名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋元義彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋元義彦のプロフィール

秋元義彦、あきもと・よしひこ。日本の経営者。長期保存が利いて柔らかいパンの缶詰、糖尿病の人でも食べられるパンなどで知られている「パン・アキモト」社長。栃木県出身。法政大学経済学部卒業後、東京のパン屋「マルシャン」で2年間住み込み修業をする。その後、実家の秋元ベーカリー(のちのパン・アキモト)に入社。阪神淡路大震災時、被災地に焼きたてパンを届けたことをきっかけに「柔らかいまま長期保存が利くパンの缶詰」開発に着手。その後、賞味期限が残り1年になったパンの缶詰を買い戻し、被災地や途上国へ送る「救缶鳥プロジェクト」を開始し、「非常食を備蓄しながら社会貢献できる」ユニークな仕組みを構築した。

秋元義彦の名言 一覧

会社は私のものではなく、社員のもの。企業はトップの能力以上に伸びないと言いますが、一人だけ飛び抜けていても企業は成り立ちません。


私はパンづくりが大好きです。パンづくりは本当に面白い。


私のモットーは「日々、新たに」です。見えない明日に対して、明るく行くのか、不安で行くのかは、心の持ち方次第ということ。だから、新たな気持ちを持って明日を迎えようと、いつも心がけています。


つつましくまちのパン屋を経営するのであれば私と家内の二人でできるけれど、事業拡大のためには社員の力が必要不可欠です。


社員を積極的に県外のパン屋さんに研修に出しています。当社が目指しているのは、ワクワクドキドキのあるパン屋。たとえば、お客さまが選ぶのを楽しみにするほどバラエティに富んだパンを揃えているとか、無料のコーヒーサービスがあるとか。他社の優れたお店で修業を積むことは、ワクワクドキドキのあるパン屋になるためにも非常に勉強になるのです。


昔の職人さんのように現場でパンづくりを体得することも必要ですが、今日では理論を学ぶことも大切。


パンづくりの修行後、栃木に戻り父と始めたパンの移動販売は、とても好評でした。しかしパン業界はその後、苦戦を強いられます。かつてパン屋の競合はパン屋でしたが、それが変わり始めたのです。まず、パンよりもスナック菓子でお腹を満たす人が増えた。また、若い人の食事が一日三回から二回に減少。さらに、ファストフード店が台頭しました。そして、今のパン屋の最大の競合はコンビニです。店舗の近くにコンビニができると、経営はきわめて厳しくなる。そのため、まちのパン屋さんには、「プラスアルファの発想」が必要です。


パンづくりの修行のため、杉並区にあった「マルシャン」というパン屋さんに丁稚奉公に行きました。最初の半年はとにかくつらかった。入門初日に、「帰りたい」と実家に電話をかけました。すると父は、「せっかく勤めさせてもらったのだから、一週間待て」と言う。それで一週間後に「帰りたい」と電話したら、今度は「1カ月待て」と(笑)。そうこうしているうちに徐々に気持ちが落ち着き、幸いなことに今の家内とも出会い、修業期間の二年を終えることができました。


秋元義彦の経歴・略歴

秋元義彦、あきもと・よしひこ。日本の経営者。長期保存が利いて柔らかいパンの缶詰、糖尿病の人でも食べられるパンなどで知られている「パン・アキモト」社長。栃木県出身。法政大学経済学部卒業後、東京のパン屋「マルシャン」で2年間住み込み修業をする。その後、実家の秋元ベーカリー(のちのパン・アキモト)に入社。阪神淡路大震災時、被災地に焼きたてパンを届けたことをきっかけに「柔らかいまま長期保存が利くパンの缶詰」開発に着手。その後、賞味期限が残り1年になったパンの缶詰を買い戻し、被災地や途上国へ送る「救缶鳥プロジェクト」を開始し、「非常食を備蓄しながら社会貢献できる」ユニークな仕組みを構築した。

他の記事も読んでみる

平野岳史

自信をもって言い切らないと、ハンコはもらえません。だから、「商品に惚れ込め」とよくいわれるのでしよう。それができないときは、会社にどんどん注文をつけるべきです。酒場で「ウチは商品力がなくってさ……」とグチっていても意味がありませんからね。それでも、どうしてもダメなら、転職を考えたほうがいいかもしれません。


室伏広治

はじめてハンマーを投げたとき、父が「お前にはセンスがある。しっかりやる気があるのならば、日本記録は超えられる」と言ってくれました。ですから、記録を超えることに悩むよりも、超えてからが自分の競技生活で本当の勝負になるんだと思ってやってきたんです。


近藤大輔

たしかに、東京のトップレベルに比べたら、地方のセンスや作品のレベルは劣るかもしれません。でも、本気で取り組めば、東京でルーティンにやっているような作品は確実に越えられます。技術やセンスの差は、熱意で十分埋められるものだと思います。


国枝慎吾

「まずは強みを伸ばせ」という考え方がありますが、テニスは相手の弱みを徹底的に狙う競技なので、弱みをなくすことを優先し、そのうえで同じぐらい強みも伸ばします。


土井英司

いまの時代、会社が何で稼いでいるかも知らずに会社と運命を共にするのはバカげています。会社の利益にも自分の利益にもなることを考えるのが年収UPへの近道です。


谷井昭雄

情報の情は「心」という意味です。これは私の勝手な解釈ですが、心を知らせる情報こそが、情報化時代においては重要ではないでしょうか。会社でもそうです。しょっちゅうではなくても、顔を見て、直接言葉で、自分の経験で、自分の思いで相手に伝えなければいけません。


高岡正次

モノ作りは、常に世のため、人のためにと考え行動し、お客様に喜んでもらう姿をイメージすることが大切。


金子太郎

「常識を疑え」との警句が存在するように、健全な常識と陳腐な通念との判別が難しい場合もありますが、マーケットに関しては、専門家による極論の裏側に健全な常識があるというのが正解のようです。


柳井正

世の中は凡人ばかりで、秀才や天才はほとんどいません。私は、「ピープルビジネス」と呼んでいますが、いかに一般の人たち、つまり、凡人がやっても成功するような仕事の仕方にしていくか。それが重要なのではないでしょうか。


重田みゆき

ビジネスマンが信頼と好感を得るためには、好印象を抱かせる力=インプレッションカが不可欠です。どんなに能力がある人でも、ボロボロの靴にヨレヨレのスーツでは、「一緒に仕事がしたい」とは思われないでしょう。


齋藤孝(教育学者)

重要なのは、積極的にリアクションすることだ。相手に提供できるネタがなかったとしても、相手の話に上手に反応すれば場は持つ。それさえできれば世の中は渡っていける。


藤野英人

世界で競争する企業の「稼ぐ力」の源泉は、建物や設備といった有形資産から、ブランドや技術、人材といった無形資産へとシフトしている。企業価値の持続的な向上のためにも、経営者は今まで以上に人的資本への配分を厚くすべきだ。企業が人材への投資を加速する流れを作りたい。