名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福元麻理恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福元麻理恵のプロフィール

福元麻理恵、ふくもと・まりえ。日本の経営者、ヴァイオリン奏者。イベントプロデュース会社「サウンド東京」代表取締役。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。サウンド東京を設立。

福元麻理恵の名言 一覧

成功している方々には必ず哲学があって、夢を実現するために努力を惜しまない。私たちも尊敬する方々の背中を見て、常に努力し、自分を磨き続けることができるようになりたい。


本当に洗練された情報や音楽というものには、人が集い、人の心を動かし、人をつなぐ力がある。


毎回同じことをやり続けるのも大変だと思いますけど、趣向を凝らして毎回違った演出をするのは本当に大変なことなんです。でも、やるからには、私たちにしかできないことを創っていきたい。


私はずっとクラシックをやってきて、中学校や高校の時に習っていた先生が音楽家として一流でありながらも、女性経営者として活動し、いろいろな文化活動などの貢献もされていた方なんですね。ですから、私も将来は先生のように、音楽をやりながら経済活動をし、社会貢献もできるような人になろう。そうやって自立して生きていく人になりたいと思っていました。


福元麻理恵の経歴・略歴

福元麻理恵、ふくもと・まりえ。日本の経営者、ヴァイオリン奏者。イベントプロデュース会社「サウンド東京」代表取締役。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。サウンド東京を設立。

他の記事も読んでみる

西任暁子(西任白鵠)

スピーチで大切なことは、「誰に伝えるか」「何を伝えるか」「その結果どうしたいのか」。その三要素を明確にすることです。


村田昭治

どんなに青春は短くとも、青春のときに得た宝石のような精神は大事にしておきたいものだ。


寺尾玄

当社の判断の基準は「お客様がより大喜びするのは、どちらなのか?」。追求しているのは「こういうモノがあったら嬉しいな」とお客様が大喜びしてくれるモノをつくること。


辻亨

人間とは本来、性善なるものに違いありません。人間には、本質的に気配りの精神が宿っていると思うのです。実際、人生の中でそういう人間の本質的な気配りに何度となく触れてきました。


菊池昭一(経営者)

属人的営業からの脱皮も必要です。これまでは1顧客1人担当で、当社の営業とお客様が「個と個」の関係でした。しかし、どちらかが異動や転勤、定年になると、そのお客様とは疎遠になってしまいます。そこで、顧客情報を全社で共有し、組織営業を実践できる仕組みづくりを検討しています。


西田一見

まず夢を描いて、それを実現できると信じること。いまの能力でできるかどうかなんて考えなくていい。とにかくなりたい自分を具体的にイメージする。大会があって夢を描きやすいアスリートと違い、ビジネスパーソンは将来の成功イメージを描く力がとくに弱いと感じる。昔なら「出世してマイホーム」が典型的なモデルだったが、いまはみんなが同じ夢を見る時代ではない。一人ひとり、自分がワクワクできるイメージを見つけるべきだろう。


佐々木常夫

私は以前、自分の部下に「京レはあなたにとって最終の職場ではない」と言って、会社からクレームをつけられたことがありました。私は部下に転職を勧めたわけではありません。日ごろからスキルを磨いて、いつでも転職できる自由を手に入れておきなさいと言いたかったのです。たとえ相思相愛で入った会社でも、途中で合わなくなることは十分考えられます。そうなったときスキルという武器があれば、躊躇なく辞められるじゃないですか。


田中邦彦

回転寿司の歴史は意外と古く、半世紀以上になります。その中で、私どもは後発組ですが、業界三番目の規模まで店舗を増やすことができたのは、ヒト・モノ・カネというビジネスの3つの基本を大切にしてきたからだと自負しています。


小杉俊哉

一流になるか、二流に終わるかの分岐点は第一に学び続ける姿勢にあります。学び続けなければ成長はありません。


鳥羽博道

「そのようなきれいごとだけで世の中は渡っていけないんじゃないですか」という人もいた。世の中には「清濁合わせて」という言葉があるが、その両方を飲むほどの器量の大きさは私にはない。だから、清の部分だけに生きていく。自分がそうした生き方を心から願うのであれば、それは可能なことだと思う。


後藤高志

価格競争による利益なき繁忙から脱することが大事。


雑賀克英

「お客様満足・信頼度」「技術力」「労働環境」「事業領域・生産性」のすべてで圧倒的ナンバー1を目指します。それを支えるのは、一人ひとりの社員の力に他なりません。良い人材を集めて教育し、良いサービスが提供できれば、さらに良い人材が集まる。そうした循環を創出するため、人材の厚みをさらに増すことを事業戦略の根幹に据えています。