名言DB

9413 人 / 110706 名言

福島保の名言

twitter Facebook はてブ

福島保のプロフィール

福島保、ふくしま・たもつ。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。福武書店に入社。名古屋支社長、ダイレクトマーケティング推進室統括責任者、取締役経営革新本部長、経営企画室長、専務、CMO(最高マーケティング責任者)などを経て社長に就任。

福島保の名言 一覧

仕事には挑戦が必要ですし、失敗を恐れてもいけない。しかし甘さを残して新たな仕事を始めると、一緒に仕事をしているメンバーに迷惑をかけてしまう。何でもトライアンドエラーではいけない。


福武(哲彦)社長は「赤字分の3億円を返すのなら辞めていい」。辞表を出せば失敗の責任を取ったことになるという考え方を否定されました。「おまえはただ逃げているだけだ」と。仕事に対する姿勢や執念について改めて考える機会になりました。


福武(哲彦)社長は別の会社を倒産させてしまい、再起をかけて福武書店を創業した経緯があります。そのためか、折に触れ組織運営を厳しく教え込まれました。


ある日、福武(哲彦)社長が課長以上の幹部全員をいきなり呼び集めました。「何事か」と会議室に行くと、白紙を渡され「社是。社訓、今年の経営方針を書け」。抜き打ちテストです。朝礼で毎週唱和しているのに正しい答案が書けません。追試こそ免れましたが「リーダーたるもの、会社の精神が染み込んでいなかったら失格だ!」と喝を入れられました。


知人に「自分の強みを持たないと器用貧乏で終わる」と指摘され、やりたい仕事を考えました。DM(ダイレクトメール)作成への挑戦を決め、上司に「とにかく1回つくらせてほしい」と直訴しました。


福島保の経歴・略歴

福島保、ふくしま・たもつ。日本の経営者。「ベネッセホールディングス」社長。岡山県出身。福武書店に入社。名古屋支社長、ダイレクトマーケティング推進室統括責任者、取締役経営革新本部長、経営企画室長、専務、CMO(最高マーケティング責任者)などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古森重隆

変化を起こし、現実を変えるには、周到な準備と機敏な決断、断固とした実行が欠かせない。感覚を研ぎ澄まし、行動のテンポを上げることが大事だ。


中村禎

仕事も一生懸命、遊びも一生懸命。僕にとって平日も休日も、仕事もプライベートも、どちらの約束も重要度は同じ。


マックス桐島

心技体を連動させて魂を磨けば、自分の中に潜む「偉大な存在」に目覚める瞬間を感じられるはず。それが「この世に生を受けた目的の一つ」かもしれません。


鶴岡公二

相手ができもしない大風呂敷を広げてきたとき、それを見抜くためにも、相手がどこまでのカードを切れる権限を持っているのか、しっかり見極めなければならない。


小山龍介

いろんなところにスキマ時間や勉強ができる時間が眠っているはず。とくに通勤は誰もが毎日取られてしまう時間。そこで、ここを最大限活用する。満員電車で何もできないと言うかもしれませんが、お勧めなのが耳を使った勉強です。最近では教本にCDなどが付いてきますが、それをiPodなどに入れればいくらでも聞けます。


大坪勇二

商談ではふたつのことを心がけてきました。まずは「アポごとにゴールを設定すること」です。そして「アポ時間内でゴールに到達できなくても、決して粘らない」ことです。私の場合、ひとつのアポイントにつき2時間(移動30分、商談90分)で手帳に予定を書き込んでいきますが、たとえあともうひと押しでゴールに届きそうなときでも、2時間経てば切り上げることにしています。


河野貴輝

目指すのはバリューを創造し続ける会社です。二番煎じではなく、一番煎じのオリジナルを追求し続けるからこそ、そこに価値がある。


佐々木正悟

「これをしなければ」という思いが強すぎると、それが苦痛になってしまい、ストレスが行動につながりません。仕事で強すぎるストレスがかかっている場合は、誰かと協力して仕事にかかるか、人と話をするといいでしょう。


細谷英二

どんな組織でも、改革の手を緩めると昔に戻ろうとします。りそなでは、男性主導のピラミッド型組織だった、かつての銀行の姿に戻ろうとする人が出て来るでしょう。そうではなく、この会社を変えていく人が評価される仕組みを定着化させたい。そのためには誰もが納得できる公平な人事評価制度が必要です。そして、経営層が率先して厳しい評価にさらされることが必要だと考えています。「魚は頭から腐るが、頭からしか泳げない」のです。


國貞文隆

難しい案件などは、行き詰まってしまい、ついつい放置してしまうこともあるでしょう。自分の中に溜め込むのではなく、中途半端な状態でもいいから、どんどん人に相談することが大事です。まったく違った視点からの着想を得ることができ、解決への糸口となるかもしれません。


梅原勝彦

特に製造業の場合、品質がいいのは当たり前なので価格で差をつけようとしますが、値下げすれば利益は出なくなる。だから価値に見合った値段をきちんといただかないといけない。これはどんな業種でも同じだと思います。


上西京一郎

ほかのテーマパークと競合し、お客様を取り合うことはない。むしろ、上海圏の3億人にディズニーの魅力を感じてもらうことは、我々に対しての興味関心にもつながる。マーケットが広がることは歓迎だ。

【覚え書き|USJや上海ディズニーランドについて】


杉原博茂

日本経済新聞を見ていたら、多くの企業が2桁の利益増を達成していました。だけどその中でやっぱり勝ち続けていくのは、現在のような好調な時期でも瀬戸際と感じて変化を続けようとする企業。


匠英一

人にとって心地いいリズムは、心臓の鼓動と同じスピード。それより速ければドキドキ、ワクワクと気分が盛り上がり、遅ければゆったりと落ち着いた気持ちになります。それを店の特性を考えずに使うと、逆効果になるんです。高級品を扱う百貨店やレストラン、喫茶店、書店などでは、心臓の鼓動より遅い音楽を流すのが正解。お客の滞在時間が長くなり、売り上げアップにつながります。一方、回転寿司や量販店など、顧客の回転率を重視したいお店では、アップテンポな曲を流すと効果的。さらに、リズムだけでなく、音量も大事なポイント。一般に、50デシベル以上の音は人に不快感を与えるといわれます。50デシベルは、クーラーの室外機ぐらいの音。高級感やリラックス感を出したいときには音量を控えめにし、ワクワク感をあおりたいときには、やや大きめにする。この原則に沿って、使い分けをしているんです。


野村克也

監督時代、俺がミーティングでことあるごとに話したのは、煎じ詰めれば「無形の力を養え」ということだった。ヤクルト、阪神、楽天……と、俺が請け負ったのは才能と力に溢れたチームというよりも、他より劣った弱いチームだ。打力や走力、球の速さなど「目に見える力」では勝ち目がないし、伸びしろも少ない。しかし、配球や駆け引き、相手チームのデータ分析、さらには敵の心理を読んだ上での戦術といった「形のないもの」を感じとる力は、後からでも養える。努力でいくらでも磨けるからだ。裏を返せば、こうした無形の力は自ら学び、磨くことが欠かせないということだ。