名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

福井正憲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

福井正憲のプロフィール

福井正憲、ふくい・まさのり。日本の経営者。老舗製茶会社「福寿園」社長・会長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業後、家業の福寿園に入社。専務などを経て社長に就任。

福井正憲の名言 一覧

広く使われるとブランドの効果はそれだけ薄くなり、大衆化してしまう。


ブランドは消耗品である。ブランドは守ってはいけない。育ててこそ、ブランドの価値が出る。


今日の利益のためよりも、明日の利益のために何をしたかが一番。自分だけのためにするのではなく、次の時代のために何をするのかが常に念頭にある。


様々な会社からビジネスの誘いがやってきます。そのときの判断基準は、会社を存続させるということ。それは死守しなければなりません。


事業は一度決めたら途中下車できない。


やって良かったし、やらなくても良かったかもしれない。どちらも一緒です。成功するまでやればいい。


今は宇治茶を売りに行ったらダメ。買ってもらうだけでもダメ。それはもう通用しない。


大事なことは、お金を儲けようとあまり思わないこと。むろん損をするのは嫌いですが、商売は金儲けのためにするのではありません。社会のために何をするのか。社会に貢献しなければならない。それが人間の生きがいであるし、そのプライドが大事。


福寿園には200年以上の歴史があるわけですが、やはりサバイバルできた一番の要因は、その時代に価値あるものを提供してきたからです。目先が利くというよりも、その時代に存在価値ある企業として生きてきた。


私は商売では一切手形を出していません。すべて現金決済です。しかもむやみに事業も拡げない。お金のあるだけ、銀行が貸してくれるだけの範囲で仕事をしています。


私は「二兎を追う」のが好きなんです。経営判断において二つの選択肢があった場合は、必ずどちらも正しいんです。一つだけ正しいということはない。経営には常に複数の案があるということです。だから、どちらを選んでも正しいわけです。


福寿園の歴史を振り返ると、その時代に価値ある企業であったからこそ、生き残ってきたのだ。単に守るのではなく、その時代に価値あるものを提供してきたからこそ今日がある。


福井家の家訓は「無声呼人」。「声なくして、人を呼ぶ」です。戦後、バナナの叩き売りというものがありましたが、そうしたかけ声で売るのではなくて、良いものは自然に売れていく。逆にいえば、徳を積むこと、自分を磨くことによって人が集まる。お金を儲けるというより、商品にも徳や品格が必要であり、それがあれば、自然と商売は成り立つという意味が込められています。


福井正憲の経歴・略歴

福井正憲、ふくい・まさのり。日本の経営者。老舗製茶会社「福寿園」社長・会長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業後、家業の福寿園に入社。専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大東隆行

「自分一人では何もできない。すべては従業員のおかげ」という感謝の気持ちが大切です。それは経営者じゃなくとも、人の上に立つ人間は誰しもが持ってないといけないでしょう。


角田太郎(経営者)

恵まれたポジションを手放すからには、アマゾンでは絶対できないことをしたい。そう思った時部屋のなかを見渡したら約1万本のカセットが並んでいたわけです。僕はおそらく世界的なカセットコレクター。市場らしい市場がないのでカセットの入手は困難。でも入手困難だからこその「ありがたみ」があります。それこそ定額で音楽聴き放題の時代になって失われてしまったもの。


堀之内九一郎

ものごとを頭だけで理解して、わかったような気持ちになっている人が、このところ増えているように思います。落ちたときの痛みを体で知って初めて、これまで自分がどんな場所にいたかを知ってぞっとするのです。怖さを知るのです。身を持ってその怖さを知った者だけが、二度と同じ過ちを繰り返さずに前進することができるのです


遠山正道

これから社会に踏み出そうとする若い方々には、ひとつ理解しておいてほしいことがあります。それは、何事もオリジナルであればこそ人々を面白がらせることができるし、自分たちも堂々と楽しめるということです。人の意見を借りてきたり、物まねを続けたりしたら、いつまでたっても奥歯に物が挟まったような話し方しかできない大人になってしまいます。


吉田忠雄

他人の繁栄を図らなければ、自らも栄えない。私はそれを善の循環と呼んでいる。個人や企業の繁栄が、そのまま社会の繁栄へとつながっていく。池に石を投げると、波紋が大きな輪になって広がっていくように。


大橋徹二

コマツは、この10年間で、固定費をほぼ横ばいに保ちながら、売上高を倍増させました。市況が厳しい今のうちに利益率を高める努力を続けておけば、10年たった時に業績が飛躍的に伸長しているかもしれません。


大前研一

私は、これからしたいことがたくさんある。だから、週末ごろ寝なんてしたことがない。


ゲーテ

何ごともはじめは難しいということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には何事もはじめは容易だ。最後の段階に登ることこそ一番難しく、これに登り得る人間は稀だと言える。


加藤勝信

現状に特段不便を感じていない人は、無理をして変える必要はありません。そうではなく、例えば働きたいとの希望を持ちながら働けなかった人たちなどが働き得る環境を作っていく。そうなれば、今まで以上に多様な人たちが職場に入ってきます。その結果、いろいろなアイデアが持ち込まれ、新たな商品やサービスも生まれるかもしれない。まさに、イノベーションが起こり、生産性が上がり、給料が上がっていくという流れが見えてきたら、現状維持でいいと思っていた人も、「ちょっと待てよ」と思うようになるのではないでしょうか。新しいことをやってみよう、ここを変えてみようと考える人が増えていく。


上田渉

いつでもどこでも仕事ができるようにするために。以前は多くの物を持ち歩いていましたが、今は「ノートパソコン」「スマートフォン」「充電器」の三種の神器だけで十分。以前はタブレットも持ち歩いていましたが、今はスマートフォンで大抵のことは事足りるので、持ち物リストから外しました。


家本賢太郎

会社が何をビジョンとして掲げているのか、何を理念としているのか、思いを一緒にしてもらえるかが重要です。弊社の場合だと、「アジアでナンバーワンのインターネットプラットフォームカンパニーを目指す」というビジョンを繰り返し話し、共有してもらっています。


八郷隆弘

ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。