福田健(話し方)の名言

福田健(話し方)のプロフィール

福田健、ふくだ・たけし。日本のビジネストレーナー(話し方)。「話し方研究所」会長。中央大学法学部卒業後、ヤマト運輸を経て言論科学研究所に入所。指導部長、理事などを経て独立し、話し方研究所を設立。著書に『好感度が30%UPする謝り方』『人は「話し方」で9割変わる』ほか。

福田健(話し方)の名言 一覧

あいまいな表現は仕事上の能力まで疑問をもたれる。それで評価を下げている人が多い。


謝り方が上手か下手かは、相手のことを考えているか否かによる。形だけ、言葉のうえだけの謝罪はすぐに見抜かれ、かえって火に油を注ぐこととなり、謝罪の意味がなくなってしまう。


経営者を目指すような本当に高い目標がある人間は、基本的に謙虚で、どんな上司からもよい点を吸収しようとする。中途半端に仕事かできて、そのことをアピールしたい人間に限ってエラそうに謝り、相手の気持ちを逆なでするのだ。


失敗したらすかさず「先手で詫びる」のは基本中の基本。


自分が駄々をこねるタイプだと自覚したら、周囲の人に叱られたときの態度を改めたい。まず素直に謝るように努める。相手の指摘に耳を傾けて反論しない。これは子どもじみた自分が成長するチャンスだと考えるといいだろう。5年、10年と経過するうちに「あいつは変わった」と周囲の見る目が違ってくるはずだ。


甘やかされて育った人でも、社会人になれば上司や先輩に叱られ、そのうち自分本位の考えや個人感情が徐々に修正されていくものだ。ところが、自分の落ち度を認めないタイプは、周囲の人がいくら忠告しても素直に受け入れることができない。だんだんと親身になってくれる人も減り、30代、40代になれば、もう見放されてしまう。


「黙って頭を下げれば誠意は通じる」「言い訳は潔くない」と考えるのは大間違い。謝罪の気持ちは、言葉を尽くし、態度に示してようやく通じるもの。何か言えば「弁解と受け取られて、さらに怒りを買うかも……」と警戒する必要はない。ミスの原因は何か、どのように対処するのか、再発防止策はあるのか。謝罪と同時に説明すべきことはいくつもある。その説明が不十分では、相手にとって「納得できる謝罪」とは言いがたい。


不満を爆発させた相手は、自分が怒っている理由を知ってもらいたいのだ。まずはちゃんと耳を傾けて聴く場面で、深く考えないまま「とりあえず謝る」という対応はフラストレーションを高める。火に油だ。


いくらタイミングがよくても、下手に出すぎると不快感を与えてしまう。「なんだかわからないけど、怒ってるからとりあえず謝っておこう」という甘い考えはすぐ見破られる。そんな態度が習慣化し、「すみません」「ごめんなさい」が口癖になっている人がいる。「そんなに何度も『すいません』と言うなよ」と注意されても、また「すいません」と返す。小さなミスはそれで許されても、相手が本気で怒っている場合は逆効果になりかねない。


失敗の原因をきちんと説明することは重要だが、それが弁解になると逆効果。教育委員会の記者会見なら、子どもや親に損害を与えた原因を説明すべきで、自分たちに落ち度がないと必死に弁解するなどもってのほかだ。


心から謝罪する気がない人は、「なんで俺が謝るんだ」「本当は仕事がデキる人間なんだぞ」と反発心が先走ってしまう。要は、謝るのが悔しいのだ。その言い方や態度が相手を不快にさせていることにはまるで気がつかない。


謝っているのに、妙にエラそう強態度をとる人がいる。例えば、不祥事を起こした企業や教育委員会の記者会見を思い出してほしい。責任者は「誠に申し訳ありません」と深々と頭を頂げるが、次の瞬間にはデカい態度に戻る。「頭が高い」人たちだ。このタイプは、頭を下げると敗北感を味わうのか、変なプライドが邪魔をして、謝罪に大切な「素直さ」が見られない。本物のプライドがあれば、相手に迷惑をかけた事実を素直に受け入れてきちんと謝罪できるはずなのだが。


もともと短気な人やわがままな人は感情のコントロールができず失言しやすい。おしゃべり好き、目立ちたがり屋は不用意な発言が多いし、リップ・サービスのつもりが相手によっては重大な失言になる場合もある。謝罪がうまく聞き入れられ、許してもらった瞬間に大きな落とし穴が待っていると肝に銘じたい。そこをクリアするまでは、逆なでしない謝り方ができたとはいえない。


クレームにきちんと謝罪し、お客さまから「わかりました」と許してもらえた瞬間は心からうれしいもの。ホッと胸をなで下ろしたくなるが、そこで油断は禁物。気が緩んだときのひと言で、それまでの苦労が水の泡ということもある。相手が謝罪を聞き入れて話がついたと見えても、怒りの火種が完全に消えたとは限らない。そんな気持ちの温度差を忘れると、つまらない失言で相手の怒りを再燃させてしまうのだ。


謝り方の技術を知り「正々堂々と謝る」心構えと自信を身につけておくことは社会人として重要なスキル。起きてしまった失敗や間違いはくつがえすことはできませんが、きちんとした謝罪をすることで、信頼関係のリカバリーの道は残されている。


社外の取引先や顧客への謝罪は、ミスが発覚したら、電話でもメールでもすぐに連絡する。そして、「このぐらいで十分か」と思う謝罪より、もう一歩上を目指す。「何もそこまで謝らなくても」と相手が恐縮するぐらいの丁寧な謝罪がポイント。


素直に自分から謝罪できる人は、謝ることで自分の価値が下がったり、傷つくことはないとわかっているから率先して気持ちよく謝ることができる。そして、それがまた評価につながっていくという好循環が生まれる。


謝罪しなくてはならない状況になったとき、これ以上のマイナスを食い止め、場合によってはプラスに転ずるチャンスをつかむことは可能。謝り方次第では、互いの人間関係が強化され、かえって信頼関係を深められる可能性が見えてくることもある。


福田健(話し方)の経歴・略歴

福田健、ふくだ・たけし。日本のビジネストレーナー(話し方)。「話し方研究所」会長。中央大学法学部卒業後、ヤマト運輸を経て言論科学研究所に入所。指導部長、理事などを経て独立し、話し方研究所を設立。著書に『好感度が30%UPする謝り方』『人は「話し方」で9割変わる』ほか。

他の記事も読んでみる

大隅良典

企業も大学と全く同じ問題を抱えていると思います。グローバル化の流れの中で、日本企業は効率化で逃げ切ろうとしてきた。企業によっては、新しいことに意欲的に取り組む人を潰そうとする風土があるとも聞きました。間違いは許されないとする風潮が高まるあまり、チャレンジする精神が失われつつあるのかもしれません。それでここまで来たからよかったのかもしれないですが、やっぱり閉塞感は生じている。


岩波貴士

現代は悩み多き時代です。そこに目をつけて、人に言えない悩みを抱えた人を対象にした、悩み解消ビジネスは結構ニーズがあるんです。合コンで成功する方法、カラオケがうまくなる方法、人前でのスピーチの仕方など自信のある分野を苦手な人に教えるだけで、ビジネスが成り立ちます。


安藤忠雄

海外の施主から直接依頼を受けることもたくさんあります。「あいつにしかできない」。そう相手に思わせることができているのがポイントなんでしょうね。アルマーニのスーツを購入する人だって、「このシルエットはやはりアルマーニならでは」と思うから買い求めるわけでしょう。


松本晃(経営者)

PB(プライベート)を請け負う際にもリスクはあります。小売りが競合メーカーに同じような製品を作らせて、そちらに切り替えられるということも起こり得ます。こうしたリスクを防ぐとすれば、PBにしてもNB(自社ブランド)にしても陳列棚に並ぶのはすべてカルビー製品にしてしまうことでしょう。


松岡修造

体力が落ちたり、疲れやすくなったりする人は、年齢的な要因もあるかもしれませんが、若い頃に比べて運動する機会が減っていることが大きな理由だと思います。その証拠に、トライアスロンを趣味にしている年配の方は、僕よりもよほど体力がありますからね。


酒井貞彦

独立前に私が勤めていたのはある電機メーカーです。輸出業務に携わり、納入先のバイヤーともいろいろと付き合いがありました。そうした外国人バイヤーと話しているときに愕然としたのが、休日の過ごし方の違いです。彼らは実に多彩な趣味を持ち、生活を楽しんでいる。日本人の所得水準も急速に上がっていたので、いずれ欧米のようなライフスタイルへ移行していくことは自明の理でした。「レジャー関連産業は有望だ」と会社を設立することにしました。


大前研一

問題はあらかじめ模範回答があると信じて、それを見つけると問題は解決したと安心してしまう。しかし、こういう頭の使い方はまったく役に立たない。なぜなら、21世紀の問題の答えはひとつではないからだ。


猪瀬直樹

ハナから買う気のないお客さんに対して、セールストークを連発して相手の心を動かそうとしている営業マンがいますが、あれは典型的なダメな例。デキる営業マンは、その間に見込みのあるお客さんにアプローチして、より多くの契約を取っています。


橋本孝之

環境変化がある中で、世界が抱える課題や挑戦に対してまず自らがITを活用して変革して実践していく。そうしたサービスをグローバルにお客様に使っていただくことが、IBMのDNAと言いますか、生き様だということです。


新谷功

変化の厳しい時代の海図は、今日と明日では違う。いたずらに規模を追求しても変化に対応できません。小粒でも本業に特化した特徴ある企業が生き残る時代だと私は信じています。


中川政七・13代目(中川淳)

決算書から本質を読み取ることが大切。例えば、販管費が減少して徐々に営業利益が上がっているとしましょう。一見、状況が良いと判断しがちですが、販管費が下がっているのは効率化が進んだからでしょうか。それとも給与水準が下がっただけでしょうか。それによって、会社の状況は全く異なる見方になります。


立石豊

やりがいを持って働いてくれないと、人は半分の力しか出せない。そして、そのやりがいをもたらすのは何よりも「認めてもらうこと」だと気づいた。


アルバート・アインシュタイン

野望やただの義務感からは本当に価値のあるものは生まれません。それは、人や対象となるものへの愛と献身から芽生えます。


鵜飼裕司

コダックを経て米eEye Digital Securityに転職しました。当時から非常に有名だった名うてのエンジニアをたくさんヘッドハントしていて、それほど大きな会社ではなかったのですが、業界では非常に有名でした。そういった環境に飛び込むのは結構怖かったのですが、様々な技術を学ぶことができました。


山下勝(経営学者)

報連相はひたすら行うのではなく、上司が考えていることを予測しながら行うことが重要です。


ページの先頭へ