名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

秋山剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山剛のプロフィール

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

秋山剛の名言 一覧

叱るより褒める方が教育上はるかに効果的だというのは、部下の育成全般についていえることです。


我々日本人はお世辞が得意であるにも関わらず、褒めるのが苦手です。「素晴らしい方ですね」というような誰にでもあてはまるお世辞は言えるのですが、「君のあのときの発想は素晴らしかった」といった、その人らしさをたたえる褒め言葉がなかなか口から出てこないのです。だけど、褒め言葉は意識して口にした方がいい。そうすれば地味な仕事に向かっている部下も、上司は自分の働きを見てくれているんだなということがわかり安心して仕事に向かうことができます。


本人が「辞める」と言い出したのなら、上司は気持ちよく送り出してやるべきです。これまで育ててきた手間を損したと悔しがるのではなく、人間関係に投資したのだと思って欲しい。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、そうやって将来を考えながら手を打っていくことも、上司の力量のひとつなんです。


降りてきた命令を無条件に受け入れ、それを部下にそのまま振り分けていると、部下が面従腹背になり、結果中間管理職にすべてのしわ寄せが来て、パンクしてしまいます。


いまの40代以上は、若いころ、上司に言われたとおりにやり遂げることを評価されてきたはずです。しかし成果主義となったいまでは、言われたとおりにこなすのではなく、上司も部下も自分のできる範囲を主張して、現実的に可能なことを実行していくしかない。


上司が部下の話を聞かなかったり、反論を許さないタイプだと、部下は面従腹背になりがちです。たとえば上司が「この仕事を2週間以内で終わらせるように」という指示を出したとします。でも部下は内心無理だと考えている。そんなときに「2週間では終わりません」と言える状況か。上司に聞く姿勢がなければ反論しても無駄ですから、部下は黙ってうなずき、できないから仕方ないと諦めてしまうのです。


発想の切り替えが上手い人は、たとえ左遷されたとしても、それをチャンスととらえて、思わぬ成果を出したりするものです。


これからの社会ではさらに競争が激化するでしょうが、そこで負けたとしても絶望しなくてすむように、もっと会社以外の世界に目を向けて、多様な価値観を持つべきです。そのほうが、人生が豊かになるだけではなく、最終的には仕事にフィードバックされる部分も多いと思います。


リストラが激しかった時期は、中高年の自殺が多発しました。リストラ=その日食べるものにも困る生活ではないにも関わらず、なぜ自殺を選んでしまったのか。それは、会社で出世するというひとつの価値観にとらわれていたからでしょう。


人間に競争心がある以上、競争の過程で、やきもきするのは仕方ないことです。有能な上司なら、部下の競争心を上手くコントロールしながらチームの成果を上げることもあります。ただし、健全な競争心を、ネガティブな嫉妬心に変えさせないという注意は必要です。


ホームランを打っても大して評価されないのに、一度ミスを犯すとすぐに責められる。そんな減点主義の職場では足の引っ張り合いが起こりやすい。他人がミスをして脱落すれば、自分がレースで勝ち残れるからです。


人の足を引っ張るのは、他人に負けたくないという意識の表れですが、問題は、負けたくないためには足を引っ張るしか方法がないと思ってしまうことです。こうした思い込みは、その人の性格だけでなく、周囲の環境によって助長される場合も多いのです。


秋山剛の経歴・略歴

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

他の記事も読んでみる

山崎武也

洞察力のある人は、自分自身の利益だけでなく、自分の所属組織や国の利益にまで、考えをめぐらせている。だからこそ、視野狭窄(しやきょうさく)に陥ることなく、的確に物事をつかむことができる。


上村光弼

40代前半なら、定年まで20年弱の時間が残されています。この年代の方にお勧めしたいのは、「自分はどういう存在になりたいのか」という問いを考え直してみるということです。


栗山清治

なぜ社員1人当たり時価総額にこだわるかというと、効率経営の指標になるからです。ベイシアグループには昔から「本部は小さく」というポリシーがありました。今後も業務のIT化や簡素化を通じて無駄のない経営を目指していきたい。


ウラジーミル・プーチン

ソ連が恋しくない者には心(心臓)がない。ソ連に戻りたい者には脳がない。


関家一馬

社長の仕事はオピニオンと、場づくりです。オピニオンというのは経営理念に根差して、この会社をどういう人の集団、どういう考え方の集団にしていくかという会社作りの方向性ですね。たとえば19年の方針として、「全社員プログラマー化」と打ち出しています。簡単なプログラミングを全社員ができるようにすることで、情報システムの専門家がやる仕事がより高度なものになる。そういう方針と、それを実現する場づくりが社長の仕事だと思っています。


堀江貴文

少しくらいのお金で満足している暇はありません。経営者は大きなビジョンを持ってどんどんお金を集めて、会社を大きくしていかなければならないのです。ある程度の儲けで満足してしまい、そこで小さくまとまってしまうと、いざチャンスが回ってきたときに身動きが取れなくなってしまうのです。結果的にそこまでの会社で終わってしまうわけです


井上慎一(経営者)

「コストダウンしろ」なんていう常套句を上司がいくら大声で張り上げたって、絶対にいいアイデアは出ません。弊社では「やりくり」と言っているんです。「必要な物までなくせとは言わない。必要な物は調達するとして、なんとかやりくりしよう」と。私たちがいま座っている椅子、実はこれ、もらい物なんです。新品同様でしてね。いらなくなった物を安くいただいてきたりして、文字どおり「やりくり」しています。


安倍昭恵

ちょっとした工夫が女性には嬉しいんですよ。


森英恵

ニューヨークに初めて行った時、デパートの地下で日本製のブラウスがたった1ドルで売られていたの。「メード・イン・ジャパン」は安物の象徴だったのです。しかも、オペラ「マダム・バタフライ」を見に行くと、主役が畳の上を下駄を履いて歩いていた。許せませんでした。恥ずかしさと、怒りが込み上げてきました。何とかしなければ……。その決意が、その後、日本人デザイナーとして、日本の布を使い、日本人の手で作った服の良さを世界で認めさせたいと、私のエネルギーになりました。


山口範雄

大きな仕事は一人では成しえません。ある人は新技術を開発し、ある人は新しいビジネスモデルを考え出し、ある人は未開の地へ売り込みに出かける。そんなみんなの努力を結集してこそ、優れた仕事ができ、共に働く喜びがそこに生まれます。


加藤俊徳

小学校の国語の授業でも5分もしないうちに柱時計に目が行き、カウントダウンが始まっていました。授業を聞くことに集中できない私は、国語が苦手なのだ、と間違って自覚していきました。しかし今、書籍を50冊以上、英語論文など、多くの文章を残しています。私は、国語が苦手だったのではなく、脳の聞く力、聞いて脳に情報を残しておくことが弱かったのです。授業中、先生の話し言葉を聞く力があれば、脳に聞いたことが残ります。脳の聞く力が弱ければ、授業後に何も残っていません。あるのは、授業参加という事実だけです。確かに、参加することには意義があります。ところが、初めて聞くことでも5割頭に残る人と1割しか残らない人では、4割の差が付きます。家で自習して、5割まで理解して初めて、脳の聞く力がある人と肩を並べられます。実際に、高校時代、それほどガツガツ勉強していない友人が高得点を取れるのが不思議でした。授業を1回聞いて頭に残る人と残らない人の差は、脳の聞く力の差だったのです。


細田収

人は誰しも、自分に関心を持って接してくれる人に好感を持つもの。「あなたに関心を持っています」という姿勢を持つことが必要です。そのうえで、それを相手にきちんと伝えること。これが本当の意味での外づら力です。