秋山剛の名言

秋山剛のプロフィール

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

秋山剛の名言 一覧

叱るより褒める方が教育上はるかに効果的だというのは、部下の育成全般についていえることです。


我々日本人はお世辞が得意であるにも関わらず、褒めるのが苦手です。「素晴らしい方ですね」というような誰にでもあてはまるお世辞は言えるのですが、「君のあのときの発想は素晴らしかった」といった、その人らしさをたたえる褒め言葉がなかなか口から出てこないのです。だけど、褒め言葉は意識して口にした方がいい。そうすれば地味な仕事に向かっている部下も、上司は自分の働きを見てくれているんだなということがわかり安心して仕事に向かうことができます。


本人が「辞める」と言い出したのなら、上司は気持ちよく送り出してやるべきです。これまで育ててきた手間を損したと悔しがるのではなく、人間関係に投資したのだと思って欲しい。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、そうやって将来を考えながら手を打っていくことも、上司の力量のひとつなんです。


降りてきた命令を無条件に受け入れ、それを部下にそのまま振り分けていると、部下が面従腹背になり、結果中間管理職にすべてのしわ寄せが来て、パンクしてしまいます。


いまの40代以上は、若いころ、上司に言われたとおりにやり遂げることを評価されてきたはずです。しかし成果主義となったいまでは、言われたとおりにこなすのではなく、上司も部下も自分のできる範囲を主張して、現実的に可能なことを実行していくしかない。


上司が部下の話を聞かなかったり、反論を許さないタイプだと、部下は面従腹背になりがちです。たとえば上司が「この仕事を2週間以内で終わらせるように」という指示を出したとします。でも部下は内心無理だと考えている。そんなときに「2週間では終わりません」と言える状況か。上司に聞く姿勢がなければ反論しても無駄ですから、部下は黙ってうなずき、できないから仕方ないと諦めてしまうのです。


発想の切り替えが上手い人は、たとえ左遷されたとしても、それをチャンスととらえて、思わぬ成果を出したりするものです。


これからの社会ではさらに競争が激化するでしょうが、そこで負けたとしても絶望しなくてすむように、もっと会社以外の世界に目を向けて、多様な価値観を持つべきです。そのほうが、人生が豊かになるだけではなく、最終的には仕事にフィードバックされる部分も多いと思います。


リストラが激しかった時期は、中高年の自殺が多発しました。リストラ=その日食べるものにも困る生活ではないにも関わらず、なぜ自殺を選んでしまったのか。それは、会社で出世するというひとつの価値観にとらわれていたからでしょう。


人間に競争心がある以上、競争の過程で、やきもきするのは仕方ないことです。有能な上司なら、部下の競争心を上手くコントロールしながらチームの成果を上げることもあります。ただし、健全な競争心を、ネガティブな嫉妬心に変えさせないという注意は必要です。


ホームランを打っても大して評価されないのに、一度ミスを犯すとすぐに責められる。そんな減点主義の職場では足の引っ張り合いが起こりやすい。他人がミスをして脱落すれば、自分がレースで勝ち残れるからです。


人の足を引っ張るのは、他人に負けたくないという意識の表れですが、問題は、負けたくないためには足を引っ張るしか方法がないと思ってしまうことです。こうした思い込みは、その人の性格だけでなく、周囲の環境によって助長される場合も多いのです。


秋山剛の経歴・略歴

秋山剛、あきやま・つよし。日本の精神科医。NTT東日本関東病院精神科部長。福島県出身。東京大学医学部卒業後、東京大学医学部付属病院分院神経科に入局。神経科医局長を務めたのち、NTT東日本関東病院精神科に移り、精神神経科部長に就任。そのほか、自殺防止のホットライン東京英語いのちの電話理事長、日本精神神経学会国際関連事務局長、世界精神医学会財務委員などを務めた。うつ病患者への職場復帰プログラム導入に尽力した。

他の記事も読んでみる

上野和典

子供のころから相手をよく観察する癖がありました。「なるほどこういう人か」と心の中で思っておくと、落ち着いて話を進めやすいのです。極端にいえば、心のどこかに「話が続かなくても別にいい」という割り切りもあるので、それがかえって態度の余裕につながって、「話しやすそうな人」に見えるのかもしれません。


藤田恭嗣

一番大切にしているのは、自分が何のために生きているのかという哲学。事業を始めた頃は業績が伸びても充実感がありませんでした。制約条件が多く、本来は自分がやりたいクリエイティブなことを自由に出来ませんでした。そのような経験をしたので、胸を張って生きていくことに価値があると思います。


マイケル・ペン(コンサルタント)

明治さんからは最初「チョコレートの新しいパッケージを考えてほしい」と依頼されました。しかし、我々はそこで「本当にそれが明治さんが望んでいることなのだろうか」と問いかけるところからはじめました。「チョコレートの体験自体を変える方法を考えたら面白くありませんか」と課題を立て直していったのです。


山内隆司

利益額を大きくするには、海外にせよ国内にせよ、地元企業とスーパーゼネコンが役割分担をして、地元企業にはできない困難なプロジェクトを我々がやるべきなのです。


内田恒二

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で一度に教えられるのは2人くらいでしょう。しかし、その2人がまた2人ずつ教えていけば、暗黙知的なものも含め、ネズミ算的に広がっていきます。いい意味での知のネズミ講ができれば、組織全体の力はグンとアップします。


藤原和博

日本は激変していますが、今を悲観視する必要はありません。むしろチャンス。自分の周りのヒト・モノ・カネをリストラし、成熟社会を生き抜く人材に変わるための好機。


井上礼之

ダイキンエ業が空調の売上高でグローバルNO.1になった最大の要因は、実行に次ぐ実行を重ねながら成長してきた人材の力にあると考えています。「社員一人一人の成長の総和が企業発展の基盤」なのです。


長妻昭

人材に上も下もない。多様性を認め多様な生き方も認め、全員野球で、というのが、我々の前提です。


長谷川和廣

本人も上司も場当たり的に営業活動をしている。そんな企業ほど業績悪化が目立ちます。


南雲吉則

ガソリンが満タンなのに、10km走るたびに給油する奴がいるかい? それをやっているのが現代人なんだ。腹も空いてない。胃腸には前日食べた物が残っている。内臓脂肪も満載だ。それなのに「朝だから」って朝食をとる。その数時間後には「皆がメシ食いにいくから」って昼食をとる。燃やすべき脂肪があるまま、追加で脂肪をのせてるようなものさ。使うべき脂肪を使ってから、給油しようぜってこと。


赤羽雄二

書類の納期(締め切り)までに7~8回進捗状況を確認します。口頭での報告ではなく、作成中の書類自体を印刷してチェックすべきです。口頭での進捗確認では、「順調です」なとど部下が答えるとそれ以上の指示が難しく、実際の状況を把握できません。本来であれば、すでに完成していなければならない部分ができていなかったり、完成度の低い部分があったりしたら、何を記入すべきか具体的な内容を示し、部下任せにせず仕上げます。


福嶋康博

ビジョンを小さく持ってしまうと、成果も小さくなります。ナンバーワンを狙って目標を大きく持つことが、事業成功の確率を高める上でも重要となります。


高田明(ジャパネットたかた)

企業が危機を乗り越えるときに一番必要なのは理念だと思います。企業がどういう姿勢で、世の中と向き合っているのか、理念を持たない人や企業は、消費者から見限られると思います。常にまじめに謙虚にお客さんに向き合っている姿勢を企業家はもたないといけない。


近田哲昌

サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


ページの先頭へ