名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福原裕一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福原裕一のプロフィール

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

福原裕一の名言 一覧

企業は実績を積み重ね、必要とされることで成長していくもの。


いつ死ぬかわからない。たった一度の人生を全力で生き抜きたい。


外国人留学生の採用も始めました。彼らは起業意欲が高く、向上心も旺盛なので、日本人社員にも良い刺激を与えています。


「月商○○○万円。達成できたら給与アップ。できなければ給与ダウン」と、飴と鞭を与えたところでチームワークは生まれません。職場、つまりチームで自分が必要とされているという安心感と、感謝の気持ちを介した信頼関係の構築によって、はじめてチームワークが醸成されていくのだと信じています。


開店前の朝礼では「ハッピー&サンクス」という当社独自のコミュニケーション・メソッドを活用しています。これは、過去24時間以内の出来事で、自分が幸せだと感じたこと、感謝したいと思ったことを、一人一人発表するものです。「こんなサービスをしていて、お客様にありがというと言われ、とても嬉しかった」など、何でも構いません。


朝礼では、もしキャプテン(店長)が接客の仕方の指導で厳しい言葉遣いをしてしまったら、「昨日はこんなことを言ったけど、私の真意はこういうことだった。それを理解してくれたAさん、本当にありがとう」と言ってあげる。するとAさんだけでなく、聞いていたチーム全員の連帯感と信頼が一気に強まります。


スーパースターが「俺が、俺が」と突出していくブラジル型サッカーではなく、お互い能力をカバーしながら勝利を目指すイタリア型サッカーのようなチーム運営を心がけています。その結果、相乗効果が発揮されています。


従業員に職場を自分の居場所だと感じてもらうには、固いイメージの組織ではなく、アルバイトも参加しやすくなるチームづくりに徹することです。店名は店の責任者の名前を前面に出し、「チーム風岡・心や『くふ楽』船橋店」のように呼ぶようにしました。また、責任者は上下関係を意識させてしまう「店長」ではなく、「キャプテン」と呼んでいます。


「いまの若者は」というと、自分勝手、忍耐力がないなど、ネガティブにとらえられることが多いですが、10年前と比べても、若者の基本的な気質は変わっていません。素直だし、協調性も持ち合わせています。そうした良い面を引き出すためには、「この職場が自分の居場所なんだ」と感じてもらえる工夫を行っています。


2005年の飲食店・宿泊業の年間離職率は全国平均で33.3%です。しかし、当社の正社員の過去3年間の離職率は5%にすぎません。この定着率の高さこそ、当社のチームワークの強さの象徴です。


事業のタネを見つけるべく、バングラデシュへ向かいました。現地の人と接すると、彼らはわたしを「すでに夢の叶った人」と見ていました。日本という豊かな国に生まれ、恵まれた環境で生活していたからです。その現状を知ると「恵まれた環境ならば、なおさら後悔したくない」と成功への思いを強くしました。


1回目の起業が失敗したのは、お金持ちになることを目標にしていたからでした。そのため、2回目の起業では、地域に喜ばれて発展する企業、社員が成長できる企業、日本の文化を世界に伝えられる企業という事業目的を明確にし、その方針のもと、事業を展開してきました。その結果、現在、日本だけでなく、カナダ、インド、インドネシアへも出店し、日本の焼鳥文化を世界に広げています。


福原裕一の経歴・略歴

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

他の記事も読んでみる

佐々木淳一(経営者)

まずは採算性の向上。昨年度に導入した新システムで、取引先ごとの採算管理が綿密にできるようになりました。今までは、どんぶり勘定のような面もありましたが、物流費などコストが上昇しており、これからは売り上げと同時に採算性をより重視します。


江上治

私は多くの富裕層の資産設計を担当していますが、多くの富裕層は短期的な相場変動には動じず、長期の姿勢です。


アレックス・ラミレス

組織の文化を丸ごと受け入れて、その組織にフィットするように自分を変えることが重要です。どんな職業の人にも言えることではないかと思います。


新井直之(執事)

お金持ちの皆様は、朝をチャンスタイムと捉え、仕事に充て、午後は自分の自由な時間として活用されています。あなたも朝の時間をご自分のために使われてみると、素敵な変化があるかもしれません。


アリストテレス

失敗する方法ならいくらでもある。しかし。、成功する道はたった一つしかない。


古川武士

自分が決めたタスクを実行している状態から1日がスタートすると、達成感・片づいた感が生まれ、自分が時間の主導権を握っている感覚が得られるので、忙しくてもストレスが溜まりづらくなる。


藤田純孝

私は複数企業の社外取締役を務めるようになりました。私は関与する会社の発展のため、社内の論理にとらわれず、はっきりと意見を言うつもりです。


吉田二美

私は天文学者としての場所を見つけられました。その理由は、周囲の雑音に耳をふさぎ、ときには無視しながら愚直に自分を信じて、前だけを見てきたことにあると思っています。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

もっと自分の時間を大切にするべき。生きている時間はたかだか100年。その人生をいかに充実させるか。そう考えると、時間を大切にしたくなるはず。


齋藤勇(齊藤勇)

夢に逃げ込みがちな傾向は、とくに最近の若いビジネスマンに顕著です。彼らは「若者は夢を持て」と叩きこまれて育ち、理想的なキャリアデザインを描いて就職活動に臨みます。ところが社会に出ると、理想とはかけ離れた現実が待っています。そこで折り合いをつけるため、架空の「できる人像」をセルフイメージして現実から目を背けようとします。現実逃避の気持ちが強くなると、「この会社では自分のやりたいことができない」といって転職を目論見ます。最近は入社しても半年もたたないうちに辞める若者も多いようですが、その多くはこのタイプといっていいでしょう。


稲垣浩之

パートナーとなる事業者には、どんどん夢を語ってほしいと思います。実際成功している大家さんには、自分の希望や目標を恥ずかしがらずに不動産会社や金融機関に語り、相手の懐に入っているような人が多いですね。そうすることで、目指している方向が共有されるし、精度の高い情報を得ることもできるようになります。事業者の立場になれば、どんな土地オーナーも基本的には多くの顧客の中の一人。その中で、しっかりと対応してもらおうと思えば、やはり自分自身の存在や考えを相手にきちんとインプットしておく必要があるでしょう。


ラリー・フィンク

ビッグデータを使って様々な分析をして証拠が出ているんですが、社員がその仕事や会社を嫌っていると株価が低迷する、という結果も出ています。