名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福原信三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福原信三のプロフィール

福原信三、ふくはら・しんぞう。日本の経営者、写真家。化粧品メーカー「資生堂」社長。中学時代画家を志したが、資生堂創業者の父・有信の勧めで薬学の道に進む。千葉医学専門学校(のちの千葉大学医学部)薬学科卒業、米コロンビア大学薬学部卒業。資生堂の社長として活躍した。また写真家としても活動し、日本写真会創設、雑誌「アサヒカメラ」創刊などに参画した。

福原信三の名言 一覧

物事はすべてリッチでなくてはならない。


商品をしてすべてを語らしめろ。


福原信三の経歴・略歴

福原信三、ふくはら・しんぞう。日本の経営者、写真家。化粧品メーカー「資生堂」社長。中学時代画家を志したが、資生堂創業者の父・有信の勧めで薬学の道に進む。千葉医学専門学校(のちの千葉大学医学部)薬学科卒業、米コロンビア大学薬学部卒業。資生堂の社長として活躍した。また写真家としても活動し、日本写真会創設、雑誌「アサヒカメラ」創刊などに参画した。

他の記事も読んでみる

小山薫堂

学生たちには、僕は窓なんだと言っています。僕という窓を通して、社会から何かをつかんでほしい。そのために僕を利用してほしいのです。


黒川光博

変えていけないものと、変えても良いものというのは、その時々でも変わる。


松本大

新しいことに挑戦したい気持ちが、現状への満足感を上回ったから決断できた。そして、起業後もチャレンジを繰り返してきたから、何とかここまでやってこられた。


辺見芳弘

小6でアメリカの学校に転校したときなど、まったく言葉の通じない環境は相当のストレスだったと思います。でも、いままで死なないで何とかやってきているし、ストレスがあったから得ているものもあります。人間が成長する源泉は、自分の現状が本来のあるべき姿とズレていると感じて、修正しようと伸びていくことです。


後藤亘

地上波のデジタル化間違いなしと思っていましたから、そこで一気呵成の勝負に出る、そういう考えでした。それまでは我慢の道。利益よりも、むしろ破産しないように、少なくなったお金をどう使うかといった考えで、言うならば極端な守りの経営だったわけです。ところが、それによって社風があまり冒険しない文化になってしまったんです。あらためて、経営は難しいものだと思いましたよ。実際、攻めにいったときに守りの社風が足を引っ張りましたからね。仕方なかったとはいえ後悔しました。

【覚え書き|東京MX社長を引き受けたときを振り返って】


山崎元

投資信託のうち99%は検討に値しません。販売手数料や信託報酬が高いからです。毎月分配型の投資信託はすべてダメ。仕組みとして損ですし、手数料が高すぎる。買って良いのは、販売手数料が無料(ノーロード)で、信託報酬は高くても0.5~0.6%以下のもの。


中原祐治

最初は相手に合った保険商品を提案するのですが「もう保険には入っているから」と聞く耳を持ってもらえませんでした。そこで「自分とつき合うことにメリットを感じてもらおう」と考え方を修正しました。保険の話をするのではなく、保険の話以外でも今困っていることは何か、相談に乗ることにしたのです。中原とつき合っていると、保険以外でも問題が解決すると思ってもらえればいい、と。将来保険が必要になったときに声をかけてくれますから。


高橋弘樹

テレビ好きの人にではなく、「テレビなんて観ない」層を振り向かせるにはどういった内容や構成が良いかのほうを考えています。彼らが興味を持ってくれることで視聴率の底上げにもつながる。


上野治男

在任中の最も記憶に残る仕事といえば、新「松下電器行動基準」の策定に尽きます。当時、経営理念にある昔の言葉をそのまま表面的にとらえ、理論的に理解しようとするきらいが社内にもありました。しかし、真に考えるべきは、今日の社会で経営理念を正しく実践するにはどうすればよいか、ということにほかなりません。ですから、私は経営理念が求めているものを誰にでもわかる言葉に翻訳して、説明する必要があると感じていただけなのです。用語一つとっても、時代の流行がありますからね。法令遵守に対する社会の評価も変わりました。喫煙者を見る目の厳しさなど昔とは段違い。外国人の従業員も増えました。今日、松下の人間として守るべきことのすべてを、昔のままの言葉から演繹的に導き出せというのは無理がありますし、社会もそれでは納得しないでしょう。


澤田道隆

今でもマスブランドが強い製品もあります。衣料用洗剤や掃除用品などは、なじみのブランド製品を選ぶ傾向があります。しかし今、市場で起こっている変化は、小さな規模の集合体、スモールマスの台頭です。その代表は化粧品です。たとえば化粧品のソフィーナは全体で見れば約700億円規模のブランドですが、細かく見ると「エスト」「ソフィーナボーテ」など100億~200億円規模のブランドの集合体です。化粧品は女性の美の多様性ということに対応して、それぞれのブランドがそれぞれの世界観で成り立っています。そのため化粧品の分野には1000億円を超える単体ブランドは、ほぼないんです。


山田真哉

本はネット記事と違い、文章を読みながら、自分と向き合い、気づきとなるメッセージを受け取り、反芻しながら考え方が変わっていく。これは自己啓発書ならではのサイクル。その過程で悩みが解決されずとも整理整頓されていくのが特長です。


松井秀喜

最終的には個人の能力だと思います。本人だどう感じ、どう工夫していくかという。日本にも、メジャーにも、いろんな教え方がありますが、自分のものにしていくやり方はそれぞれ違います。ハッキリ言って、合う合わないも含め、選手の能力なんです。結果が出る選手は、合うといわれる。反対に、力を出せない選手は合わないということになる。すべてが選手の能力なんです。