福原正大の名言

福原正大のプロフィール

福原正大、ふくはら・まさひろ。日本の教育者。グローバルリーダー育成の「IGS(Institution for a Global Society)」設立者。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、東京銀行勤務、仏INSEADでMBA取得を経て、世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズに入社。同社最年少マネージングダイレクター、日本法人取締役などを務める。世界レベルのリーダーの中に日本人がいないことに危機感を覚え、金融から教育の世界に転身。小中高生向けグローバルリーダー育成の「IGS」を設立した。

福原正大の名言 一覧

日本の入試は中学から大学まで、答えはひとつであるという前提でつくられています。それに合わせて学校でも、答えがある問題を出して、その解き方を教えています。そういった教育を通して「答えはひとつ」と植えつけられているから、答えが出ない現実の問題に対応できない面があるのではないかと思います。


私が海外留学したとき、日本を出てはじめて気づいた日本のいいところがたくさんありました。たとえば安全であることや、個人よりも集団を思いやる気持ちは本当に居心地がいいですし、四季にもとづいたきめこまやかな美意識もすばらしい。海外に行った人たちは、海外で暮らすことでそれに気づき、また戻ってきてくれると思います。


IGSで行っていることのひとつはリーダー教育です。月に2回ぐらい、世界で活躍をされていらっしゃる日本の方にきていただいて話をしてもらいます。子どもたちにロールモデルを見せるのは、とても大事なことなので。それと私が先生になって哲学的な教育といいますか、子どもたちに自分の頭で考えて議論させる授業をしています。


日本企業は、上の意見に服従してくれる人のほうが都合がいい。だから「答えはいくつもある」なんて難しいことを言う人より、自分たちのカルチャーに染められるように、「とにかく頑張ります」と言う人を積極的に採ってきました。外資は逆に新卒を敬遠します。というのも、経験のある人なら自分の考えがあって、会社をいい方向に動かしてくれるだろうという発想で採用するから。日本とはまったく違います。


欧米なら、上に嫌われてクビになっても他の会社でやり直せます。でも日本は終身雇用が前提の企業が多く、転職も難しい。定年まで同じ会社に勤める前提だと、上の意見に逆らうことはできないでしょうね。


残念ながら日本の場合は、先生が一番偉くて、生徒は知識を一方的に与えられる人になっています。先進国に追いつく過程においてはそうした教育も効果的でしたが、日本は1990年代前半にアメリカに追いついてしまった。知識を与えられるだけの教育では、その瞬間に、誰も絵を描けなくなってしまう。それが「失われた20年間」につながったのかなと私は考えています。


アメリカのリベラルアーツカレッジを訪問したときに、ある学長さんが「コミュニティをつくれる人間を育てることが、大学のあるべき姿だ」と話していて、非常に印象に残りました。コミュニティは上から与えられるものではなく、一人一人が教育を通して考え、つくっていくものだと思います。


先日、日本のある学校の授業を見学に行って驚きました。せっかく自由と平等について授業をやっているのに、先生が「こういう理由で、こっちの考え方がいい」と答えを押しつけていました。これじゃ生徒は自分の頭で考える力が身につかないでしょう。


フランスと日本の教育は入試問題からまったく違います。フランスの高校卒業試験であるバカロレアでは去年、「あなたは自由と平等、どちらが大切だと思いますか」という問題が出ました。これはどちらを選んでもよくて、なぜ自分はそう考えたかを論理的に説明することが求められるわけです。一方、日本のセンター試験の「倫理社会」では、「○○主義を提唱したのは誰ですか」という答えがひとつしかない問題が出ます。しかも四択や五択です。


日本人とフランス人のハーフの友人がフランスに転校になり、日本で解いたことのある問題がテストで出たそうです。彼女は日本で習った通りの答えを書いたのですが、結果は0点。彼女の母親が「うちの娘は正しいことを書いている」と抗議にいくと、先生は「この解答には彼女の考え方がまったく入っていない。これでは世界に対する彼女の付加価値がゼロだ」と説明しました。つまりフランスでは、正しい知識を得て終わりではなく、自分が知識を使って世界にどのように貢献するのかということを常に問われるのです。


私が教育に興味を持ったきっかけは、外資系の金融機関にいたとき、世界レベルのリーダーの中に日本人がまったくいないこと気づいたことです。金融業界のトップは多様です。欧米の人だけでなく、私のいたバークレイズではインド人がナンバー2を務めていたし、中国人や韓国人もたくさん活躍していました。それに対して日本人はまったく見ない。金融業界だけではありません。産業界で世界標準を決める場面でも日本人が話すことはないし、国際機関においても、日本は出しているお金に比べて人の数が圧倒的に少ない。それはなぜかと考えたときに突き当たったのが、教育でした。


福原正大の経歴・略歴

福原正大、ふくはら・まさひろ。日本の教育者。グローバルリーダー育成の「IGS(Institution for a Global Society)」設立者。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、東京銀行勤務、仏INSEADでMBA取得を経て、世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズに入社。同社最年少マネージングダイレクター、日本法人取締役などを務める。世界レベルのリーダーの中に日本人がいないことに危機感を覚え、金融から教育の世界に転身。小中高生向けグローバルリーダー育成の「IGS」を設立した。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

「このビジネスの目的は何か」といった理念が共有できていなければ、困難な状況を打ち破ることはできません。


柳井正

今はオープン・イノベーションの時代だと思う。資本関係があるなしにかかわらず、世界中でベストパートナーと組んでやっていかないと世界競争には勝てない。


梶本修身

「疲れたな」と感じたら、早めにケアすれば回復しやすい。だから、1日ごとに脳の疲れをきちんと取ることが大切。


橘玲

ハンブルク大学のガブリエル・エッティンゲン教授は、人工股関節置換手術を控えた患者を調査しました。患者は、手術によってこれまでよりも、身体の調子が良くなると信じている楽観的な人と、リハビリの困難さや苦痛をイメージしている悲観的な人に分けられました。術後の経過を見ると、意外なことに悲観的だった患者のほうが苦痛を感じることも少なく、回復が早かったのです。楽観的な患者は思い通りにいかない現実を突きつけられた時に、あわてたり落ち込んだりしますが、物事を悲観的に捉える人は、現実と向き合う準備ができていたのかもしれません。


小口英噐(小口英器)

周りからは実際の年齢よりかなり若く見られるのですが、これが健康法ですと言えるようなことは何もやっておりません。強いて挙げれば気持ちを若く持ち続けることが大事なことではないかと思っています。


東村アキコ

時間には限りがある。みんな、自分が思った通りにやればいいと思うんですよ。自分を変える必要もないですし。でも、失った日は取り戻せないし、30代は10年しかない。これは至極当たり前の、全人類に共通のルール。


澤上篤人

秘訣というほどのことはありません。安いときに買っておいて、高くなったら売る。投資の基本を忠実に実践しているだけのことです。


泉谷直木

世界全般を見て世界戦略をどう考えるかと机の上で考えるだけでは不十分。実際のビジネスはローカルですから、各国の状態をきちんと見ながらやらないとうまくいかない。


大室正志

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

固定費を抑えている人は平均貯蓄額も高い傾向にあり、効果は大きい。


黒田如水(黒田官兵衛)

天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり。
【覚書き:前者の人は人間を意味し、後者の人は有能な人材を表す。人はたくさんいるけれど、有能な人材は少ないという意味の言葉】


外山滋比古

かつて団塊の世代は、権威に反発することにエネルギーを注ぎ、考えることを疎かにしてきました。そういう人たちが、あまり考えることなしに仕事に邁進して、現在の社会や企業の空気をつくったわけです。しかしいまの若者たちは、それでは駄目ではないかと感じています。自分で考えることの大切さに気付き始めているという点で、いまの若い人たちの方が、その親世代よりもよっぽど見込みがあるように思います。


高島徹治

「今さら資格を取ったところで、何の役に立つのか」と思われる方もいるでしょう。確かに、資格はただ取得しただけでは何も始まりません。大切なのは、「取得後にどう活かすか」の自分なりの戦略を立てることです。私の場合、それは「セカンドキャリア」に直結していました。出版メディアで培ってきたキャリアと、試験の勉強で得た資格に関する情報や合格のノウハウを組み合わせることで、「資格コンサルタント」という新たな仕事を生み出せると気づいたからです。以後、「資格コンサルタント」として、今に至るまで仕事を続けています。


藤原作弥

2000年8月のゼロ金利解除の是非は歴史が判定するでしょうが、その時々の情勢の変化に応じて最善の判断をすることこそが政策の役割だと思っています。


津曲孝

美味しいお菓子は材料で決まります。いい材料を選ぶのは私の味覚次第になります。風光明媚で自然豊かな宮崎・串間で育ったので、海の幸、山の味、磯の香り、土の香り、草の香りが、私の味覚を育ててくれました。


ページの先頭へ