名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福島保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福島保のプロフィール

福島保、ふくしま・たもつ。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。福武書店に入社。名古屋支社長、ダイレクトマーケティング推進室統括責任者、取締役経営革新本部長、経営企画室長、専務、CMO(最高マーケティング責任者)などを経て社長に就任。

福島保の名言 一覧

仕事には挑戦が必要ですし、失敗を恐れてもいけない。しかし甘さを残して新たな仕事を始めると、一緒に仕事をしているメンバーに迷惑をかけてしまう。何でもトライアンドエラーではいけない。


福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


福武(哲彦)社長は別の会社を倒産させてしまい、再起をかけて福武書店を創業した経緯があります。そのためか、折に触れ組織運営を厳しく教え込まれました。


ある日、福武(哲彦)社長が課長以上の幹部全員をいきなり呼び集めました。「何事か」と会議室に行くと、白紙を渡され「社是。社訓、今年の経営方針を書け」。抜き打ちテストです。朝礼で毎週唱和しているのに正しい答案が書けません。追試こそ免れましたが「リーダーたるもの、会社の精神が染み込んでいなかったら失格だ!」と喝を入れられました。


知人に「自分の強みを持たないと器用貧乏で終わる」と指摘され、やりたい仕事を考えました。DM(ダイレクトメール)作成への挑戦を決め、上司に「とにかく1回つくらせてほしい」と直訴しました。


福島保の経歴・略歴

福島保、ふくしま・たもつ。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。福武書店に入社。名古屋支社長、ダイレクトマーケティング推進室統括責任者、取締役経営革新本部長、経営企画室長、専務、CMO(最高マーケティング責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田健

目上の人から誘いを受けたら必ずついていくことも心がけてほしい。普段いる世界とは違う世界の人と知り合いになれるだろう。そういう運は目上の人からしかもらえない。そして新たに知り合った人から携帯電話に直接かけてもらえるくらいの間柄になれれば運も開け、仕事のステージも上がる。


林成之

脳の構造から、人は他人に対して仲間でありたいと願う本能がある。仲間と一緒に力を合わせるときこそ、リラックスして本来の力を発揮できる。


黒木メイサ

たくさんの大人に囲まれて、女優としていろんな役柄を演じているうちに、だんだん自分の考えていることがわからなくなって、自然に自分の気持ちを押し殺すことが増えていったんです。そんな中で「本当に普段思っていることや伝えたいことを表現できる場所はどこだろう?」って考えたときに、ずっと好きだった音楽だって思ったんです。アーティスト活動は役柄があるわけでないし、黒木メイサという一人の人間として表現できる場所ですね。


輪島功一

緊張は素晴らしいことだと思う。もちろんアガって自分がなにをやってるかわからない状態は駄目ですよ。いい緊張感なら感覚が研ぎ澄まされる。相手がこうくるんじゃないかとわかるんです。だから、私は緊張感は大歓迎ですね。


福田秀人

上司が言ったことに対して、違った意見を言う場合は、「そうですね。でも……」という、肯定から入る「YES→BUT」話法を、身につけましょう。


森下一喜

何かを達成しようと思うなら、運だけに頼っていてはダメ。目標を達成するためには、「行動し、コツをつかみ、上達する」。そのための努力が必要。


篠原菊紀

仕事の難易度を客観的につけるのは難しいので、したい順を軸にしたほうがいい。困難な仕事でもワクワクするときってあるでしょう。


郡信一郎

お客様のご要望にお応えするにはイノベーションを実践していかなければなりません。もっとお客様のお役に立てることはないかと、デルは常に考えています。こうしたパッションがある限り、デルは強さを失うことはないと確信しています。


知識賢治

私は、ビジネスマンに求められる力は知力・体力・人間力だと考えています。20代や30代では、知力・体力が右肩上がりに伸びますが、40代に入ると下降し始めます。一方、人間力は、20代や30代のうちはまだまだ低く、40代から本格的に磨きをかけていかなくてはならない。その意味で、40代は節目の年代といえます。


谷原誠

「仕事を先延ばしにする人」は3日前、1週間前、ひと月前にできていたはずの仕事に追われ、仕事ぶりにも余裕がなくなります。対して、「すぐやる」人は、仕事が終わった時点で次のプラン、つまり未来に視点を向けることができます。結果、仕事の内容も生産的なものになるのです。


佐治信忠

お客さまの求められているものを、求められている値段でおいしく提供するということしかない。これが食品メーカーの宿命。


斎藤敏一

仕事の面白さは誰かが運んできてくれるものではありません。