名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

福永雅文の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福永雅文のプロフィール

福永雅文、ふくなが・まさふみ。経営コンサルタント。関西大学社会学部卒。経営者にランチェスター戦略を指導しているコンサルタント。NPO法人ランチェスター協会理事、研修部長なども務める。著書に『ランチェスター戦略 弱者逆転の法則』『ランチェスター戦略 一点突破の法則』ほか。

福永雅文の名言 一覧

差別化と集中の結果、「私には合わない」と離れるお客もいるかもしれません。しかし、残ってくれた人にとって圧倒的なナンバーワンになればいい。それがビジネスを好転させる鍵になる。


高額商品のトップ営業パーソンに共通することは「紹介」で新規客を増やすこと。


微妙な差では目立たない。差別化は徹底的に。


突破口を見つけられない人は、視野が狭くなっている。周りが冷静に見えないから、何をやってもうまくいかないという悪循環に。これではいつまでも状況を好転できない。


小さくても、まずは1回勝つことが大切。それまで負け続けてきた状況を打破しやすくなる。次の勝利を呼ぶ原動力になる。その繰り返しが、やがて中長期の戦略に繋がる。


一見うまみのない仕事でも、誠心誠意やり遂げれば、長期的には何かしら得るものがある。


事業を成功させるうえで何よりも大切なのは、その事業がうまくいけば将来どうなるのかという「ビジョン」です。


輝ける未来のビジョンを描いてみせ、それを経営者から現場の社員、投資家にまで信じさせてしまう。それさえできれば、一気に形勢を逆転することが可能なのです。


商品を買うとき、人は何かの目的を果たそうとしている。そこが伝わらないと話にならない。


熱烈なファンは頼まなくても、他人にあなたの良さを宣伝してくれます。しかも商品やサービスの良さも熟知しているため、じつに優秀な営業マンと言えるのです。


ファンづくりは有効です。マインドシェアと言いますが、「車を買うなら、あの人から」というレベルのファンを増やせば、大きな成果となって返ってきます。


事業はバカになって命がけでやらなければ勝てません。


真正面から壁を突破しようとするのは大間違い。突破口を見つけ出した人は、上手に壁のないところを探してそこから抜け出している。ビジネスであれば競争相手のいない死角を見つけて、そこで勝負をするということ。


たとえ相手がコミュニケーションを拒絶していても、こちらから接触すれば、何らかの反応はあるもの。


出世することを心の支えとして働いているサラリーマンにとって、左遷は非常に辛いことです。しかし抵抗しても無駄ですし、文句を言っても状況はまず変わりません。そもそも、地方の支店であれ子会社であれ、左遷された職場であっても、そこには仕事があり、そこで働いている人たちがいます。新事業を立ち上げるくらいの実力があれば、必ず新しい職場でも、良い仕事をして成果を挙げられるはず。世間から左遷と見られても、そこで腐らず、努力して成果を出せば、普通に働いているだけでは得られない信頼が身につくはずです。


熱烈なファンは「あの人を応援しよう」という気持ちや、買った後のつながりに、お金以上の価値があると考えるため、多少割高でも買ってくれる。ファンにとっては、その人から買うことも目的のひとつになっているのです。


熱烈なファンをつくる3つのメリット。

  1. 勝手に宣伝してくれて自動的にお客が増える。
  2. 高くても買ってくれる。
  3. 繰り返し買ってくれる。

福永雅文の経歴・略歴

福永雅文、ふくなが・まさふみ。経営コンサルタント。関西大学社会学部卒。経営者にランチェスター戦略を指導しているコンサルタント。NPO法人ランチェスター協会理事、研修部長なども務める。著書に『ランチェスター戦略 弱者逆転の法則』『ランチェスター戦略 一点突破の法則』ほか。

他の記事も読んでみる

奥田陽一

システムを提供する会社のトップの意見として驚かれるかもしれませんが、メールは決して万能のコミュニケーションツールではないと考えています。会議の日時など、シンプルな情報の連絡には、メールが大いに効果を発揮します。一方、複雑な問題でやり取りをすると、途端に誤解が生まれやすくなります。トラブルに発展すれば火消しに時間がとられます。誤解を防ぐために長い文章で説明しようとすると、メール本来の簡便さが失われてしまいます。効率化のためのツールであるはずなのに、使い方を間違えるとかえって仕事が遅くなるのです。


鈴木信之(経営者)

これまでの常識、これまでの当たり前、前例という名の規律は、健全に疑い、必要ならば壊すということをしなければ、時代に取り残され、その組織は哀れな末路を辿らざるを得なくなる。


大江英樹

投資と水泳は似ている。本を読んで知識を付けても、それだけでは泳げるようになりません。体験することが大事で、それも早ければ早いほどいい。投資も似ています。


津田大介

僕は「社会にもの申す」タイプのメディア人じゃない。だからといって、何も言うことがないかというとそうでもない。それが僕の立ち位置なんだと思います。


関山和秀

会社をつくった理由はいろいろありますが、一番大きな理由は資金調達です。当時私は博士課程でしたが、博士課程の学生が使える研究費って、せいぜい年間に数百万円です。クモの糸の実用化には億単位の研究費が必要でしたから、会社にして投資家に投資していただいたほうがいいと判断しました。


ジェイ・エイブラハム

私が最初のころ働いた会社に、ある農業関係の会社、そして建築機材の会社がありました。いずれも、普通の会社です。ただ農業にしても建築業にしても、季節によって好不況のばらつきがありました。収穫が年に1回しかないから収入があるのは3カ月だけ、建築業に関しても、夏だけ景気がよい。興味深いのは、私が働いていたそれらの会社は、農業にしろ、建築会社にしろ、売上が一番多いときに集中的に投資をしていたことです。これらの仕事からは、「物事は柔軟に考えるべきだ」ということを学びました。


北条重時

身の振る舞いも、住む家屋も、持ち具足(鎧)なども、すべて、地位や身分に従って、適当なものを選ぶべきだ。身分に過ぎたことがあれば、人から煩わせられがちで、また、それを後々まで維持し全うすることはとうていできない。


矢野香

話し方や話す内容は、「外づら」を大きく左右する要素。いくら仕事ができても、話し方のマズさで、相手から悪い印象を持たれることはよくあることです。後悔しないためにも、相手から好印象を持たれる話し方を学んでおきましょう。


潮田健次郎

経営者には喜びがある一方で、一度失敗したら奈落の底だ。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

影響力とパワーを持つ人は、偉大な目標に向けて、忍耐強く努力し、全エネルギーを注ぎ込んでその達成を待ち望みます。達成に至るまでの間は、自然にほかのことは犠牲にしています。とくに快楽的な欲求を満たすことなどにエネルギーを使う余裕はありません。


石川康晴

「先入観」や「業界の習わし」にとらわれない柔軟さは、経営者だけではなく、現代のビジネスパーソンにも求められる。


林秀一(経営者)

技術をしっかりと指導するとともに、技術7割、コミュニケーション力が3割として、機械的に施術するのではなく患者様と積極的なコミュニケーションを行うように徹底しています。これは他の治療院とのもっとも大きな差別化でもあり、患者様から「先生がいるから私は生きている」と言われることもあります。訪問型の治療院であるため、自宅でリラックスして施術を受けていただくことができるのも大きなメリットで、先生方には常に患者様とのそうした良好な関係の構築を心掛けてほしいと思っています。