名言DB

9419 人 / 110788 名言

福原裕一の名言

twitter Facebook はてブ

福原裕一のプロフィール

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

福原裕一の名言 一覧

企業は実績を積み重ね、必要とされることで成長していくもの。


いつ死ぬかわからない。たった一度の人生を全力で生き抜きたい。


外国人留学生の採用も始めました。彼らは起業意欲が高く、向上心も旺盛なので、日本人社員にも良い刺激を与えています。


「月商○○○万円。達成できたら給与アップ。できなければ給与ダウン」と、飴と鞭を与えたところでチームワークは生まれません。職場、つまりチームで自分が必要とされているという安心感と、感謝の気持ちを介した信頼関係の構築によって、はじめてチームワークが醸成されていくのだと信じています。


開店前の朝礼では「ハッピー&サンクス」という当社独自のコミュニケーション・メソッドを活用しています。これは、過去24時間以内の出来事で、自分が幸せだと感じたこと、感謝したいと思ったことを、一人一人発表するものです。「こんなサービスをしていて、お客様にありがというと言われ、とても嬉しかった」など、何でも構いません。


朝礼では、もしキャプテン(店長)が接客の仕方の指導で厳しい言葉遣いをしてしまったら、「昨日はこんなことを言ったけど、私の真意はこういうことだった。それを理解してくれたAさん、本当にありがとう」と言ってあげる。するとAさんだけでなく、聞いていたチーム全員の連帯感と信頼が一気に強まります。


スーパースターが「俺が、俺が」と突出していくブラジル型サッカーではなく、お互い能力をカバーしながら勝利を目指すイタリア型サッカーのようなチーム運営を心がけています。その結果、相乗効果が発揮されています。


従業員に職場を自分の居場所だと感じてもらうには、固いイメージの組織ではなく、アルバイトも参加しやすくなるチームづくりに徹することです。店名は店の責任者の名前を前面に出し、「チーム風岡・心や『くふ楽』船橋店」のように呼ぶようにしました。また、責任者は上下関係を意識させてしまう「店長」ではなく、「キャプテン」と呼んでいます。


「いまの若者は」というと、自分勝手、忍耐力がないなど、ネガティブにとらえられることが多いですが、10年前と比べても、若者の基本的な気質は変わっていません。素直だし、協調性も持ち合わせています。そうした良い面を引き出すためには、「この職場が自分の居場所なんだ」と感じてもらえる工夫を行っています。


2005年の飲食店・宿泊業の年間離職率は全国平均で33.3%です。しかし、当社の正社員の過去3年間の離職率は5%にすぎません。この定着率の高さこそ、当社のチームワークの強さの象徴です。


事業のタネを見つけるべく、バングラデシュへ向かいました。現地の人と接すると、彼らはわたしを「すでに夢の叶った人」と見ていました。日本という豊かな国に生まれ、恵まれた環境で生活していたからです。その現状を知ると「恵まれた環境ならば、なおさら後悔したくない」と成功への思いを強くしました。


1回目の起業が失敗したのは、お金持ちになることを目標にしていたからでした。そのため、2回目の起業では、地域に喜ばれて発展する企業、社員が成長できる企業、日本の文化を世界に伝えられる企業という事業目的を明確にし、その方針のもと、事業を展開してきました。その結果、現在、日本だけでなく、カナダ、インド、インドネシアへも出店し、日本の焼鳥文化を世界に広げています。


福原裕一の経歴・略歴

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

他の記事も読んでみる

中村義一

若い人は若い人どうし、同世代の友達と本気でぶつからなきゃね。私自身、自分の技術が飛躍的に向上したのは、やっぱり同世代の友達と、日曜にラーメンを賭けて技術の競争をした時期だと実感しているんだ。当時の社長も「そういうことならどんどんやれ」と休みの日でも工場を開けて、機械を使わせてくれた。


村上崇

2年前から、毎朝、自宅のトイレでしている日課があります。それは、ドラッカーの名言を紹介した『ドラッカー365の金言』を、1ページだけ読むことです。また、通勤電車では、中国の古典である『菜根譚』のオーディオブックも聴いています。きっかけは、経営者として成長するためには、広い範囲の教養が必要だと感じたこと。ただ、仕事が忙しく、じっくり勉強する時間は持てません。そこで、毎日数分でいいから、コツコツ積み重ねようと考えたのです。


佐藤可士和

うまくいった仕事を振り返ってみると、「あの打ち合わせの5分が決め手だった」と気づくことがあります。それが「小さな奇跡」です。物事が決まっていく過程にはいろんな奇跡的要因が重なっています。どんな会社もプロジェクトも商品も「その場にどんな人がいて何を言ったか」の集積でできあがっているのです。


葛西紀明

「なぜ、同世代の選手が引退するなか、競技を続けているんですか?」と聞かれると、長野の夜の(五輪団体メンバーから外された)ことが思い浮かびます。負けたくないという気持ち、家族の支え、会社の支え、日々のトレーニング。そういったものが全部、競技を続ける方向に自分を導いているんだと思います。


米山公啓

現代人の脳は朝起きてから夜寝るまで、たえず外部から入ってくる大量の情報にさらされています。その流れに身を任せたままでいると、脳はその情報を処理する受け身の作業に追われ、新しいことを思いついたり、思考を深めたりする生産的な活動に取りかかれません。


竹下佳江

指の骨折くらいで諦めきれるほど、バレーボールに捧げてきた時間は薄いものではない。それに、チームの中心としてやっていたので、私のせいでメダルを獲るという計画を乱すわけにはいかない。そんな思いから、メンバーにもケガのことは知らせず、練習で痛みの出にくい角度を探ったり、体に痛みを覚えさせながら、トスを上げ続けた。出場する以上、弱音も痛みも外には出さず、やりきろうという思いで試合に臨みました。

【覚え書き|ロンドン五輪1週間前に左手人差し指を骨折したことについて】


喜田哲弘

いまIRで海外投資家に説明に回っているが、外側から話を聞かせていただくことが我々にとって大切な視点の一つになっている。


キュリー夫人

私は科学には偉大な美が存在すると思っている人間の一人です。研究室にいる科学者というのは、ただの技術者ではありません。それはおとぎ話に感動する子供のように、自然現象を前にそこにたたずむ一人の子供でもあるのです。


加藤俊徳

面倒だと脳が感じている出来事が起こったときこそ、脳が成長できるチャンス。面倒なことほどやるべき。


アユカワタカヲ

投資に興味があってもなかなか踏み出せないという人は、一度セミナーに参加してみることをお勧めします。セミナーに行きその空気に触れることで見えてくることはたくさんあります。まずは行動すること。それが、お金の不安を解消する第一歩だと思います。