名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

福沢桃介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福沢桃介のプロフィール

福沢桃介、ふくざわ・ももすけ、福沢諭吉の養子、株式投資家、日清戦争中に株で財を成し電力会社(現関西電力・中部電力)を設立し日本の電力王と呼ばれる

福沢桃介の名言 一覧

人間は「イエス」「ノー」をハッキリ言うのが難しい。とりわけ「ノー」に至っては、大概の人は躊躇する。


順波には乗り、逆波は逃げよ。成功は機を見るに敏なるにある。【覚書き|株式投資によって財をなした桃介氏はすぐに株式投資家から実業に転進する。その後株式市場は徐々に下がり続ける。氏はベストのタイミングで富を引き上げることとなった】


アメリカは、黄金の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている。そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私は、実は貴国から感謝されていいはずです。【覚書き|上記の言葉は融資を引き出すために渡米した際、タフト元大統領とアメリカ政財界の面々の前で語った言葉】


福沢桃介の経歴・略歴

福沢桃介、ふくざわ・ももすけ、福沢諭吉の養子、株式投資家、日清戦争中に株で財を成し電力会社(現関西電力・中部電力)を設立し日本の電力王と呼ばれる

他の記事も読んでみる

岩田彰一郎

私はITによる大革命というか、デジタル革命が起こってくるだろうと想定していました。個人向けのeコマース「LOHACO(ロハコ)」を始めました。eコマースの世界ではB(企業)もC(個人)も関係なくなってしまう。当時のBtoBの市場は約15兆円、個人向けの市場は約135兆円と言われていましたから、やはりCの市場で大きくなる必要がありました。アマゾンは日本でも急成長を続けていましたし、アメリカではBtoBにも乗り出していましたから、日本でのBtoBへの参入も遠くないと考えていました。アスクルも次の手を打たなければ勝ち残っていけないと思いました。


坪田信貴

「自分に合った方法」は年齢とともに変わる。とりわけ大きく変わるのは記憶力です。10代がピークで、その後は下降していきます。受験生の頃と同じ要領で暗記しても、昔のような吸収力は望めない。一方、40代ともなると、人生経験が豊かになるぶん、10代の頃にピンとこなかったことも、すぐに理解できることが増えてきます。だからこそ丸暗記ではなく、衰えた記憶力を理解力でカバーする勉強法にシフトしていくべき。


新井直之(執事)

たくさんのお金持ちにお仕えしてきましたが、基本的にみすぼらしい格好をされている方はいらっしゃいません。ファッションに無頓着な方でも、必要とあらばファッションコーディネーターを付けるなど、財力を資源に身だしなみを整えられています。これは立場上、「自分がどう思うか」よりも「人からどう見られるか」を重要視されているからです。


金児昭

家計で収入・費用・剰余のうちでどれが一番大事でしょうか。節約、節約と念仏を唱えても、節約する前に入るものが入ってこなけっれば、節約のしようがありません。だから収入が一番大切です。


大貫美鈴

いままで夢物語のように思われていた宇宙の世界を、もっと日常に近づけて、宇宙文化を創造していけたら本望です。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


山下俊彦

仕事を任せると、皆やりますよ。そして、それができれば、当人にとっても感激が湧きますし、自信と実力が付いてきますから。


清田瞭

今、日常でも誰かに何かしてもらった時には「ありがとう」というのが癖になっています。相手が誰でも何かお世話になったら、そのことへの感謝の気持ちがあるのです。


高橋がなり

総合的な能力と精神力は、そうたやすく成長しない。でも、耐えていれば個人差はあっても必ず成長するんだ。同じ苦労が楽になるんだ。ただ耐えていても駄目だよ。悔しいと思いながら最大限努力を続けていなければいけない。


星野佳路

「本来の自分の仕事」に100%の力を注ぎ、確実に成果を出すためには、「やらないこと」を決めることが重要。私自身、「これはやらなくていい」「これは自分がやる必要がない」と思えることは、やめるようにしています。


伊藤邦雄

私がよく言うのは日本のマーケットは「非大・非小市場」であるということです。つまり、日本の市場が大きくもなく、小さくもないということです。これが日本企業にある種の呪縛をもたらしているのです。市場が巨大でもなく、それほど矮小でもない。だから、この国で結構やれてしまうわけです。「非大・非小市場」という日本独特の、この市場の特性が日本のグローバル化を遅らせた要因の一つだと思います。


天坊昭彦

出光にとっては、企業価値が高いか低いかよりも、社会のため、地域のため、国のためになっているかが問題。もし、貢献できていなかったとしたら、それは経営を間違えたということ。