名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福武總一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福武總一郎のプロフィール

福武總一郎、ふくたけ・そういちろう。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」会長。岡山県出身。早稲田大学理工学部卒業。日製産業、日本生産性本部勤務を経て、父が創業した福武書店(のちのベネッセホールディングス)に入社。東京支社長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て、父が急逝したのをきっかけに社長に就任。社名をベネッセに変更し、同社を大きく成長させた。

福武總一郎の名言 一覧

企業は利益の奴隷であってはならない。


「よく生きる」を突き詰めると、「良いコミュニティーにいること」に至る。


経済は文化のしもべである。


ぬるま湯できた会社だから、変えたいと思って原田(泳幸)さんに来てもらった。社内で少々あつれきは起きると思ったけど、改革にはああいう人が必要だから。


このタイミングで原田(泳幸)氏を社長に招いたのは、このまま放置しておけば取り返しのつかないことになると思ったからだ。会社に体力があるうちに、グループ全体を立て直したい。それができるギリギリのタイミングだった。


ふと社内を見渡すと、緊張感がなくなっていた。手続きや会議に無駄な時間をかけ、商品が陳腐になっていた。デジタル化のために配布した専用タブレットが最たる例だ。「(先代の時代の)倒産経験を忘れるな」と言ってきたはずなのに、「在庫を持たない」というベネッセのビジネスモデルの基本に反して専用タブレットを作った。そういうことを平気でやるようになった。


福武總一郎の経歴・略歴

福武總一郎、ふくたけ・そういちろう。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」会長。岡山県出身。早稲田大学理工学部卒業。日製産業、日本生産性本部勤務を経て、父が創業した福武書店(のちのベネッセホールディングス)に入社。東京支社長、常務取締役、専務取締役、副社長などを経て、父が急逝したのをきっかけに社長に就任。社名をベネッセに変更し、同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

田口佳史

よく「明治の人はすごい」と言いますが、その人たちは江戸の教育を受けた人たちであることを忘れてはいけない。


勝海舟

俺はそこで、もうだめだと思って大声で「自分が愚かで、教師の命令を用いなかったために諸君にまでこんな難儀をさせる。実に面目ない次第だ。自分の死ぬるのはまさにこのときだ」と叫んだところ、水兵どもはこの語に励まされ、一同全力を尽くして海岸の方へ(船を)寄せ付けた。【覚書き|長崎海軍伝習所時代の航海実習時に教官からあまり沖に出すぎるなと言われていたが、遠出してしまい、かつ嵐に会って沈没しそうになった時を振り返っての発言】


澤村伊智

前作と違うことをやらないといけないな、というのは強く思いました。安易なやり方ではなく、読んでハッキリ違うものだぞと伝わるようにしたかったんです。プロット自体は早い段階でできていたんですが、書き始めるまでにいろいろ迷いましたね。結局、現在時制の物語と作中作が交互に進行するという形にすることで、ベクトルの違いが打ち出せたと思います。


前畑秀子

優勝できなかったら、帰りの船から飛び込んで死ぬしかない。しかし自分は泳げる。さてどうやって死ぬか。
【覚書き:ロス五輪で惜しくも優勝を逃し、今度こそはと挑んだベルリン五輪直前の気持ちを振り返っての言葉。ベルリン五輪出場時22歳。ベルリン五輪では見事金メダルを獲得】


星﨑尚彦(星崎尚彦)

社長就任後、まず社員の研修をしっかり行って、技術とプライドを取り戻す取り組みを始めました。一方で、旗艦店と言われていた店を移転、閉鎖するなど、聖域なきコスト改革も実行しました。


倉本聰

僕の生業とするシナリオライターという職業にあっては、登場人物が口にするセリフと裏腹に、本心何を考えているかを表現することが第一の目標で、その言行不一致をいかにビビッドに、ある時はおかしく、ある時は辛辣に描くことこそシナリオ書きの醍醐味なのである。役者もまたその延長線上にある仕事で、口にする言葉とは全く逆のことをその人物が考えているとするなら、そこをこそ演じるのが名優の技であって、セリフとは真逆のインナーボイスをうまく観客に伝えなければならない。


西山昭彦

自分の力を発揮できる部署に異動する戦略が必要。自分が得意なことが3つあるとして、1番目に得意な仕事の部署に行かないとダメ。2番目、3番目に得意な分野に異動しても1番得意な人に負けてしまう。


小笹芳央

「自分はできる」という自惚れと、周囲の「使えないヤツ」という評価。そのギャップを放置すると、信頼を失ってしまう。「つもりの自分」と、同僚の目に映る自分のギャップを埋めることが、ビジネスパーソンとしての成長につながります。


星野佳路

付き合いのゴルフや会食はビジネスのネットワーク作りには必要だ、という意見もあるかもしれませんが、ネットワークが本当に自分のパフォーマンスに好影響を与えるのかはずっと疑問でした。あちこち顔を出してネットワーク作りに励んでも、すぐに成果が出るわけでもないので効率が悪い。だったら、興味のない会食や、得意でもないゴルフにわざわざ行く必要はないだろうと思いました。


飯島勲

もしあなたが営業マンなら、優秀な人ばかりのIT企業と、ワガママ放題のワンマン社長が経営する企業のどちらが売り込みやすいだろうか。商品にもよるが、ほとんどの場合、後者の隙だらけの企業ではないだろうか。ワンマンの多い創業企業の強さは案外そういう隙にあるかもしれない。物を買ってくれた人には恩を感じてそれ以上のものを返してくれるだろう。


花村仁八郎

利害が絡む問題を解くときほど、自らを公平無私に保っておく必要がある。真実一路であると、自らの心に不安がない。そうなれば健康も維持できるというものである。


田崎正巳

積極的に過去を捨てるにはどうしたらよいのだろうか。そのためにいま勤めている会社を辞める必要はなくて、同じ会社でも、東京勤務から地方の営業所勤務を願い出てみるとか、あえて赤字部門に出向してみる。その会社の名前すらほとんど知られていない新興国などは、最も良い赴任先といえる。あるいは、開発担当から営業担当に異動してみるということだけでも、仕事内容は180度変わり、驚くほど目が見開かれるようになる。