名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

秋元征紘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

秋元征紘のプロフィール

秋元征紘、あきもと・ゆきひろ。日本の経営者、コンサルタント。「ナイキジャパン」社長。上智大学経済学部経済学科卒業、シドニー大学大学院修士課程修了。日本精工勤務、日本ケンタッキー・フライド・チキン取締役・常務、日本ペプシコーラ副社長、ナイキジャパン社長、ゲラン社長・会長、ジャイロ経営塾代表などを務めた。

秋元征紘の名言 一覧

本物に触れることが大切。DCではなく生演奏を聴く、美術館に行く。その感動体験が想像力の源になる。


決断力をつけるには、日常の生活で即決の癖をつけましょう。ランチは即決。ネクタイも瞬時に自分の好きなものを選ぶ訓練をしましょう。


パソコン、モバイルはできるだけ新しいものを使う。常に最新の機種を使うだけで刺激を受ける。いまので十分だとケチると思考回路が錆び付き、創造性が失われていく。


まずはやりたいことを3つくらいに絞る。そしてその分野、進みたい分野の世界的成功者、先駆者を調べる。その人の本や書かれていること、講演会などがあれば参加する。それだけで意識と行動に変化が出るはず。


外資系で稼ぐビジネスパーソンは、サラリーマンの意識はありません。厳しい競争でクビを切られても、会社が倒産しても、彼らはどこかサバサバしています。「さあ次は何をしよう」と。自分たちはいつでも失業者になり得る。そんな覚悟が彼らを強くたくましくしているんです。


秋元征紘の経歴・略歴

秋元征紘、あきもと・ゆきひろ。日本の経営者、コンサルタント。「ナイキジャパン」社長。上智大学経済学部経済学科卒業、シドニー大学大学院修士課程修了。日本精工勤務、日本ケンタッキー・フライド・チキン取締役・常務、日本ペプシコーラ副社長、ナイキジャパン社長、ゲラン社長・会長、ジャイロ経営塾代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

御手洗瑞子

気仙沼ニッティングは、編み手さんたちとともに一段一段ステップアップしてきました。もしも私が東京に住んでいて、上から目線で「被災地は自立しないと」と言っているだけだったら、一緒には登ってくれなかったでしょうね。


鈴木秀則

毎日進化し続けるウェブサービスの世界に身をおいていますから、革新していかない限りユーザーは見放します。


星野佳路

目標は挑戦的な方がやる気が出ますが、かといって、どう転んでも達成不可能な目標では、逆に意欲は湧いてきません。また、目標にどれくらい近づいたかという達成度が把握できないと、モチベーションの維持は難しいでしょう。


原田泳幸

2001年に、苦境に陥った日本マクドナルドは大幅な値下げを実施しました。僕も、CEO就任後、2005年に「100円メニュー」を展開しています。これも実質的な値下げでした。価格を落とせば客数が伸びる。両者とも狙いは同じです。しかし、その値下げに至るシーケンス(順序)がまるで異なります。僕はまずQSC(品質・サービス・清潔さ)を引き上げました。そのうえで100円を打ち出す。まず価値を固めて、そのあとに価格で訴求したわけです。QSCの基礎がなければ顧客は店舗に足を運んでくれません。


中谷和浩

私心があったら物事は成就できません。


辻秀一

どんなにスキルを磨いても、プレッシャーに負けてその実力を発揮できなければ、意味はありません。つまり、ハイパフォーマンスを生み出すためには、「どんな心の状態」で行なうかがより重要。


金澤悦子

実は勉強会も、学習目的から派生して人脈が広がりやすい。数か月の間、同じ空間で勉学に励んでいると、同じ釜の飯を食べたという同志の感覚が湧いて、同級生として長くつきあえる。そうした勉強会の条件は、ある程度まとまった金額を支払い、ゴールの設定が明確で、本気度が高いこと。少ない金額で一度だけ開催されるようなセミナーは、ハードルが低い分、やはりハイエナの群れになりやすい。


北城恪太郎

日本の更なる経済成長では、規制緩和が重要な柱になります。守るということは確かに響はいいですが、非効率を温存するということにもなります。


香山リカ(精神科医)

不本意な思いは、メンタルヘルスに悪い影響を与えます。月100時間の残業をしている人でも、自分で納得して働いている人でも、自分で納得して働いている人はメンタルの不安がほとんどありません。疲れているのは身体だけなので、睡眠時間をきちんと確保するなどの対処をすれば、まず問題ありません。ところが自分の努力が報われていないという思いを抱えている人は、長時間労働で身体とともに心にも疲労がたまっていきます。それがうつにもつながります。


眞鍋淳(真鍋淳)

僕らも随分議論しています。外に出すのはもちろんありですが、全て出してしまうと、外部化した業務を評価できなくなってしまう。委託先が本当に良い仕事をしてくれるのか、何か問題が生じたときに解決まで任せるのか。一つの薬を出すまでには至る所にハードルがあって、リスクは高い。どうやってそれを乗り越えるかも含めて、問われるのは目利き力です。目利きのところまで全てお任せします、お金出します、ではたぶん、薬は出てこないんじゃないかと思います。


鈴木章裕

開発費は3分の1くらいしか回収できませんでしたが、フロントランナーとして取り組んだことは、現在になってアドバンテージとして確実に生きています。

【覚え書き|失敗した事業を振り返って】


大山健太郎

大手家電メーカーは規模を追いかけすぎたと思います。事業部で年間の売上高が200億~300億円の頃は強かった。そういう事業部が10、20とできて、足し算すると3兆円、5兆円と。ここまで規模が大きくなってくると、社長は「A社がやっているのに、なぜ、うちはやらないんだ」なんて言い出す。他社を見ながら無理な成長を求め始めるわけです。組織は大きくなり、小回りが利かなくなってしまった。海外に出れば、原価でコテンパンにやられてしまう。