名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福島哲史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福島哲史のプロフィール

福島哲史、ふくしま・てつし。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。「オフィスヴォイス」代表。京都府出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。著書に『早引き! ビジネス文書の文例+マナー事典』『絶妙な「整理」の技術』『ビジネス・スキルズベーシック時間管理術』。

福島哲史の名言 一覧

活用できるビジネス文書を作成する際は、相手に用件が正確に伝わらなければなりません。そしてさらに、こちらが意図するように相手に動いてもらうことが必要。


社内向け文書は、自部門の上司に見せるものや、数十人程度にメールで発信するなど、特定の相手に見せるものです。相手の顔を具体的に想像しながら作成してみましょう。相手が嫌がるような文言にはしないほうがいいという、賢明な判断につながります。また、文書を残す目的を明確にしておけば、どのような項目が必要かも見えてきます。


福島哲史の経歴・略歴

福島哲史、ふくしま・てつし。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。「オフィスヴォイス」代表。京都府出身。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。著書に『早引き! ビジネス文書の文例+マナー事典』『絶妙な「整理」の技術』『ビジネス・スキルズベーシック時間管理術』。

他の記事も読んでみる

星﨑尚彦(星崎尚彦)

メガネ業界全体が縮小しているとの指摘もありますが、自分たちで単価を下げて勝手に小さくなっただけです。高齢化が進めば、メガネに価格以外の価値を求める人がますます増えていくので、逆にチャンスだと思います。


瀬戸欣哉

会社を持っている限りはその会社を良くする努力をするのが義務。


ひろゆき(西村博之)

70年代には、宇宙に行けばきっと何かがあるはずだなどと、無限の未来に対する無限の投資がありました。しかし、アメリカは国家として巨額の投資を行ったにもかかわらず、最終的に何もないことに気づき、NASAの予算は削減された。国家として、技術に投資を行うことが減ってしまったのです。そうなると、いままでどおりの日常が、今後何十年も続いていくだけなのではないでしょうか。


和田秀樹

こんなご時世では儲からないと考える人と、だからこそ儲かると考える人がいる。それだけで決定的な差になってしまう。


ジェームズ・ドゥティ

恐れは交感神経を刺激します。そうすると、自分を守るために自分を閉ざし、人との関係も閉ざしてしまいます。思いやりを示し、本当の自分を表現することができなくなる。このような状況では、人を信頼することができなくなり、人とつながりにくい。愛することもできなくなります。


中村久三

当社では「選択と集中はしない」という方針を掲げています。技術者からは、1年間に400件程度の新規の研究テーマの提案があります。「やりたい」と本人が言うなら、決して「ノー」とは言わずに全部取り組ませます。いまは事業化が期待できないように見えるテーマでも「やめろ」とは言いません。技術の火を消さないためです。


河野真矢子

入社後、半年間は自分の担当エリアを持つことはできなかったのですが、何度も、「私、いつ担当させてもらえるんですか」なんて質問もしました。怖いもの知らずでしたね。


信太明

以前は断られると電話をかける本数が減る社員が多かったのですが、話す内容と言葉をマニュアル化してからは、かける本数と契約数が安定してきました。また、新人でもベテラン並みに、一定の成果が得られています。


峰岸真澄

いかに大きなチャレンジに突き進んでいけるかが重要。経営は常に生き残りをかけた戦い。リクルートは創業から57年がたちましたが、この先100年、200年と生き残っていきたい。そのために、ビジネスを進化させ、本質的な勝ち筋を見つけ出す。それを考えることが経営者の使命。


川端克宜

どんな環境に置かれようとも、お客様に支持される商品を出していけば会社は成長できる。


稲盛和夫

企業というのは従業員たちが幸福になる仕組みでなければ、長く存続しない。


伊東孝紳

リーマンショックで世の中の状況が一気に変わり、会社が窮地に立たされた。それが今から振り返れば幸いなことだったんです。ホンダはあの危機によって、ある意味では救われたんだと僕は思っているから。