福岡伸一の名言

福岡伸一のプロフィール

福岡伸一、ふくおか・しんいち。日本の分子生物学者、農学博士。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業、京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究室ポストドクトラル・フェロー、ハーバード大学医学部ポストドクトラル・フェロー、京都大学食糧科学研究所講師・助教授、京都大学大学院農学研究科助教授などを経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授、青山学院大学総合文化政策学部教授。そのほか、ロハスクラブ理事なども務めている。主な著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』『生命と食』『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』など。

福岡伸一の名言 一覧

今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、「自由であれ」と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです。


生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが「流れている」ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです。


自分は威張ってなどいないという人でも、謙虚になることは必要だと思います。知的であることの最低条件は、自己懐疑ができることですから、謙虚さは、その出発点になるのです。


人間の体内でたんぱく質が合成される方法はただ一通りなのに、逆に分解される方法は10通り以上あります。生命にとって、なぜ分解=壊すことがそれほど大切なのでしょうか。この世界がエントロピー増大の法則に支配されているからです。秩序あるものはすべて摩耗し、酸化し、ミスが蓄積して障害が起こり、無秩序の状態になっていきます。この不可避の流れに抗するために、生命がとったのが自らを常に壊し、再構築するという自転車操業的な在り方でした。


すべての情報を日々分解して洗い流し、さらに新たな情報やエネルギーを取り入れていくことが生命の本質だとしたら、上司や顧客のひとこと、自身のブログに書かれた批判といった些細なことに動揺し、いつまでも拘泥することがいかにくだらないかと思えます。


生命のあらゆる組織や細胞は、日々新たにつくられ更新され続けています。分子レベルで見ると、今日の自分と明日の自分はまったく違う存在といえるのです。常に変わりつつ一定の状態を保っている。その絶え間ない流れ自体が生きているということです。


生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


ほとんどの現代人が同じ病気にかかっています。一定時間におけるパフォーマンスの最大化を目標にする考え方です。一日、一週間単位でノルマを決め、着実に実行することはビジネスで成功するためには欠かせないことかもしれませんが、生命現象を観察している立場から申し上げると一片のむなしさをそこに感じてしまいます。


福岡伸一の経歴・略歴

福岡伸一、ふくおか・しんいち。日本の分子生物学者、農学博士。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業、京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究室ポストドクトラル・フェロー、ハーバード大学医学部ポストドクトラル・フェロー、京都大学食糧科学研究所講師・助教授、京都大学大学院農学研究科助教授などを経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授、青山学院大学総合文化政策学部教授。そのほか、ロハスクラブ理事なども務めている。主な著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』『生命と食』『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』など。

他の記事も読んでみる

長榮周作(長栄周作)

幼い頃、父親から剣道を習っていた時、「教えられたことは素直な心で聞きなさい。素直でない人間は大成しない」とよく言われていました。父からのその教えを受けて育ったおかげで、結果として、剣道がそれなりに上達できたと実感しています。とらわれない心で素直に受け止めることによって、自己成長に確実につなげられる。


林文子

横浜市長になって、市の職員の仕事の進め方についてまず感じたのは、相手の立場になって考えるという基本ができていないことでした。これでは、市民の皆様と同じ目線に立つことができず、市の職員として為すべきことも見えてきません。ですから私は、会議の際でも、庁舎内で誰かとすれ違う際でも、職員一人ひとりに声を掛けるようにしました。相手の立場を思いやり、相手の気持ちに寄り添うことで、共感力というものを肌で感じてもらおうとしたのです。


藤田晋

高い専門スキルさえあれば、いつの時代でも生き抜いていけると考えているとしたら、それは幻想です。専門スキルは「安定」をもたらすものではなく、それ自体が「不安定」なものだと考えた方がいいでしょう。どんな専門スキルも、時代のニーズや会社の経営方針などで需要が変化します。重宝されているスキルも、数年後には全く必要とされないかもしれません。需要が保障されているスキルなど、ほとんどないと言えます。そんな社会で生き抜いていくには、これまで積み上げてきた経験やスキル、人脈をすべて投げ出したとしても、一から出直せる力が必要になってきます。


倉持治夫

安定したなかで成長を上積みしていく。全体として着実に点を取っていく。地味だけれど、逆に着実にやる難しさもあります。日ごろの厳しいトレーニングは欠かせません。先を見据えた作戦も必要です。


荻原順子

マイナス思考がどんなに身体に悪い影響を与えているか……。しかも、その人にマイナス思考そのものの自覚がない点が一番の問題。


ヨシタケシンスケ

発想の引き出しが自分の中にはたくさんあって、そこから新しいものが生み出されていると思っていたんです。けれど最近、そうではないんじゃないのかなと気付いたんです。新しく生み出すというより、思い出して編集し直す作業に近いんですね。言葉にならない状態の考えや気持ちがいろいろあって、それをどういうキーワードで組み直すか。たとえていうと、冷蔵庫のなかにある材料だけで、その日やって来るお客さんに喜んでもらえるような料理を作る感覚。新たにレシピ本や食材を買いに行ったりはせずに、自分のなかにあるものだけで形にしていくのが僕は好きみたいです。


加来耕三

歴史の本を読むときは、「なぜ」「もしも」というキーワードを頭に入れて読んでみてください。なぜこう動いたのか、もし別の道を選んだらどうなっていただろうと思考のトレーニングをする。すると、自分ならこうするな、と見解が湧いてくるはずです。


村瀬治男

訴訟社会の米国で高い授業料を支払って学んだのは、しかるべきチェックリストを調べ、確実に判断しながら、プロセスをひとつひとつ積み上げていかないと、後でどんな間違いが出てくるか分からない、ということです。普段から弁護士との間でいろいろとやり取りしていて気を配っていたからこそ、正しい対応が取れ、訴訟に勝つことができました。


林修

最近僕は、「やれることは、やっておけばいい」、という言葉をよく使います。今、仕事の忙しさはピークですが、そうつぶやいているうちに、頭ではムリかなと思っていることもいつのまにか乗り越えられてしまうんです。


黒木知宏

僕が「器が大きい」と感じるのは包容力のある人。でも優しいだけじゃない。全体のため、その人のためと思えば、嫌われることを恐れず厳しく叱る人。


吉山勇樹

近くの特定分野に詳しい人との関係、言ってみれば、人材のポートフォリオを充実させることで、他人のノウハウや脳みそを活用できるのです。自分のナレッジ(知識)をより広くより深くレバレッジ(拡張)できるとも考えられます。そうやって周囲の人の力を活用し、全体のパフォーマンスを当初の10倍以上にするようにコントロールするのが自分の役割です。


藤田純孝

私は複数企業の社外取締役を務めるようになりました。私は関与する会社の発展のため、社内の論理にとらわれず、はっきりと意見を言うつもりです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

指導を怠っているのに、「できない」ことを責めても、できない人をパニックに陥れるだけ。できないことを怒り続けるだけでは社員の成長はあり得ないことを、経営者の方にはぜひ肝に銘じていただきたい。


永守重信

僕が買収する会社は何期も赤字が続いているような会社です。普通ならその経営者は辞めさせられます。でも、僕はそんな考えはまったくありません。しょせん、誰にやらせても一緒なんです。むしろ、いままでずっとそこにいて、失敗してきた人の方がまだ改革しやすいと思っています。残ってくれた人に対しては、辞めてくれとは言いません。私どもと同じ考え方へ意識を変えてもらいさえすればいいんですよ。これまで瀕死の会社を20数社譲ってもらって、全部優良企業に変わったのは、その意識改革があったからです。


西浦三郎

私は売上高には全く興味がありません。というのは、前の期より多く不動産を買って多く売れば、それだけで売上高は増えますが、例えば1000億円不動産を買って1001億円で売っても利益は1億円にしかなりません。そんな非効率な商売は当社はやらない、ということです。だからずっと増益で、増配を続けてこれたるにのです。


ページの先頭へ