秋山利輝の名言

秋山利輝のプロフィール

秋山利輝、あきやま・としてる。日本の経営者。「秋山木工グループ」代表。奈良県出身。中学卒業後、丁稚として家具職人の道に入る。修行後、オーダーメイド家具の秋山木工を設立。また一般社団法人秋山学校を設立し、家具職人育成にあたった。著書に『一流を育てる』『丁稚のすすめ』。

秋山利輝の名言 一覧

技術を磨くより、人間性を磨くほうがはるかに大事。心が一流になれば、技術も必ず一流になります。


ものづくりは、お客さんの思っている以上のことをしてびっくりさせ、喜ばせてなんぼの商売です。


いい職人の条件は、人さまに喜んでいただくこと。


目の前のことを、常に101パーセントの力を出してやれ。


今やれることを全力でやらないと、次のことも全力でやれなくなります。だから常に本気、常に全力投球でやる習慣をつける。


人を育てるときは、本気で向き合う、とことんしつこくやる。部下に好かれようなんて考えないで、ぶつかり合わなきゃダメです。


人を育てるのに必要なのは、ノウハウなんかじゃない。「どれだけ本気で相手と関われるか」です。


中途半端なところで投げ出したらダメなんですよ。完全に身についたと言えるところまで、やりきっておかないといけません。一つ事をやりきるというのはそういうことです。


早く仕上げることも、お客さんを喜ばせること。


仕事の早い人は頭の中が整理されています。段取りがきちんと考えられていて、次に何をしたらいいか、その次は、その次はと、全体像がはっきり見えているから手際がいいんです。


製品として自分が納得のいくものをつくらなければいけませんが、自分の満足などはあくまで付帯的なこと。最も大事なのは、いかに相手を驚かせ、喜ばせられるかです。


世のため、人のために自分は何ができるか。それが、自分という人間がこの世に生まれてきたことの意味なのだと思います。私はそれを天命と呼んでいます。私の天命は、自分を超える職人を10人育てることだと思っています。


こういう道具が必要だと思ったら準備をしておき、刃を研ぐ必要があったら事前に研いでおく。腕のいい職人はみんなそうですよ。下手な人は、いざ使う段になってかんなを研ぎにいく。作業は中断するし、動きにもロスが出ます。電話も同じ。仕事のできる人はポイントを要領よく説明するから話が早い。できない人ほど長話です。


職人というと、腕は立つけど頑固でちょっと偏屈、という昔のイメージがあるかもしれません。でも、今の時代はそれではやっていけません。お客さんの話をしっかり聞いて、相手がどんなものを求めているかをきちんと理解し、確かな技術で迅速にいいものをお届けする。それが21世紀型職人に求められるものです。


丁稚としての卒業制作では、家族のための家具を一人でつくり上げるのですが、誰のためにどんな家具をつくろうかと考えることも、一つの具体的な目標になると考えています。


自身、丁稚時代に得たものが大きいですから、時代の流れには逆行するようだけれども、徒弟制で人を育てたいと思った。だから、うちは今もって江戸時代みたいな会社なんです(笑)。


私は16歳でこの道に入り、27歳のときに会社を起こしました。1971年のことです。当時は、大量生産された使い捨て感覚のモノが氾濫し始めた時期でしたが、私は「こういう暮らしに慣れると、何でも使い捨てにする感覚が心に染みついてしまうんじゃないか」という気がしました。そういう世の中になってきたからこそ、「百年、二百年使い続けられる家具をつくろう」と考えました。


長い目で見ると、多少ぶきっちょなくらいのほうがいい。なまじ器用だと、へんな自信が邪魔するんです。手先が不器用で、何度言ってもうまくできないようなやつのほうが、謙虚に努力して技能五輪全国大会で入賞したりします。


私はいっさい褒めませんよ。技能五輪で金メダルを獲っても褒めません。私は社員を全員、一流の家具職人にするつもりで育てています。慢心や勘違いを起こさせないよう、一人前になるまで厳しいことしか言いません。甘やかすのは愛が足りないからです。


よく、「どうしたらうまく人を育てられますか」というご質問を受けます。皆さん、自分には人を育てるノウハウがないとおっしゃるんですが、自分はどうやって今の立場になったのかを振り返ってみればいいと思うんです。若いころ、口うるさい上司からぼろくそに言われ、こんちくしょうという思いで発奮し鍛えられた経験があるはずです。同じことを下の人にやってあげればいいんです。


手塩にかけて育て、これから職人として脂がのってくる時期にいい人財を手放すのは、会社としては大きな損失です。ですが、私は秋山木工という会社を大きくしたいわけではなくて、世の中にすぐれた職人をたくさん送り出したい。だから外の世界に出すのです。私が育てた職人たちが才能を開花させてさまざまなところで活躍する。彼らがまた自分を超える職人を10人育ててくれれば、すばらしい職人がさらに増える。思いをつなげていくことで、やがて秋山木工という会社はなくなっても、百年、二百年使える家具とともに、私の魂は職人たちに引き継がれていく。ひいてはそれが、業界全体の力を底上げし、日本をよくしていくことにもなります。


秋山利輝の経歴・略歴

秋山利輝、あきやま・としてる。日本の経営者。「秋山木工グループ」代表。奈良県出身。中学卒業後、丁稚として家具職人の道に入る。修行後、オーダーメイド家具の秋山木工を設立。また一般社団法人秋山学校を設立し、家具職人育成にあたった。著書に『一流を育てる』『丁稚のすすめ』。

他の記事も読んでみる

野口実(ABCマート)

うちと一般の靴屋さんとの違いは、ファッションの部分を切り取って商売をしているということなんです。一般に、靴屋さんってファッション性を感じないじゃないですか。私自身、靴屋は道具的な靴を売っているというイメージがあって、若いころは靴は洋服店で買うものだと思っていました。ファッション性で靴を買うという方は、ズックからスリッパまで置いてある総合靴屋さんの売り場に魅力を感じないのではないでしょうか。


星野佳路

好きなことであれば、やる気を持って取り組めるので、成功体験も積みやすくなる。


野木森雅郁

外箱のパッケージデザインも世界で統一すると決めて欧米各国の事務所などに提示しましたが、多くの国から返答が来ません。理由を聞いて、初めてわかりました。例えば北欧で販売するためには複数の言語での表示が必要でした。日本では想像できない様々なルールがあったのです。各国の担当者からすればとても受け入れられない案だったわけです。それぞれの国の規制や実情を細かく尋ねました。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

経営危機に際して「戦略を変えよう」「製品を変えよう」「ブランドを変えよう」「技術を変えよう」などと思ってはいけません。最初にバスを見るべきです。厳格な能力主義によって最高の人材をバスに乗せ、最適の席に座らせているかどうかチェックするのです。経営が傾いているとすれば、能力主義を貫いていない証拠です。


ゲーテ

内的生活は、外的生活によってのみ刺激されます。生活の髄を干からびさせるような冷ややかな思索によってではありません。


藤本誠之

新興企業向けの株式市場に上場する企業の規模までは、「社長の人間力」が会社の成長力と置き換えられる。


クリス・ギレボー

時間が限られていればいるほど、大切に使いたいという気持ちは強くなる。少ない時間の中で集中して考えれば、いいアイデアが出てくることもある。


藤堂高虎

数年、昼夜奉公しても気のつかない主人であれば、代々仕えた君主であっても暇を取るべし。うつらうつらと暮らすのは意味がない。


林文子

市長と言えども完ぺきな人間ではないのですから、「これはわからない、だから教えてくださいね」と言う気持ちを持つべきです。私はわからないことはわからないと言うし、助けてもらったら本心から部下の方々にありがとうございますとお礼を言います。ところがリーダーシップをとる人は完璧でなくてはならないと思い込み、弱みは見せられないと虚勢を張りがちです。


小山昇

他人の真似をすることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、そんなプライドや嫉妬は捨ててしまいましょう。自分より優れた人の存在はチャンスと捉えるべき。


本田宗一郎

創意工夫、独立独歩、これをつらぬくにはたゆまぬ努力がいるし、同時に、ひとりよがりに陥らぬための、しっかりした哲学が必要となる。行動にはつねに動機があり、目的がある。動機が正義であり、目的が善であって、その行動だけが悪だということは、人間にはありえない。


猪子寿之

アジアはみんな若い。20世紀ではないんです。アジアに20世紀はなかったから、21世紀を全面的に肯定している。日本は20世紀が、つまり情報社会前の社会で成功しすぎたから、それが大好きで離れられない。法律も産業も、ぜんぶです。


大澤孝征

どんなに凶悪な犯罪者でも、その人物なりの理屈があります。最近なら、神奈川県の障害者施設「津久井やまゆり園」を襲って19人を殺害した被疑者の言葉は、世間の誰もがとんでもないと思ったでしょう。彼は「障害者は周囲を不幸にする。だから自分がしたことは日本のためなのだ」と供述しています。もちろん私も、憤りを感じます。しかし、これが彼の理屈であり、論理なのです。だから私がもし検事としてこの被疑者を聴取するなら、「なるほど、これが彼の理屈なのだ」と受け止めます。そして、犯行当時はどんな心理状態だったか、どんな手口で行なったかなどを淡々と聞き出すでしょう。その善悪は、すべて聞き終わった後に総合して判断すればいいのです。


月岡隆

新規事業を始めるためには、大義がなければいけない。出光の考え方として、ひとつは「日本のエネルギーセキュリティーに資する事業」で、海外での資源事業がこれに当たります。もうひとつは「経済と環境の調和ある社会の発展に貢献する事業」で、高機能材料事業に取り組んでいます。


中村隆介

当社は、スタッフも会社の成長の一翼を担っていることにやりがいを感じてくれています。だから、地方への出店時も喜んで行ってくれる。私もある程度ベースを作った後は口出しせず、店長に任せています。方向性さえブレなければ、各店舗に独自性があっていいという考えで、任せれば応えてくれる。人材教育に関しても同様で、教育というより、「仲間作り」が店長の大事な仕事だと考えています。


ページの先頭へ