福原裕一の名言

福原裕一のプロフィール

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

福原裕一の名言 一覧

企業は実績を積み重ね、必要とされることで成長していくもの。


いつ死ぬかわからない。たった一度の人生を全力で生き抜きたい。


外国人留学生の採用も始めました。彼らは起業意欲が高く、向上心も旺盛なので、日本人社員にも良い刺激を与えています。


「月商○○○万円。達成できたら給与アップ。できなければ給与ダウン」と、飴と鞭を与えたところでチームワークは生まれません。職場、つまりチームで自分が必要とされているという安心感と、感謝の気持ちを介した信頼関係の構築によって、はじめてチームワークが醸成されていくのだと信じています。


開店前の朝礼では「ハッピー&サンクス」という当社独自のコミュニケーション・メソッドを活用しています。これは、過去24時間以内の出来事で、自分が幸せだと感じたこと、感謝したいと思ったことを、一人一人発表するものです。「こんなサービスをしていて、お客様にありがというと言われ、とても嬉しかった」など、何でも構いません。


朝礼では、もしキャプテン(店長)が接客の仕方の指導で厳しい言葉遣いをしてしまったら、「昨日はこんなことを言ったけど、私の真意はこういうことだった。それを理解してくれたAさん、本当にありがとう」と言ってあげる。するとAさんだけでなく、聞いていたチーム全員の連帯感と信頼が一気に強まります。


スーパースターが「俺が、俺が」と突出していくブラジル型サッカーではなく、お互い能力をカバーしながら勝利を目指すイタリア型サッカーのようなチーム運営を心がけています。その結果、相乗効果が発揮されています。


従業員に職場を自分の居場所だと感じてもらうには、固いイメージの組織ではなく、アルバイトも参加しやすくなるチームづくりに徹することです。店名は店の責任者の名前を前面に出し、「チーム風岡・心や『くふ楽』船橋店」のように呼ぶようにしました。また、責任者は上下関係を意識させてしまう「店長」ではなく、「キャプテン」と呼んでいます。


「いまの若者は」というと、自分勝手、忍耐力がないなど、ネガティブにとらえられることが多いですが、10年前と比べても、若者の基本的な気質は変わっていません。素直だし、協調性も持ち合わせています。そうした良い面を引き出すためには、「この職場が自分の居場所なんだ」と感じてもらえる工夫を行っています。


2005年の飲食店・宿泊業の年間離職率は全国平均で33.3%です。しかし、当社の正社員の過去3年間の離職率は5%にすぎません。この定着率の高さこそ、当社のチームワークの強さの象徴です。


1回目の起業が失敗したのは、お金持ちになることを目標にしていたからでした。そのため、2回目の起業では、地域に喜ばれて発展する企業、社員が成長できる企業、日本の文化を世界に伝えられる企業という事業目的を明確にし、その方針のもと、事業を展開してきました。その結果、現在、日本だけでなく、カナダ、インド、インドネシアへも出店し、日本の焼鳥文化を世界に広げています。


事業のタネを見つけるべく、バングラデシュへ向かいました。現地の人と接すると、彼らはわたしを「すでに夢の叶った人」と見ていました。日本という豊かな国に生まれ、恵まれた環境で生活していたからです。その現状を知ると「恵まれた環境ならば、なおさら後悔したくない」と成功への思いを強くしました。


福原裕一の経歴・略歴

福原裕一、ふくはら・ゆういち。日本の経営者。焼き鳥チェーン「くふ楽」などを展開するKUURAKUグループの創業者。横浜出身。焼き鳥屋を開業し、海外店舗を含む20店舗以上にまで育て上げた。通常離職率が高い外食産業で正社員の離職率を5%に引き下げるなど、ユニークな教育法と店舗運営で同社を急成長させた。同社は学習塾なども運営している。主な著書に『手を挙げた人、全員内定。』『心の大富豪になれば夢は叶う』『接客サービスの基本とコツ』『すごいほめ方』『「ありがとう力」で会社は変わる』『脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け』など。

他の記事も読んでみる

井上高志

相手の気持ちを汲んだ話し方や伝え方は、自分の恋人や配偶者、子供に対しては誰でもやっていると思います。部下の立場に立った言動ができる上司だけが、部下のモチベーションを引き上げることが可能になります。


木暮太一

人は考え方や行動が固定するほど、やったことがないものに対して不安を過度に感じる。現在の職場で、少しプレッシャーを感じるような新しい仕事を心がけてやってみてください。継続すると怖かった変化に慣れてくる。きっと自信が出てくるはず。


山中伸弥

研究者が自分の研究が本当に新しいか、誰かの真似になっていないかを常にチェックする必要があります。大阪市立大学大学院に在学中、助教授に言われた言葉が印象に残っています。それは、「阿倍野の犬実験になるな」です。日本の研究の多くは、「米国の犬がワンと鳴いたという論文があるが、日本の犬もワンと鳴いた」というものです。さらに日本の犬がワンと鳴いたという論文を見て、「阿倍野の犬もワンと鳴いた」と書く。研究者は油断すると、他人の方法論を真似て、阿倍野の犬のような論文を書いてしまう。こういう研究からイノベーションは生まれません。
【覚書き|阿倍野とは、大阪市立大学医学部がある大阪市阿倍野区のこと】


前川孝雄

昔は、組織に人的・時間的な余裕があったため、雑談や飲み会の場で「ああでもない、こうでもない」と議論しながら、コミュニケーションのズレや不足を埋めることができました。しかし、今は効率や生産性を追求するあまり、雑談などの機会が削ぎ落とされてしまっています。であれば、飲みニケーションに代わる今の時代に即したコミュニケーションの機会を、時間内で工夫するしかないと思います。


野口敏(話し方)

話しかけてもらったら、聞かれたことにひとつかふたつ内容をプラスして返しましょう。相手に「この人はちゃんと会話する人なんだな」と認識してもらうことが大事です。


ボブ・パーソンズ

ビジネスで成功するためには、お客様をハッピーにする前に、社員がハッピーにならないといけない。


小笹芳央

情報の受発信というのは、ただ伝えればいいわけではなく、相手に理解しやすいように自分の言葉で伝えることが大切です。上の考えていることを現場がきちんと理解できるように、自分というフィルターを通して自分の言葉で「翻訳」すると、言葉が活きてきます。


小林陽太郎

必要なのはセンス・オブ・オーナーシップです。何事も他人事にしない自己責任に裏付けされた強い当事者意識です。チャンスが与えられ、本人にやる気があれば、人は変われる。


藤由達藏

自分の決断を公言することで、言ったからには実行せざるを得ない強制力が働く。さらに人に話すことで「応援するよ」という支援者が出てくる可能性もあり、成功への大きな後押しになる。


坂根正弘

ビジネスモデルで先行するということは、トップダウンが非常に重要。事業を全て整理してでも、「このビジネスに賭けよう」という思いがあって初めて、ビジネスモデルができる。


前川孝雄

仕事を抱え込みがちな人は、自分の癖や習慣を見直してみることも必要だと思います。たとえば、普段の仕事の中には、なんとなく続いている会議やミーティングが意外に多いのではないでしょうか。無駄と思える仕事も抱え込んでしまうのが、抱え込み癖のある人の特徴なのです。


岡藤正広

就業時間が朝9時から夕方6時までだったある子会社では、残業時間が月に平均22時間もありました。そこで、就業時間を夕方5時までに1時間短縮してみたんです。就業時間が少なくなった分だけ、残業が増えてもおかしくありません。ところが、残業時間は増えるどころか13時間に減ったんです。就業時間を夕方6時までに戻されるのは嫌だと、一生懸命やるようになった。やっぱり、これだと思うんですよ。生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。


平岡昭良

諦めず、必死に食い下がる姿勢が大事。


殿村美樹

どんなモノも生きている。そう考えるとPRの仕方が自然と見えてくる。


児玉源太郎

もうそろそろ戦争をやめる時である。何をぐずぐずしているのか!
【覚書き|日露戦争の奉天会戦勝利直後、参謀本部次長の長岡外史に面会しての発言。局地戦で勝ったが日本の国力はまだ弱く、このまま続けたら必ず負けるという見通しがあった。さっさと日露戦争を終結させ有利な状況で終わらせろという趣旨の発言】


ページの先頭へ