名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

秋山剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋山剛のプロフィール

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

秋山剛の名言 一覧

叱るより褒める方が教育上はるかに効果的だというのは、部下の育成全般についていえることです。


我々日本人はお世辞が得意であるにも関わらず、褒めるのが苦手です。「素晴らしい方ですね」というような誰にでもあてはまるお世辞は言えるのですが、「君のあのときの発想は素晴らしかった」といった、その人らしさをたたえる褒め言葉がなかなか口から出てこないのです。だけど、褒め言葉は意識して口にした方がいい。そうすれば地味な仕事に向かっている部下も、上司は自分の働きを見てくれているんだなということがわかり安心して仕事に向かうことができます。


本人が「辞める」と言い出したのなら、上司は気持ちよく送り出してやるべきです。これまで育ててきた手間を損したと悔しがるのではなく、人間関係に投資したのだと思って欲しい。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、そうやって将来を考えながら手を打っていくことも、上司の力量のひとつなんです。


降りてきた命令を無条件に受け入れ、それを部下にそのまま振り分けていると、部下が面従腹背になり、結果中間管理職にすべてのしわ寄せが来て、パンクしてしまいます。


いまの40代以上は、若いころ、上司に言われたとおりにやり遂げることを評価されてきたはずです。しかし成果主義となったいまでは、言われたとおりにこなすのではなく、上司も部下も自分のできる範囲を主張して、現実的に可能なことを実行していくしかない。


上司が部下の話を聞かなかったり、反論を許さないタイプだと、部下は面従腹背になりがちです。たとえば上司が「この仕事を2週間以内で終わらせるように」という指示を出したとします。でも部下は内心無理だと考えている。そんなときに「2週間では終わりません」と言える状況か。上司に聞く姿勢がなければ反論しても無駄ですから、部下は黙ってうなずき、できないから仕方ないと諦めてしまうのです。


発想の切り替えが上手い人は、たとえ左遷されたとしても、それをチャンスととらえて、思わぬ成果を出したりするものです。


これからの社会ではさらに競争が激化するでしょうが、そこで負けたとしても絶望しなくてすむように、もっと会社以外の世界に目を向けて、多様な価値観を持つべきです。そのほうが、人生が豊かになるだけではなく、最終的には仕事にフィードバックされる部分も多いと思います。


リストラが激しかった時期は、中高年の自殺が多発しました。リストラ=その日食べるものにも困る生活ではないにも関わらず、なぜ自殺を選んでしまったのか。それは、会社で出世するというひとつの価値観にとらわれていたからでしょう。


人間に競争心がある以上、競争の過程で、やきもきするのは仕方ないことです。有能な上司なら、部下の競争心を上手くコントロールしながらチームの成果を上げることもあります。ただし、健全な競争心を、ネガティブな嫉妬心に変えさせないという注意は必要です。


ホームランを打っても大して評価されないのに、一度ミスを犯すとすぐに責められる。そんな減点主義の職場では足の引っ張り合いが起こりやすい。他人がミスをして脱落すれば、自分がレースで勝ち残れるからです。


人の足を引っ張るのは、他人に負けたくないという意識の表れですが、問題は、負けたくないためには足を引っ張るしか方法がないと思ってしまうことです。こうした思い込みは、その人の性格だけでなく、周囲の環境によって助長される場合も多いのです。


秋山剛の経歴・略歴

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

他の記事も読んでみる

小泉光臣

現場から報告書の形であがってくる情報は、確度こそ高いが喫緊の話が多い。先のこととなると、トップ自ら現場で拾った個々の情報を自分の中でつなぎ合わせて読み解くしかない。先を読み、布石を打って決断する経営者をめざす以上、こういう情報がなければ不安で仕方ないんですよ。


織田大蔵

子供には、いい嘘と悪い嘘があることを、小さいときから教え込んでおかなければいけない。いい嘘というのは、相手の立場に立って、相手への思いやりが込められているから許されるのだ。いい嘘もつけないのは正直ではなく、馬鹿正直といって世間を渡っていけぬ奴だ。


柳井正

入社した人は全員が現場に入り、そこで働く人、我々の製品を使う人がどういう意味を感じて使っているのか、市場がどういうふうになっているかを肌で感じることが大事です。


高岡浩三

生産性を上げるために重要なことのひとつは、「緊急性があり、なおかつ難しい仕事から先にやる」こと。難しい仕事ほど現状を大きく変えることができ、短時間でより大きな成果が得られる。


ピーター・ドラッカー

目標は絶対のものではなく、方向を示すものである。


島津義秀

どんな些細な嘘であっても、1つの嘘をつけば、それを隠すためにまた嘘を上塗りしないといけなくなる。嘘の連鎖が始まってはいけない。


出井伸之

主力事業がいつまでも主力であり続けられないように、お荷物とされていた事業が次の主力になることもある。今のように変化のスピードが速い時代はなおさらです。そう考えると、不振部門に行くことは決してマイナスではない。


沖幸子

早く、楽に掃除の成果を上げるコツ

  1. 無駄な動きをしない。
  2. 上から中へ、中から下へ。上からきれいにしていく。
  3. パッと見て汚れているところをピンポイントで。
  4. 「きれいにならない」にこだわらない。「そこそこ」を心がける。
  5. 常に時間を意識して。

渋谷和宏

東日本大震災の発生から3か月が過ぎ、被災地の外にいる私たちにできることは何なのかを、ますます強く考えるようになりました。そのひとつの答えは、消費を通じての貢献ではないでしょうか。モノやサービスの消費に対してアクティブになり、経済を活性化させることは、いまとても重要だと思うのです。消費を楽しむのは悪だ、自粛すべきだという思考には、それがどういった結果を招くのかについての想像力が欠けていると言わざるを得ません。ただ、幸いなことに、5月の大型連休を境に、消費は盛り返しています。


田中達也(経営者)

富士通は、自社の環境技術を製品やサービスとして活用するだけではなく、オープンイノベーションを進め、様々な形で活用可能にしていくことが重要であると考えています。世界知的所有権機関が運営する環境技術の移転マッチングの枠組みである「WIPO GREEN」へのパートナーとしての参画もその一環です。200件以上の環境関連知的財産を登録し、積極的な技術移転をグローバルに進めることで、環境技術の普及とイノベーションの促進に寄与していきます。


吉田茂

大志を抱けば、天下何ものか恐るるにたらず。


鎌田薫

今の学生たちは企業に就職しようと思ったら、外国人留学生とも競争しなければなりません。だから、優秀な留学生とも互角に渡り合える能力を身に付けさせる、というのは今の日本の大学の義務。