名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

福田健(話し方)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福田健(話し方)のプロフィール

福田健、ふくだ・たけし。日本のビジネストレーナー(話し方)。「話し方研究所」会長。中央大学法学部卒業後、ヤマト運輸を経て言論科学研究所に入所。指導部長、理事などを経て独立し、話し方研究所を設立。著書に『好感度が30%UPする謝り方』『人は「話し方」で9割変わる』ほか。

福田健(話し方)の名言 一覧

あいまいな表現は仕事上の能力まで疑問をもたれる。それで評価を下げている人が多い。


謝り方が上手か下手かは、相手のことを考えているか否かによる。形だけ、言葉のうえだけの謝罪はすぐに見抜かれ、かえって火に油を注ぐこととなり、謝罪の意味がなくなってしまう。


経営者を目指すような本当に高い目標がある人間は、基本的に謙虚で、どんな上司からもよい点を吸収しようとする。中途半端に仕事かできて、そのことをアピールしたい人間に限ってエラそうに謝り、相手の気持ちを逆なでするのだ。


失敗したらすかさず「先手で詫びる」のは基本中の基本。


自分が駄々をこねるタイプだと自覚したら、周囲の人に叱られたときの態度を改めたい。まず素直に謝るように努める。相手の指摘に耳を傾けて反論しない。これは子どもじみた自分が成長するチャンスだと考えるといいだろう。5年、10年と経過するうちに「あいつは変わった」と周囲の見る目が違ってくるはずだ。


甘やかされて育った人でも、社会人になれば上司や先輩に叱られ、そのうち自分本位の考えや個人感情が徐々に修正されていくものだ。ところが、自分の落ち度を認めないタイプは、周囲の人がいくら忠告しても素直に受け入れることができない。だんだんと親身になってくれる人も減り、30代、40代になれば、もう見放されてしまう。


「黙って頭を下げれば誠意は通じる」「言い訳は潔くない」と考えるのは大間違い。謝罪の気持ちは、言葉を尽くし、態度に示してようやく通じるもの。何か言えば「弁解と受け取られて、さらに怒りを買うかも……」と警戒する必要はない。ミスの原因は何か、どのように対処するのか、再発防止策はあるのか。謝罪と同時に説明すべきことはいくつもある。その説明が不十分では、相手にとって「納得できる謝罪」とは言いがたい。


不満を爆発させた相手は、自分が怒っている理由を知ってもらいたいのだ。まずはちゃんと耳を傾けて聴く場面で、深く考えないまま「とりあえず謝る」という対応はフラストレーションを高める。火に油だ。


いくらタイミングがよくても、下手に出すぎると不快感を与えてしまう。「なんだかわからないけど、怒ってるからとりあえず謝っておこう」という甘い考えはすぐ見破られる。そんな態度が習慣化し、「すみません」「ごめんなさい」が口癖になっている人がいる。「そんなに何度も『すいません』と言うなよ」と注意されても、また「すいません」と返す。小さなミスはそれで許されても、相手が本気で怒っている場合は逆効果になりかねない。


失敗の原因をきちんと説明することは重要だが、それが弁解になると逆効果。教育委員会の記者会見なら、子どもや親に損害を与えた原因を説明すべきで、自分たちに落ち度がないと必死に弁解するなどもってのほかだ。


心から謝罪する気がない人は、「なんで俺が謝るんだ」「本当は仕事がデキる人間なんだぞ」と反発心が先走ってしまう。要は、謝るのが悔しいのだ。その言い方や態度が相手を不快にさせていることにはまるで気がつかない。


謝っているのに、妙にエラそう強態度をとる人がいる。例えば、不祥事を起こした企業や教育委員会の記者会見を思い出してほしい。責任者は「誠に申し訳ありません」と深々と頭を頂げるが、次の瞬間にはデカい態度に戻る。「頭が高い」人たちだ。このタイプは、頭を下げると敗北感を味わうのか、変なプライドが邪魔をして、謝罪に大切な「素直さ」が見られない。本物のプライドがあれば、相手に迷惑をかけた事実を素直に受け入れてきちんと謝罪できるはずなのだが。


もともと短気な人やわがままな人は感情のコントロールができず失言しやすい。おしゃべり好き、目立ちたがり屋は不用意な発言が多いし、リップ・サービスのつもりが相手によっては重大な失言になる場合もある。謝罪がうまく聞き入れられ、許してもらった瞬間に大きな落とし穴が待っていると肝に銘じたい。そこをクリアするまでは、逆なでしない謝り方ができたとはいえない。


クレームにきちんと謝罪し、お客さまから「わかりました」と許してもらえた瞬間は心からうれしいもの。ホッと胸をなで下ろしたくなるが、そこで油断は禁物。気が緩んだときのひと言で、それまでの苦労が水の泡ということもある。相手が謝罪を聞き入れて話がついたと見えても、怒りの火種が完全に消えたとは限らない。そんな気持ちの温度差を忘れると、つまらない失言で相手の怒りを再燃させてしまうのだ。


謝り方の技術を知り「正々堂々と謝る」心構えと自信を身につけておくことは社会人として重要なスキル。起きてしまった失敗や間違いはくつがえすことはできませんが、きちんとした謝罪をすることで、信頼関係のリカバリーの道は残されている。


社外の取引先や顧客への謝罪は、ミスが発覚したら、電話でもメールでもすぐに連絡する。そして、「このぐらいで十分か」と思う謝罪より、もう一歩上を目指す。「何もそこまで謝らなくても」と相手が恐縮するぐらいの丁寧な謝罪がポイント。


素直に自分から謝罪できる人は、謝ることで自分の価値が下がったり、傷つくことはないとわかっているから率先して気持ちよく謝ることができる。そして、それがまた評価につながっていくという好循環が生まれる。


謝罪しなくてはならない状況になったとき、これ以上のマイナスを食い止め、場合によってはプラスに転ずるチャンスをつかむことは可能。謝り方次第では、互いの人間関係が強化され、かえって信頼関係を深められる可能性が見えてくることもある。


福田健(話し方)の経歴・略歴

福田健、ふくだ・たけし。日本のビジネストレーナー(話し方)。「話し方研究所」会長。中央大学法学部卒業後、ヤマト運輸を経て言論科学研究所に入所。指導部長、理事などを経て独立し、話し方研究所を設立。著書に『好感度が30%UPする謝り方』『人は「話し方」で9割変わる』ほか。

他の記事も読んでみる

川合林太郎

幸か不幸か、攻撃する側がウィルスの完成度を確かめるために、力スペルスキーのソフトで検知されるかどうかを試すともいわれています。つまり、守る側も正しい選択をしている企業とそうでない企業では、危険性が圧倒的に異なるわけです。


里田まい

おバカと言われることは気にしてないです。ただただ一生懸命クイズをやってきた結果がこうだったので、素直に受け止めてます。


長尾裕

少しでも便利な機会となる新たな価値を生み出していきたい。当社の宅配ロッカーを含め複数の会社のロッカーが点在するのは、お客様の利便性や効率の面から言っても問題であると考え、PUDOは「オープン化」の思想で、複数の会社に相乗りしていただいており、現在は佐川急便、DHL、中国の順豊エクスプレスにも利用していただいています。ロッカーのオープン化だけでなく、営業拠点も全国に4千ありますので、この施設のオープン化も考えています。


楠木新

取材をしたなかで多くの人事担当者があげていたのは、「一緒に気持ちよく仕事ができる人」「組織のパフォーマンスが上がる環境づくりができる人」です。たとえば、誰とでも円滑な意思疎通ができる。あるいは、皆がスムーズに仕事を進められるよう、縁の下の力持ちになれる人です。


古屋大貴

とにかく「やってみる」ことですね。大きな企業にいたら、なかなかやれない。でも結局のところ、やらなきゃわからないじゃないですか。


小倉広

自分に何の利益もないことを継続できる人は、自己中でなく他人のことを優先して考えられる人になれます。また、得のないことでも続けられれば、これもひとつの成功体験なので、自分に自信がついていくのです。


藤野英人

人は皆、投資家です。ここで投じる対象は、お金だけではありません。投資とは「今、この瞬間にエネルギーを投入し、未来からお返しを頂くこと」。エネルギーは、情熱、行動、時間、回数、知恵、体力、お金、運という8つの要素を掛け合わせたものです。掛け合わせの要素が多いほど、得られるものは大きい。


塚越寛

結果として利益が拡大することはあります。でも、過大な目標を掲げて成長を追い求めることはいましめています。例えば、家庭向けの粉末寒天の「かんてんぱぱ」ブランド商品は、長野県と山梨県の一部でしか店頭販売していないのですが、昭和56年に販売を始めた「カップゼリー80℃(エイティー)」が人気を呼び、大手スーパーから全国の店頭に並べたいという申し入れがあったんです。私は、そのお誘いを断わることにしました。全国供給に応えられる態勢にないのに、ブームにのって規模を拡大させては、商品の寿命が尽きたときに業績が落ち込むと考えたからです。


岩澤巌

法律の規定でパワーの強いエアガンは日本では売れません。海外ではパワー不足とされてしまいますが、いつかは米国で勝負してみたいですね。当社の技術と感性が、銃の本場の米国でどこまで通用するのかを試してみたい。必ず大暴れしてやりますよ。


池谷裕二

ストレスというと、条件反射的に「悪いもの」「排除すべきもの」と思ってしまう人がほとんどです。しかし、ストレスがまったくない状態では、人は学習できないし、成長もあり得ません。過剰なストレスは好ましくありませんが、日常的に生じるストレスならば、それと向き合うことが生きるエネルギー源になるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

この歳になってサッカーという、新たなスポーツ・ビジネスと出会うとは。幸せというか、いい勉強させてもらってますよ。これまでの仕事とは違う、いろんな刺激と課題を与えられて。


磯崎功典

働いていくうえで困難なことはいくらでもあります。地位が上がるほど一人で悩んで決断せざるを得ないことも多くなります。そのときに、修羅場をくぐってきた人は胆力が違う。困難に直面した経験がものをいいます。