名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福森豊樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福森豊樹のプロフィール

福森豊樹、ふくもり・とよき。日本の経営者。ハーレーダビッドソン日本法人社長。大阪府生まれ。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。14年間同社のアフリカ・中近東を中心とした発展途上国向け自動車輸出ビジネスに従事する。その後、ハーレーダビッドソン日本法人に入社し、販売拡張部、社長室、ゼネラルマネジャーなどを経て社長に就任。

福森豊樹の名言 一覧

当社の会議では、必要なデータを揃えるなど、各人が入念な準備をして臨むため、会議の内容が非常に濃く、意思決定のスピードも速いのです。いまはもう、これが当たり前だと思うようになりました。


事前にまとめた書類を提出させる方法もありますが、前日でも当日でも、考える内容はさほどかわりません。ならば、頭の中にあるものを、その場で書いてもらった方が早いのです。
【覚書き|同社の会議スペースに電子ホワイトボードが45機並んでおり、社員たちが自分の考えをまとめて書き込んでいる理由について語った言葉】


福森豊樹の経歴・略歴

福森豊樹、ふくもり・とよき。日本の経営者。ハーレーダビッドソン日本法人社長。大阪府生まれ。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。14年間同社のアフリカ・中近東を中心とした発展途上国向け自動車輸出ビジネスに従事する。その後、ハーレーダビッドソン日本法人に入社し、販売拡張部、社長室、ゼネラルマネジャーなどを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

深谷紘一

きちんと反省し、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。基本の徹底ができているかどうか、採算改善を強く意識しすぎて現場が我慢しすぎている部分がないかどうか、それから、社外工の人たちに任せていい部分と、トレーニングを受けた社員がやらなければいけない部分とが混在していないかどうかなどです。そのあたりをしっかりと評価しなおさなければいけない。


根岸秋男

商品開発のイメージはいっぱいあります。企業秘密なので申し上げられませんが(笑)。5年先、10年先を見て、研究開発をしています。企画部にイノベーション推進室を作っているし、いろいろな所でそれぞれ研究開発、商品開発をする役割を認めています。


ジャック・ウェルチ

グローバルに競争できる組織は、フラットで、迅速で、透明性が高くなければなりません。非公式の率直なコミュニケーションが欠かせません。社員は会社の内外で絶えずベスト・プラクティス(最善の手法)を探し求めるべし、という考え方が絶対的に必要です。


辻野晃一郎

タスクリストにタスクをためるばかりで全然消化しない人が意外と多い。リストアップして安心してしまい、先送りになるのでは無意味です。リストにあるタスクは今日の課題と考えて、どんどん消化していくように意識しなければいけません。


ロス・ペロー

鷲は群れない。だから一羽ずつ見つけるしかない。


泉谷直木

30代から40代は、自分の強みを確立する時期。余人を持って代え難い何かを持つことが、仕事を面白くしてくれる。


御手洗冨士夫

コーポレートガバナンスについて言えば、私は社長になってから、「透明度の高い経営」を推進してきました。たとえば、社長直轄の監査部門をつくりましたが、現在約70名の社員がその部門にいて社内監査を担当しています。監査対象には、私の担当領域も含めて聖域はありません。


小倉広

自分の仕事だけでなく、手帳には「他人が喜ぶ事」もリストアップしましょう。例えば、「プレゼンで悩む同僚のロープレを手伝う」「送別会の幹事を買って出る」といったことでもいいです。そして、日程を決め、スケジュール欄に書き込む。続けていけば、他人のための行動が取れるようになるし、きっと他人の目は変わってきます。


山城徹也

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。


原田泳幸

6時に仕事を終えたあとに何をするかは個人の自由に任せています。大事なのは、オンとオフのけじめがあることです。そういう意識がないと、日本人は真面目なので、自分の時間をすべて仕事に注ぎ込んでしまいかねないのです。自分の時間はすべてビジネスアワーだと思って働けという経営者もいるようですが、私はそうは思いません。仕事と趣味と家族と過ごす時間の、どれが欠けても充実した人生は送れませんし、仕事一辺倒ではクリエイティブなヒラメキも生まれないでしょう。


ムハマド・ユヌス

銀行経営について無知だから逆によかったのでしょう。先入観があれば思い切りは悪くなるし、そもそも先入観だって誤りかもしれません。振り返ってみれば、常に世間の常識とは正反対の方向に突き進んできました。既存の銀行は、都市の富裕層男性にしかお金を貸しませんでしたが、私たちは農村部の貧しい女性に融資してきました。


久恒啓一

かつて私は、会社まで1時間以上かかる千葉県の佐倉に引っ越しました。佐倉は始発が出る駅なので、会社までゆっくり座っていけるのです。この自由な1時間の間に、仕事の準備や読書、知研(知的生産の技術研究会)の資料の読み込みなど、様々な作業をこなすことができました。この聖なる時間があったからこそ、現在の私があるといっても過言ではありません。