名言DB

9412 人 / 110637 名言

福嶋隆史の名言

twitter Facebook はてブ

福嶋隆史のプロフィール

福嶋隆史、ふくしま・たかし。日本の国語教育者。神奈川県出身。公立児童館、学童保育職員、公立小学校教諭を経て私塾「ふくしま国語塾」を設立。国語学習についての著書を多数執筆。

福嶋隆史の名言 一覧

対義語やワンセットで使う言葉を意識することは、物事を一方的に決めつけず、見落としも出さない、客観的な文章、論理的な思考につながる。


難しい言葉や専門用語は、勤務先ならネットで「ググれば」出てくる。大事なのは平凡な、知っていて当然の普通の言葉なんです。平凡な言葉の使いこなしのノウハウは、ググっても出てこない。だからこそ、あなたの身体に根づいた力になるはず。


引き出しに紛れたボールペンは、持ってはいても使えない。それじゃ持ってないのと同じですよね。同様に、知っている言葉を整理して、意識的に使うことが大切。


コミュニケーションが目指すのは、相手とイメージを共有すること。それは結局、相手の言ったことを「抽象的に言い換える」か「具体的に言い換える」かで実現される。「相手が求めているのは抽象化か、具体化か」を意識すると、説明がぐっと分かりやすくなる。


塾をやっていると、「うちの子は言葉を知らなくて」という親御さんがよくいらっしゃいます。私は「まず、もう知っている言葉をちゃんと使いこなせるようにしませんか」と言っています。言葉を覚えさせるより、使いたい時に使いたい言葉を、ちゃんと引っ張り出せるようにしましょう、と。


大人だったら、専門用語はともかく、仕事に必要な言葉自体は既に知っているはずです。それなのに、日本語によるコミュニケーションには、いま一つ自信が持てない人が多い。なぜ自信が持てないのか。日本語を使うなんて「当たり前」のことすぎるからです。普段の言葉の意味を、あえて意識して使うのは難しい。「放任」と言ったら、反対は「干渉」だな、なんてなかなか考えません。だから言葉を無意識に、反射的に使っているうちに、語彙の引き出しがぐちゃぐちゃになり、必要な時に出せなくなってしまう。


福嶋隆史の経歴・略歴

福嶋隆史、ふくしま・たかし。日本の国語教育者。神奈川県出身。公立児童館、学童保育職員、公立小学校教諭を経て私塾「ふくしま国語塾」を設立。国語学習についての著書を多数執筆。

他の記事も読んでみる

菊地敬一

僕は社員に「どうして売上が下がったの?」とは決して聞きません。「腕が落ちたんじゃない?」って聞くんです。売上が下がった理由を尋ねれば、人は必ず言い訳をします。環境が悪い、競合店ができた、天候が悪かった……確かに理由は幾らでもある。でも「腕が落ちたね」って言えば、それは本人の問題だから誰も言い訳はしません。僕はそうやって社員の腕が毎年上がっていくことを強く信じたし、彼らもこの、曖昧で非合理的で前例のない僕の方針を盲目的に信じてくれた。そうやって徹底的に既存店経営にこだわったことで26年間連続増収増益を成し遂げたんです。それがここまでヴィレッジヴァンガードを育ててきた僕と僕の社員の最大の誇りです。


太田彩子

会社から、「新しい提案を出してほしい」と言われたにもかかわらず、会議で自分のアイデアを叩かれたことがあります。せっかく提案したのに……と悔しい思いをしました。ただ、冷静に考えてみると、最終的なゴールは「自分の企画を実現すること」です。であれば、小さな失敗は気にせず、より良いものにするために他者からのダメ出しにも耳を傾けようと、気持ちを切り替えることができました。


渋沢栄一

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその株式を所有することにする。


松本晃(経営者)

本社移転を機に、個人のデスクをなくしました。毎朝、出勤すると、その都度、コンピュータがランダムに座る席を指定します。その席に座っていられるのも最長で5時間。それを過ぎると移動しなくてはならないシステムです。すると、どうしたって書類を置く場所がない。必然的に書類が減るわけです。書類のみならず、余計なモノはいっさい置けない環境ですから、オフィスは常にキレイな状態。整理された空間では思考も活発になる。これも、仕事を速くするのに役立っています。


ロバート・キヨサキ

もしあなたが、素晴らしい起業家になりたいと真剣に思っているなら、あなたのもとで働いてくれる人々のために力を尽くすリーダーとなることだ。自分の会社のトップとして、私も、顧客やスタッフのために働いている。会社が儲からなければ、私も支払いを受けるべきではないのは言うまでもない。


ダニエル・ピンク

感性や感覚は誰かに命令されて身につくものではありません。自律性を高めなければ、クリエイティビティは生まれないのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

真実は、浅はかでも軽率でもありません。だから人生の勝利は、軽薄でいいかげんな人には見向きもしないのです。


嶋浩一郎

通る企画書、人を動かす文章を書くには、その内容自体がよく練られていることが大前提だということです。できの悪い企画にOKが出てその場はしのげたとしても、長期的に見れば信頼を失うことにもなります。十分注意してください。


石田淳(コンサルタント)

行動を続けられない理由は、気持ちの問題ではありません。継続の仕方を知らないまま、「TOEICで900点を目指す」とか「フルマラソンを完走する」といった最終ゴールだけを作って努力を始めてしまうから。英語やランニングの習慣がない人がいきなりゴールを目指そうとしても、無理があります。


藤原弘治

間接部門を含めた業務の生産性が上がれば、収益構造も変わるでしょう。銀行はメーカーなどの一般企業と比べてまだまだ遅れている。異業種の社外取締役から知見を得る機会も増えました。意見を上手に取り入れて生産性を高めたい。


寺田千代乃

時間が経つほどに、実は上場した意味がよくわからなくなってきました。というのも、上場すれば資金調達が楽になるといいますが、それまでの実績でその必要性はありませんでした。信頼が上がるともいいますが、十分な信頼がすでに築かれていたため、大きな変化を感じませんでした。その代わり、上場企業ということが、我が社にとっては一種の「縛り」になって、以前のように大胆に挑戦する姿勢が失われていったのです。その頃、幹部や社員と話していても、誰も「夢」を語らなくなったと感じました。「大きな夢を持ち、それに向かって皆で突っ走っていく」という「アートらしさ」をなくしてしまったといえるでしょう。

【覚え書き|東証一部上場後、非上場化した理由について】


施崇棠(ジョニー・シー)

我々は時代の先を見越したイノベーションをつくることを得意としている。「EeePC(ネットブック)」は、どこでもインターネットにつながる環境が整ったとき、どんな端末が必要か、というところから発想した。


宮内義彦

マスコミなどから、よく「オリックスのライバル企業はどこか?」と聞かれます。私は「市場経済では具体的なライバルは存在しない」と答えているのですが、どうも答えをはぐらかしたように思われているようです。市場経済においては同業他社の動向を見ていてもどうしようもない面があります。それよりも顧客ニーズの変化をしっかりと把握することの方が大切です。


フレデリック・アミエル

他者を幸福にすることは、一番確実な幸福である。


杉村太蔵

仕事をしていれば、「オレはこんなことがしたいわけではない」と現状に不満を感じることもあるかもしれません。でも「ヤレといわれたら、他のことは何も考えず、全力でヤル」。ロボットのように目の前のタスクに愚直に取り組む。精一杯やっていれば、誰かがそれを認めてくれて、新しい仕事につながっていく。