福沢桃介の名言

福沢桃介のプロフィール

福沢桃介、ふくざわ・ももすけ、福沢諭吉の養子、株式投資家、日清戦争中に株で財を成し電力会社(現関西電力・中部電力)を設立し日本の電力王と呼ばれる

福沢桃介の名言 一覧

人間は「イエス」「ノー」をハッキリ言うのが難しい。とりわけ「ノー」に至っては、大概の人は躊躇する。


順波には乗り、逆波は逃げよ。成功は機を見るに敏なるにある。【覚書き|株式投資によって財をなした桃介氏はすぐに株式投資家から実業に転進する。その後株式市場は徐々に下がり続ける。氏はベストのタイミングで富を引き上げることとなった】


アメリカは、黄金の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている。そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私は、実は貴国から感謝されていいはずです。【覚書き|上記の言葉は融資を引き出すために渡米した際、タフト元大統領とアメリカ政財界の面々の前で語った言葉】


福沢桃介の経歴・略歴

福沢桃介、ふくざわ・ももすけ、福沢諭吉の養子、株式投資家、日清戦争中に株で財を成し電力会社(現関西電力・中部電力)を設立し日本の電力王と呼ばれる

他の記事も読んでみる

小松易

稼ぐ人はすべての整理整頓ツールにおいて、そこそこ収入の人より利用率が上回っていることを示しており、片づけに積極的であることがわかる。


荻原博子

初心者の貯蓄の基本は給与天引きです。「余ったら貯めよう」なんて悠長に構えていては、絶対に貯まりません。まず貯めて、その残りで生活をやりくりする先取り貯蓄がコツです。


入江慎也

相手の役に立てる武器がたくさんあるほど、人に好かれ、人脈が勝手に広がっていく。


井上暉堂

生まれるのは偶然ですが、死ぬのは必然。無様な死を迎えるか、尊厳のある死を迎えるかは、普段からの死への覚悟で決まります。


北浦年一

大阪府建団連・近畿建専連の「一年一歩の会」では、日頃の悩みをお聞きし、解決のお役に立ちたいと思います。どのような立場の方でも結構です。意見をお聞かせください。


見舘好隆

マクドナルドの場合、新人全員にクルートレーナーが付き、仕事で分からないことがあれば手取り足取り教える。そのトレーナーになるためのプログラムまで用意するという念の入れようだ。新人を頭ごなしに叱ろうものなら、意気消沈し辞めてしまうだろう。それを防ぐため、クルートレーナーには新人クルーの一挙手一投足に目を配り、何かが上達したり仕事上の気遣いを発揮したりしたら、すぐ褒めることが推奨されている。同社ではこれを即時フィードバックと呼んでいる。


上野陽子

聞き手は、プレゼンの内容が自分にもたらすメリットを考え、納得のいく答えを探します。話し手がシンプルで分かりやすい表現を使うほど、メッセージは正確に伝わるのです。


北川登士彦

本当に欲しい情報を得たいと思ったら、本を読むよりも直接会って話を聞いたほうがいい。手間がかかっても、必ずそれ以上のものを得ることができる。


中野信子

実は脳科学的に見て、本は仕事にとても有意義な存在です。理由はいくつかあります。その第一が、気軽に「体験」できること。たとえばコーヒーを飲む描写を読んだとき、読み手はあたかも自分がコーヒーを飲んでいる気になります。これは脳で「ミラーニューロン」という神経細胞が働き、それを体験したときと同じ回路が脳に作られるから。つまり、わざわざ休暇を取って何万円を費やして海外に行かずとも、30分の読書時間と1500円の本代で脳に同じ刺激を与えられるのです。


相武紗季

不安があっても、そこに立ってみること。それが、本番で力を発揮する基本じゃないかなと思う。


竹中平蔵

戦略は細部に宿る。パッションのあるリーダーは往々にして事業のディティールを理解していない。反対に、ディティールを理解しているリーダーはパッションに欠けることが多い。このトレード・オフをいかに統合するか。そこが、リーダーにとって肝心なことです。


小泉光臣

リーダーには、最後の責任は自分が取るという矜持が必要。


塚越友子(水希)

若い人はよく、「上司が忙しそうで、報告したくてもできない」という悩みを抱きます。そうして何日も一人で抱え込み、失敗するケースも。そうなってから叱るより、まずは話しかけやすい雰囲気を作っておくことです。数時間に一度、「大丈夫?」などと声をかけるのも良い方法です。


ロバート・キヨサキ

情報時代の今だからこそなすべき抜本的な対策がある。顧客のニーズは猛烈な勢いで変化しつつある。あなたは、そのニーズに追い付いていけているだろうか。私の会社では、そのために、マーケティングの努力や人材を増強するだけでなく、ビジネスの再構築も行っている。最初にしたのは、「私たちの顧客とは誰なのか」を定義しなおすことだった。次に、新しく定義したこの「顧客」の皆さんと、より良いコミュニケーションをとり、より良いサービスを提供できるように、ビジネスを再構築した。


中川晶

親は子供のためを思って「あれをしなさい」「これはしちゃダメ」「あなたのためだから」と指導します。親の意見が違うと感じることが出てきても、子供としては「従いたくない自分は親不孝なのではないか」と悩み、従ってしまうのです。これを繰り返し、子供は「親にとって都合のいい子」となり、不満とストレスが蓄積されます。それが元で精神的な病気にかかってしまうこともあれば、ある日突然爆発して、修復不可能な関係になってしまうケースもあります。それを防ぐために、家族であっても「ちょっと遠め」の距離感でいましょう。親としては、子供が悩みを相談したいと言ったら聞いてあげ、何かを教えて欲しいと言ったらアドバイスをする。そうでない限りは見守る、というくらいでちょうどいい。


ページの先頭へ