカー、サキコーポレーション創業者。京都大学法学部卒業後、大手コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)に入社。その後、松下電器産業に研究者として勤務していた夫が持つ技術を活かし、産業用検査ロボットメーカーのサキコーポレーションを創業。夫とともに同社を大きく成長させた。東京商工会議所「勇気ある経営大賞」グランプリ、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」リーダー部門2位・総合3位、日刊工業新聞主催の優秀経営者顕彰最優秀経営者賞などを獲得した。

秋山咲恵の名言 一覧

どんな工夫をすれば上手くいくのか継続的に考え続けることが重要です。これも、結果を出している方に共通する習慣だと思います。


創業当初私の会社も、お金はないし、人もいない、輸出なんてしたこともないし、ビジネス英語をまともに話せる人も一人もいないという状態でした。でも、理想と現実のギャップを埋めるにはどうしたらいいかと、諦めずに考えたんです。そして、他社がしないような大胆な方法を考え、あれこれ試しました。たとえば、他社の2倍のスピードで検査できる装置を開発したときは、業界水準の半額で販売しました。また、開発者が工場を訪ね、その場で装置の微調整、修理をしているのも弊社くらいだと思います。


アイデアはやみくもに試しても仕方ないと思います。私の場合は、何か良いアイデアを思いついたら、「みんなはなぜ、そうしないんだろう?」と考えるようにしています。すると、ゴールに立ちふさがるハードルが見えてきます。あとは、「自分たちならハードルは越えられるか」「このハードルを避けて、同じ結果に結びつく手はないか」と、いろいろな視点から解決策を探るわけです。


冷静になって考えてみると、致命傷を負うような失敗って、そんなにないんですよね。だから、怖がり過ぎないで、気楽に試してみる。失敗してもカラッと受け入れる。これを繰り返していくことが、大事だと思います。


成功する人の実態は、案外みんな泥臭いんじゃないかと思います。


私も最初から勇気があったわけではありません。創業当初は、「これからどうなるんだろう」と心配でしたし、会社の成長過程でも、眠れない日や会社に行きたくない日はありました。でも、あるとき気付いたんです。傷を負った瞬間は、血が出て痛いんですが、長いスパンで見ると、すり傷だったりするんですよね。また、血は出たけど、前に進めたこともあります。こういう経験をするうちに、「このレベルなら、思い切ってやっても、大したことないや」と思えるようになりました。いまでは、転んですりむいた傷の数が、自分の勇気の大きさと思っています。


私もすべての試みが成功したわけではないんです。失敗もたくさんしています。でも、成果を上げる人というのはみんな、最初からこの方法だと決め打ちをするのではなく、たくさんのことを試していると思うんです。もちろん、失敗も数多くしています。ただ、上手くいったことだけがクローズアップされるので、失敗が目立たないんだと思います。


ゴールから逆算していくやり方は、経営コンサルタント時代にかなり鍛えられました。コンサルティングの仕事は、「大きなビジョンを描き、それに近づけるために、どのようにギャップを埋めていくか」が基本です。つらくて泣きながら仕事をしたこともありますが、いま思うと、そのおかげで身についたものは大きかったですね。
【覚書き|外資系コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング勤務時代を振り返っての発言】


ゴール・イメージがなかったら、大胆なチャレンジをすべきだとは気付かなかったでしょう。おそらく、目の前のことをコツコツこなすだけだったかもしれません。しかし、目の前のことをこなしているだけでは、現状維持が精いっぱいだと思うんです。よくて、多少のプラスアルファがある程度。これでは、大きな成長は望めなかったでしょう。


創業時の思いを守れなければ、そもそもなぜこの会社をつくったのか、わからなくなってしまいます。目の前に苦しい問題があると、どんな方法を使ってもそれを避けたくなるものですが、そんなときこそ、最初に思い描いていたゴール・イメージに立ち返ることが大事だと思っています。


ベンチャーキャピタルからの融資を受けたり、大手企業と提携したりすると、経営の自主性が失われてしまうと感じました。ソニーさんと提携したのは、「自分のブランドで売っていい」という希望を聞き入れていただけたからなんです。


業界内で知名度を高めることができたのは、ソニーさんの子会社と販売提携したことが大きかったですね。自分たちで営業するだけでは、ここまで来るのは難しかったでしょう。ただ、外部の方の力を貸していただきながらも、「ここは自力でやる」という一線は守ってきたつもりです。それは、「自分たちの技術で生み出した商品を、自分たちの手でグローバル展開したい」という創業時の思いです。


秋山咲恵の経歴・略歴

秋山咲恵、あきやま・さきえ、日本の経営者。プリント基板検査装置世界シェア2位の検査ロボットメーカー、サキコーポレーション創業者。京都大学法学部卒業後、大手コンサルティング会社アンダーセン・コンサルティング(のちのアクセンチュア)に入社。その後、松下電器産業に研究者として勤務していた夫が持つ技術を活かし、産業用検査ロボットメーカーのサキコーポレーションを創業。夫とともに同社を大きく成長させた。東京商工会議所「勇気ある経営大賞」グランプリ、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2006」リーダー部門2位・総合3位、日刊工業新聞主催の優秀経営者顕彰最優秀経営者賞などを獲得した。

他の記事も読んでみる

酒匂隆雄

一旦、利喰いにしろ、損切りにしろ、ポジションをスクェアー(売り買いポジションともに0の状態)にしたら、様子を見なさい。でなければ、中途半端なところで利喰うな。或いは損切りをしたのなら、暫く頭を冷やせ。直ぐに、ポジションを再構築してはいけない。


速水浩平

ゼミの研究会で発表したんですが、散散な目にあいました。研究会には大企業の技術者も参加していて助言してくれるんです。それで、音力発電は昔からあるけど音のエネルギー量が少ないからムリ、止めたほうがいいといわれたんです。自分なりに頑張ったことをいきなり批判されても諦め切れませんよ。むしろ逆に批判されてヤル気に火がついた(笑)。


コリン・パウエル

大勢の人に来賓扱いされているようなときでも、私はできるだけ末端で働く人々に歩み寄り、握手するようにしています。人間としての彼らは、「末端」でもなんでもありませんから。


新藤兼人

人は皆、仕事をして生きてきました。私みたいな映画監督であろうが、ビジネスマンや農民、医者であろうが、技術を磨き、仕事をすることで、結婚したり子供をつくったりしてきました。家族を養うために仕事をし、仕事をしてきたから過程を作ることができたという意味で、仕事とは生き方そのものです。


松田憲幸

「その時々に応じて、最も効果的なビジュアルは何かをよく考えよう」。私は事あるごとに社員にこう言っています。例えば、取引先に新商品を営業する際、最高のビジュアルであるパッケージなしで商談するなんてことはあり得ません。チラシがあるならまだしも、それすら持たず、資料だけで商談するのはナンセンスです。


沓掛英二

当社は海外でのビジネスは行わない、東京や大阪など大都市以外はやめるというスタンスでした。ただ、2年前に中期計画を考える上で、それだけでこの野村不動産グループは成長できるのかと考え直しました。アジアでは培ってきたノウハウを生かしやすい。当初は社内で慎重な意見もありましたが、そこは気合を入れてかじを切って、10年間で3000億円程度は海外事業に資金を投じていきます。


沼田博和

普通、スーパーの開店初日には行列ができるものなのですが、兵庫県三木市でオープンした「業務スーパー」フランチャイズ1号店は、開店時間になってもお客様が一人も来ませんでした。オープンに向けてチラシ配りや新聞の折り込みなどもやっていましたから、立ち会った関係者は相当焦ったと思いますよ。先代(創業者)が「本当にチラシを撒いたのか」と疑ったほどだったそうです。それで色々な方に意見を聞いてみたところ、「一般の方は使えないと思われているんじゃないか」と言われ、すぐに看板の一部に「一般のお客様大歓迎」というフレーズを足しました。それで少しずつ客足が伸び、ひと月した頃には連日大賑わいになりました。当時は今以上に、圧倒的な低価格で商品を販売していましたので、インパクトは絶大だったと思います。だからフランチャイズ加盟を希望して見学に来られた方が、その場で即決するなんてことも度々あったそうです。


澤田秀雄

本当をいうと、僕は早く引退したい方なんです。これから先、自分がいたら老害が起きる可能性があるわけです。やっぱり一番パワーがあるのは30代、40代です。発想力も、行動力も、体力もそう。それなのに年寄りが上の方でふんぞり返っていたら害になると僕は思います。だから、そうならないうちに早くリタイアしたいんです。


久水宏之

人間の世界では選択の主導権は一人ひとりの側にある。それをどう生かすかが、「人間力」を鍛え、生かす出発点だと思われる。


御手洗冨士夫

いまも自分のポリシーが現場に伝わっているか、現場で正しく実行に移されているかを確かめなければやはり不安です。それで現場に行くわけですが、行ってみると私のポリシーの上に現場の人が知恵を加えて期待以上によくやってくれている。それを見た時はうれしいです。だから現場では感謝しながら歩くわけです。


フランシス・ベーコン

学問にあまり多くの時間をかけすぎるものは怠惰である。


林高生

中古車買取価格を比較する「ナビクル」、中古車販売サイト「なびくる+」、結婚式場情報サービス「すぐ婚navi」。これらも「引越し侍」のモデルを水平展開したものです。今、売り上げの約4割がこのライフスタイルサポート事業が占めています。