名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福嶋覚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福嶋覚のプロフィール

福嶋覚、ふくしま・さとる。日本の経営コンサルタント。システムコンフォート社長。上智大学外国語学部卒業後、トヨタ、日興証券(のちの日興コーディアル証券)、リーマンブラザーズで実務を経験する。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立し、コンサルティング会社システムコンフォートを設立。組織の活性化をメインテーマに企業研修やコンサルティングを行っている。主な著書に『絶対成果の上がる会議の技術』『ムダな研修』など。

福嶋覚の名言 一覧

多くの営業会議に見られがちなことだが、リーダーが直接、各営業マンに指摘していくといういわゆる「二点会議」となっており、これがほかの営業マンを部外者にする時間を増やす。そこで、リーダーがほかの参加者、とくにキャリアのある営業マンに「このケースはどう思う?」といった風に意見を求める「三点会議」を心がければ、部外者を減らし、かつ議論を円滑にできる。


営業会議は、企画会議などと違い「売上」というビジネスの根源の部分を改善していくことが目的である。だからこそ、各営業マンが自分では解決できそうもない課題を皆で共有し、解決へのヒントを探り出すのだ。営業マンを責めることが目的ではなく、顧客を攻めることに向かうべきなのだということを、とくにリーダーは忘れてはならない。責めることがメインになっている会議は、時間を浪費しているだけだ。


会議自体がまともに成立していない場合は、会議をきちんと成立させることから、もしくは会議を廃止するところから検討する。会議そのものは成り立っているが、何かどんよりとしている会議。このケースでは、どんよりとした原因を探り出すことから始める。会議を仕切るリーダーに原因があることが多いので、まずリーダーを見て、アドバイスする。


一般的に会議とは、決定すべき事項について話し合い、結論を出すことが目的だが、いわゆる「営業会議」は少々異なる。営業会議の目的は、人材をもとにした組織の効率化と顧客満足度の向上であり、それを通して適切な売上と利益を確保していくことにある。しかし、私がコンサルタントとして見てきた現実の会議の多くはその反対で、下を向いて黙り込む参加者、営業マンの個々の失注原因の果てしない追及、そしてひたすら根性論しか話せない上司の檄、檄、檄。


福嶋覚の経歴・略歴

福嶋覚、ふくしま・さとる。日本の経営コンサルタント。システムコンフォート社長。上智大学外国語学部卒業後、トヨタ、日興証券(のちの日興コーディアル証券)、リーマンブラザーズで実務を経験する。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立し、コンサルティング会社システムコンフォートを設立。組織の活性化をメインテーマに企業研修やコンサルティングを行っている。主な著書に『絶対成果の上がる会議の技術』『ムダな研修』など。

他の記事も読んでみる

樺沢紫苑

夜の時間を趣味や家族と過ごす時間にあてるのは、健康の面からも評価できる。優れた睡眠を取るためには、夜の時間の過ごし方が重要になります。目をスマホやテレビなどの光に当てず、家族と話したり読書の時間にあてることで質のいい睡眠を取ることができます。家族と時間を過ごすのは健康の面からも合理的なのです。


山元賢治

外国人とは、主語が「I」や特定の「We」の会話でないとダメだ。日本語は、主語がなくて話せる言語なので、思いやりを込めたり、何かいい感じで表現できたりするが、それはごまかしに結びつく。誰かが言っていた、あるいはそうらしいという話で済ませることになる。私がこうやりたいのだ、だから責任を持ってやれる。こういう表現にならない限り、世界では通用しない。


安渕聖司

毎日の運動にしても、洗顔や歯磨きと同じように習慣化してしまえば無理なく続けられます。軽い運動でもいいので毎日続けるほうが重要。


吉田耕次

理解は、相手の背景がわかるとさらに深まります。一緒に食事をするなど、直接会って話すことで初めて理解できることも多い。


守屋淳

日本資本主義の父・渋沢栄一は2つの武器がありました。ひとつは大義を掲げて、それ以外はすべて手段とする態度。もうひとつは自分の強みを熟知し、それぞれの立場でうまく発揮させていったこと。彼の強み、それは一言でいえば「数字に明るいこと」にほかなりませんでした。


北村倫夫

社員と家族の幸福を追求するのが企業のあるべき姿。社員があそこなら喜んで行きたいと思う場所で事業をする時代が来ている。


ジョン・キム(法学者)

私は2時間の会議にはなるべく出席しないようにしています。2時間と予定されていると、2時間かけて目的地にたどり着くようなレベルの濃度にしかなりません。もし自分が同じ内容の会議を企画するなら、15分で終わらせます。その分高い集中力を出席者に要求することになりますが、私はそれが出席者に対する誠実さだと考えています。


児玉光雄

最もよくないのは妥協だ。妥協した時点で停滞が始まる。


戸塚隆将

ゴールドマン・サックスやマッキンゼーの元上司、先輩に加えて、当時案件でご一緒させて頂いた世界的な起業家や大企業のトップの方々。彼らが大規模な投資案件をどうやって決めているのかというと、斬新な思いつきのようでも、実は当たり前の事実を論理的に一つひとつ積み上げた経営判断だったというケースを数多く日の当たりにしました。


小林幸雄(経営者)

銀行は、何でも金で買うと言うけれど、社員の心は金では買えない。


森伸介(経営者)

当社では、社員一人ひとりの個性やアイデアを大切にしています。「頭で描いたものを言葉に、言葉にしたものを字に、字に書いたものを形に」ということを社員に伝え、より良い製品づくりのためのアイデア創出を促しています。


久保田豊

細かいことで私欲を出したり、無理に人を押しのけたりすることは感心できません。たまに赤字覚悟、損得勘定抜きの場合があってもいい。その方が相手側の信頼を得て、結局はプラスになって返ってきます。