名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

福井謙一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福井謙一のプロフィール

福井謙一、ふくい・けんいち。日本の化学者、工学博士。ノーベル化学賞受賞者。京都大学教授。奈良県生まれ、大阪育ち。京都帝国大学工学部工業化学科卒業。京都大学教授を務め、フロンティア電子理論を研究。日本人6人目のノーベル賞受賞者となった。

福井謙一の名言 一覧

チームワークは大事です。ただし、日本の基礎科学研究が世界に伍していくためには、もっと若い才能を突出させてやる環境づくりが必要です。


福井謙一の経歴・略歴

福井謙一、ふくい・けんいち。日本の化学者、工学博士。ノーベル化学賞受賞者。京都大学教授。奈良県生まれ、大阪育ち。京都帝国大学工学部工業化学科卒業。京都大学教授を務め、フロンティア電子理論を研究。日本人6人目のノーベル賞受賞者となった。

他の記事も読んでみる

大西賢

我々は航空事業者であると同時に、サービス業者なのです。これはもう、口を酸っぱくして社員に言っていることですが、A地点からB地点にお客様を運べばOKではなく、もっと広くサービスというものを捉えていかなくてはなりません。機内でリラックスしていただくのは当然として、機内をビジネスの機会のための場としてと使いいただくにはどうすればよいかという課題もあります。空港だってまだまだストレスのかかる場所ですから、お客様目線で見ればサービス向上の余地はいくらでもあるのです。


仙田満

何かを次の世代に引き継いでいく時に、大きな障壁となる仕組みや法律などを変えていくためには、協会や学会などで上に立たないと発言力がない。そんな思いもあって会長職を引き受け、さまさまな社会活動を続けてきました。


中村末広

技術者の情熱さえあれば、小さな夢が100倍の力を持って世の中を変えるようになる。井深大さんが残してくれた財産はたくさんありますが、一番大きなものは夢を形に変える情熱の力ではないでしょうか?


川越達也

自分が無理なくできることをいくつか見つけたら、たとえ小さなことであっても、「自分はこれしかできないんだ」もしくは「これがあるから大丈夫」とあえて考えてみる。そして、その能力を磨き抜く。あれもこれもと考えるより、そのほうが結局は仕事の幅が広がっていくように思います。


佐々木かをり

ワーク・ライフ・バランスを考えるのは、パートナーや家族ができたり、健康を考える年代になってからでも遅くありません。


端羽英子

私たちが目指しているのは、誰もが自分に必要な知見にアクセスできる環境をつくること。


川村和夫

私は傘下の統合事業会社である明治の社長を6年間務めました。事業会社と上場会社の明治ホールディングスの社長に求められる役割は違います。明治の社長の時は、日々の売り上げや商品の品質を気にしていましたが、ホールディングスでは長期ビジョンや中期経営計画の進捗が大切です。


谷好通

当社はお陰様で東証1部に上場できています。もちろん社員の頑張りもあってのことですが、かといって「自分は東証1部の会社の社員なんだ」とあたかも自分が変わったかのように勘違いしてはいけません。あくまでも自分の働いている会社が、たまたまそういう状況になっているという意識を持つことが大事です。


戸塚隆将

アメリカの一流のビジネスマンたちが身体を動かすのは、「風邪をひきにくくするために身体を鍛えないと」などといった義務感、つまりある種の「守りの意識」が動機ではありません。仕事やプライベートで好循環を生み出し、それを継続するという、より前向きな目的、つまり「攻めの意識」が動機でジムに通っている人が多いです。


佐々木常夫

上司の上司、課長なら部長、次長なら本部長というように2段上の上司との付き合いも大切にしてきました。実は、2段上の上司も、自分の部下のそのまた部下の話を聞いてみたいと考えているのです。たとえば部長なら、すぐ下の課長が部下からどう評価されているのかを、とても気にしています。そんなときは褒めるのが常道です。でも、10回に1・2回はネガティブな情報を入れてもいいでしょう。そんな関係をつくっておくと、いざというときは親身になって相談に乗ってくれるものなのです。


松本大

ソロモン・ブラザーズに入社して最初に与えられたのは、債券先物市場などのマーケティング業務でした。朝6時に出社して、前日のニューヨーク市場での値動きをチェックし、8時から始まるミーティング資料を作成。それ以降は経済統計の内容をレポートにまとめてセールス担当者に渡す、といったことを日々くりかえしていました。地味な仕事で、先輩や同僚の中には愚痴をこぼしている人もいましたが、僕は「隣の芝生は青いと腐っていたらダメだ。まずは自分の足元の草から食べないと」と思っていました。


寺田尚樹

妥協なくプロ向けに作るからこそ、実用から離れた製品に価値と面白さが生まれる。