福澤徹三の名言

福澤徹三のプロフィール

福澤徹三、ふくざわ・てつぞう。日本の小説家。福岡県出身。様々な仕事に携わったのち、『幻日』(文庫化の際に『再生ボタン』に改題)で作家デビュー。『すじぼり』で大藪春彦賞を受賞。『東京難民』が映画化された。

福澤徹三の名言 一覧

人間関係は手間暇がかかるものです。手間暇を惜しんではいけない。


重要なことは、まず自分が相手を信じることです。信じてもいない相手から信頼を求めるのは虫がよすぎる。


私はいつも「いざとなったら辞めたってかまわん」という立ち付置でやってきましたが、それでも結構なんとかなるものです。辞めてもいいと思っていれば、大胆な行動にも出られる。


職場の同僚はしょせん赤の他人です。家族や友人などと違って関係は薄い。転職を繰り返した者の経験からいえば、いくら職場で親しくしていた人も退職すると音信不通になるもの。人間関係で必要以上に悩むことはないのです。


職場内のいじめに遭ったことも何度かあります。営利を目的とした組織に雇われた以上、仕事に集中するのが第一です。いじめのような余計なことに煩わされたくないですから、すぐにケリをつけることを考えました。私の場合は、いじめを主導している人物に近づきました。すり寄るというのではなく、明るく近づくのです。酒にも誘う。それでも事態が変わらなかったら、単刀直入に「なんで、そういうことをするの。オレ、あんのこと嫌いやないで。あんたと仲良うしたいから、はっきりさせとかんと」と腹を割って話す方向に持っていきます。陰で人の足を引っ張ったり、いじめをするようなタイプは本質的に気が弱い。だから、こういう行動に出られると、立場は逆転するものです。こっちが優位に立てる。勇気を出してケリをつけるべきだと思いますね。


人を信じるのは博打と同じです。裏切られることだってあるでしょう。でも、裏切られたと相手を恨むのはお門違い。すべては自分の人を見る目のなさにあるのですから。それでも自分が信じるところから始めないと信頼は築けない。


福澤徹三の経歴・略歴

福澤徹三、ふくざわ・てつぞう。日本の小説家。福岡県出身。様々な仕事に携わったのち、『幻日』(文庫化の際に『再生ボタン』に改題)で作家デビュー。『すじぼり』で大藪春彦賞を受賞。『東京難民』が映画化された。

他の記事も読んでみる

ブライアン・マーティーニ

経営戦略や運営方法は他社も真似できますが、企業文化を真似するのは非常に難しく、競争に勝ち残れる究極の強みになる。


中山秀征

オーディションを受けても落ち続け、「ダメなのかな……」という弱気も顔を出し始めた頃、事務所にお笑いセクションが作られることになったんです。「これからのテレビはバラエティの時代になるんだぞ」「そこで売れれば、おまえがやりたい歌も、芝居もできるから」と言われて。こちらも若いですから、希望を持ちますよね。でも、自分でネタを作ったこともなければ、コンビでトークをしたこともない。それでも藁にもすがる思いでしたね。やらなければ、群馬の実家に帰るだけですから。事務所の提案でABブラザーズというコンビを組んだのは、生き残りのための苦肉の策。誰かに求められてのスタートではありませんでした。それでも翌年、小堺一機さんの「いただきます!」という番組のレギュラーが決まり、そこから1年で一気に人気者に。オーディションに落ち続けていたのが、嘘のような展開でした。


坂之上洋子

私はゴールまでの半分は段取りに充てるくらいのつもりで、しっかり準備するようにしています。プロジェクトにピッタリの人たちが、気持ちの良い状態で集まっていれば、仕事は自然に勢いがついて前に進みます。


本城武則

テストのリスニング環境は特殊です。どのようなテーマが話されるかがわからない状況など、日常ではまずありません。そのため私のレッスンでは、リスニングの前に予想をする訓練をしています。たとえば「日本の印象」というテーマでネイティブが会話するなら、どんな内容が話されるかを思い浮かべてみます。その予想をもとに耳を傾けると、的中することもあります。一方、ビジネスシーンであればもっと簡単です。問題点が予め明らかになっています。専門用語を抑えておけば聴き取れるでしょう。


藤井隆太

オーケストラは総勢100名にもなりますが、実はその根幹となる組織があります。バイオリン2本とビオラ、チェロによるカルテット。いわゆる弦楽四重奏です。世界的な指揮者・小澤征爾さんなどはよく、オーケストラの原点ということで演奏会の冒頭にこの4名だけで演奏させます。彼らは徹底的に鍛えられていますから、4人だけでも素晴らしい演奏になる。聴衆も大いに喜ぶ。すると、ほかのオーケストラメンバーたちは焦ります。「4人だけでこんないい演奏ができるなら、俺たちは必要ないのか?」と。それでいいはずがないと、ほかのメンバーも努力する。こうして全体の意識が高まり、より優れた音楽を奏でることができる。これはビジネスにも応用できます。


佐川隼人

起業するのは簡単ですが、起業という手段を用いて目的をどう達成していくか、会社を存続させていくかということは、数百倍、数万倍難しい。起業してからの10年間は試行錯誤でやってきました。


榊原健太郎

イスラエル現地で驚いたことは、物事に対するレスポンスの速さです。誰かに会いたいと頼めば、その場で携帯を取り出し電話してくれます。日本みたいに長々と返事を引き伸ばしたりしません。「48時間以内に返事がなかったら死んでいると恩ってくれ」とイスラエル人は、冗談交じりに言いますが、一日という単位を大切に思っているが故の言葉でしょう。


日覺昭廣

現場を理解している経営者がいなかったら、東レは繊維をやめていたかもしれない。そうなっていたら、今の成長は手に入らなかった。何も特徴がない、つまらない会社に成り下がっていただろうと思います。


松重豊

その瞬間を真剣に取り組むしかない。


徳重徹

大学を卒業し住友海上に就職しました。配属されたのはプロ意識が持てる厳しい部署で、毎日が充実していました。大企業に入ったからには、社長を目指すという道もあります。しかし3年、4年と過ごすうちに、高い給与や安定を求めてここを選んだ人たちと同じ人生を歩むことに強い違和感を覚えるように……。それから1年半、真剣に悩みました。自分は、本当は何を目指したいのか? その時、明確になったのは、あれほど父に反対された、「起業する」という思いでした。


田中仁(経営者)

あえて大変な道を選ぶ、苦しいことに正面から向かっていくというのは、言い方を変えれば「より本質的な解決策を取る」ということです。ポイントは、直近の1、2年でうまくいく解決策ではなく、「長期的な成長を考えたときにどうすればいいか?」を考えること。すると、たいていはより困難な道を選ぶことになるものです。


ゲーテ

決して人に欺かれるのではない。自分で己を欺くのである。


磯崎哲也

計画を入念に立ててから始めるのではなく、走りながら考えることが大事。実行しては修正し、顧客や競合の出方に応じて臨機応変に対応する。


安田佳生

実は売り上げが伸びている時には同じことを成功の要因として語っていたんです。「どんな経営をしているのですか?」と聞かれて、「ブランド力を高めるためにオフィスに投資しています」とか、「良い人材を集めるために社員の待遇を良くしています」とか。会社が急成長している時にはそれらが成功の要因としてとらえられ、会社が潰れると失敗の要因としてとらえられる。成功と失敗の要因は裏表一体で、明確に分けられるものではないと思います。


山本高史

コミュニケーションだと言うと、コミュニケーションを生業としている人のためのものと思われがちだが、どんな職業人もコミュニケーションしながら仕事をしている。


ページの先頭へ