名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福嶋覚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福嶋覚のプロフィール

福嶋覚、ふくしま・さとる。日本の経営コンサルタント。システムコンフォート社長。上智大学外国語学部卒業後、トヨタ、日興証券(のちの日興コーディアル証券)、リーマンブラザーズで実務を経験する。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立し、コンサルティング会社システムコンフォートを設立。組織の活性化をメインテーマに企業研修やコンサルティングを行っている。主な著書に『絶対成果の上がる会議の技術』『ムダな研修』など。

福嶋覚の名言 一覧

多くの営業会議に見られがちなことだが、リーダーが直接、各営業マンに指摘していくといういわゆる「二点会議」となっており、これがほかの営業マンを部外者にする時間を増やす。そこで、リーダーがほかの参加者、とくにキャリアのある営業マンに「このケースはどう思う?」といった風に意見を求める「三点会議」を心がければ、部外者を減らし、かつ議論を円滑にできる。


営業会議は、企画会議などと違い「売上」というビジネスの根源の部分を改善していくことが目的である。だからこそ、各営業マンが自分では解決できそうもない課題を皆で共有し、解決へのヒントを探り出すのだ。営業マンを責めることが目的ではなく、顧客を攻めることに向かうべきなのだということを、とくにリーダーは忘れてはならない。責めることがメインになっている会議は、時間を浪費しているだけだ。


会議自体がまともに成立していない場合は、会議をきちんと成立させることから、もしくは会議を廃止するところから検討する。会議そのものは成り立っているが、何かどんよりとしている会議。このケースでは、どんよりとした原因を探り出すことから始める。会議を仕切るリーダーに原因があることが多いので、まずリーダーを見て、アドバイスする。


一般的に会議とは、決定すべき事項について話し合い、結論を出すことが目的だが、いわゆる「営業会議」は少々異なる。営業会議の目的は、人材をもとにした組織の効率化と顧客満足度の向上であり、それを通して適切な売上と利益を確保していくことにある。しかし、私がコンサルタントとして見てきた現実の会議の多くはその反対で、下を向いて黙り込む参加者、営業マンの個々の失注原因の果てしない追及、そしてひたすら根性論しか話せない上司の檄、檄、檄。


福嶋覚の経歴・略歴

福嶋覚、ふくしま・さとる。日本の経営コンサルタント。システムコンフォート社長。上智大学外国語学部卒業後、トヨタ、日興証券(のちの日興コーディアル証券)、リーマンブラザーズで実務を経験する。その後、中小企業診断士の資格を取得し経営コンサルタントとして独立し、コンサルティング会社システムコンフォートを設立。組織の活性化をメインテーマに企業研修やコンサルティングを行っている。主な著書に『絶対成果の上がる会議の技術』『ムダな研修』など。

他の記事も読んでみる

木村沙織

競技者としてプレーを続ける以上、コートに立っていいプレーをして勝ちたいじゃないですか。そのためには監督にレギュラーとして自分を選んでもらわなければ始まりません。監督の考えることを先読みし、理想の選手になることが、コートに立てる一番の近道だとも思っていました。


延岡健太郎

客観的な視点から理詰めで考えるエンジニアと、人間の主観的な感性を重んじるデザイナーでは、問題解決の方法が異なるため、共創は容易ではありません。この問題を解消するため、ダイソンでは商品開発に取り組む主要な技術者の多くを、デザインとエンジニアリング両方の教育を受けた「デザインエンジニア」にすることによって、使いやすく見た目もいい商品の開発に成功しています。


青山文平

通説を鵜呑みにしないというのは、ものごとをしっかり考える際の基本的な構え。


井口尊仁

人間の記憶に残る情報量は知れている。制限時間が10分もないプレゼンでは、メッセージが1つでも伝われば十分だと考えるべき。


日野原重明

私には使命がありますから、疲れている暇などありません。前進、前進、前進です。


岩出雅之

いいチームをつくるには選手にも、監督にも余裕がないとダメ。


青野慶久

他人に任せる仕事を増やしたら、周囲のモチベーションが上がりました。僕の時短勤務は社内で好評だったんですよ(笑)。細かく口出しするのをやめて、部下に権限を委譲することで、社員の生産性がアップしました。


髙松修身(高松修身)

礼を尽くしてこそ礼を返してもらえる。そしてその返された礼に報いてこそ本物のまごころが生まれる。


上田隆穂

値引きをせずに適正価格で商品を売るためには、どうすればよいでしょうか。答えは、商品が持っている本当の価値を消費者に訴求することです。消費者が商品を価格で比較してしまうのは、その商品の本当の価値が消費者に伝わっていないためです。多くの商品は、もともと持っている価値を訴求しきれていない場合が多いのです。


小宮山宏

先頭に立つ勇気、実はこれが一番重要。というのも、リーダーに求められる資質は今までに語りつくされています。問題は、それをどうやって実現するか。理想と現実はしばしば矛盾します。その時に、どう処理するか。そこで必要なのが勇気です。


林信秀

危機の最中での頭取就任ではありますが、この危機にこそ、「自分にできることをする」という信念を行動に変えて、信頼回復と成長に努めたいと考えました。


星野佳路

当社では顧客満足度調査を実施し、その結果を社内でオープンにしています。調査結果を参考に自己修正したり、新たな提案につなげたりできる仕組みを取り入れているのも特徴。