名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福島哲史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福島哲史のプロフィール

福島哲史、ふくしま・てつし。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。「オフィスヴォイス」代表。京都府出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。著書に『早引き! ビジネス文書の文例+マナー事典』『絶妙な「整理」の技術』『ビジネス・スキルズベーシック時間管理術』。

福島哲史の名言 一覧

活用できるビジネス文書を作成する際は、相手に用件が正確に伝わらなければなりません。そしてさらに、こちらが意図するように相手に動いてもらうことが必要。


社内向け文書は、自部門の上司に見せるものや、数十人程度にメールで発信するなど、特定の相手に見せるものです。相手の顔を具体的に想像しながら作成してみましょう。相手が嫌がるような文言にはしないほうがいいという、賢明な判断につながります。また、文書を残す目的を明確にしておけば、どのような項目が必要かも見えてきます。


福島哲史の経歴・略歴

福島哲史、ふくしま・てつし。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。「オフィスヴォイス」代表。京都府出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。著書に『早引き! ビジネス文書の文例+マナー事典』『絶妙な「整理」の技術』『ビジネス・スキルズベーシック時間管理術』。

他の記事も読んでみる

出井伸之

リーダーシップで最も重要なことは、危機感を共有し、迅速に対応できるかどうかに尽きる。目の前の危機をクリアすることで、社員の達成感が醸成され、次に進むエネルギーへとつながっていくのだ。


矢野薫(NEC)

会社の業績や状況が厳しくなったときには意識改革が何よりも大事になる。


澤口俊之

夢が実現して、それがどれだけ素晴らしいかを過去形で紙に書いて貼っておきましょう。そのためなら努力ができる。信じるということは考える対象を限定することなのです。


中村貞裕

「1×100=100×1」。ひとつの世界を100突き詰めるのがプロだが、自分のように広く浅く、1を100持てば同じではないか。


芝谷浩

どうしても残す・捨てるの判断が難しければ、「過去2カ月間、使っていない」→「捨てる」といった基準を決め、機械的に分けることをおすすめします。


植村裕之

「強くあれ」と何度も母から言われたことは、私に大きく影響を与えたと思います。たとえば三井海上火災と住友海上火災と合併。この合併で私は「小事は情をもって決し、大事は理をもって決す」ということを心がけました。その土台には「強くあれ」と言った母の言葉が常にどこかにあったのだと思います。


森田敏宏

集中するきっかけをつくる、自分流の「引き金」を身につけるのもいいでしょう。たとえば、仮面ライダーの変身ポーズは、パワーアップするために集中力を高める「引き金」と見て取れます。イチロー選手が、バッターボックスに入る際に必ず同じしぐさをするのも、集中モードに入るための儀式といえるでしょう。


小池利和

新興国での事業では売掛金を何らかのインセンティブを付けてでも早く回収する必要があります。例えば、60日で回収していた売掛金について、「30日以内に納めてくれれば、支払いの数%分を割り引く」と取引先に伝えて売掛金の回収を早め、売上債権回転率を向上させること。それが新興国での鉄則です。取引先ではなく国力破綻するリスクもあるのですから。さらに、様々な制度が整備されていない新興国では、売掛金の回収期間が伸びるほど、「書類がなくなった」「別の商品が届いた」などトラブルが増える傾向にあります。


姜忠道(カン・チュンド)

資産作りに投資は必須。超低金利時代なので、預貯金だけではなかなか増えません。ビジネスパーソンならまず投資信託を考えるべき。まずは月収の5%程度を充ててみましょう。1年程度の短期運用だと市場の変動の影響を受け元本割れすることもあるので、5年以上の長期運用がおすすめです。


齋藤孝(教育学者)

数字やデータを見せるとき、最もやってはいけないのが、表などの外部資料をそのまま貼り付けることです。表やグラフは、その読み取り方自体が試験問題として出題されるケースもあるように、読んで消化するためには頭を使う必要があります。その手間を省きたいから、上司は部下に資料の作成を依頼するのです。それにもかかわらず生のデータをそのまま見せてしまうのは、上司の要求を理解していないことと同義といえます。


花田賢人

動画にせよ音楽にせよ、同じような好みを持つ人からお勧めされれば、AIから推薦を受けるよりも当事者意識が生まれる。


関山和秀

研究室のメンバーと飲んでいるときに、たまたま虫の話になりました。化石を見ていただくとわかるのですが、じつは虫は4億年前ぐらいから形が変わっていません。ゴキブリはずっとゴキブリの形をしているし、トンボはずっとトンボです。ということは、虫はそれ以上進化する必要がない洗練された生き物だと考えることもできます。虫が洗練された生き物だとしたら、虫が使っているテクノロジーもじつはものすごくて、産業用に活かせるかもしれないという話で盛り上がったんです。どうせなら一番強い虫を研究したいという話になりました。一般的に最強と言われているのはスズメバチ。でも、そのスズメバチを捕食する虫もいる。それがクモです。あるメンバーは、クモの糸はジャンボジェットをつかまえられるくらいに強いという。そんな素材を大量生産できたら、すごいじゃないですか。
【覚え書き|クモの糸を研究し始めたきっかけを振り返っての発言】