名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

神野直彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

神野直彦のプロフィール

神野直彦、じんの・なおひこ。日本の経済学者。「日本社会事業大学」学長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。日産自動車勤務を経て、大阪市立大学経済学部助手・助教授、東京大学経済学部助教授・教授、東京大学大学院経済学研究科教授・研究科長・経済学部長、関西学院大学人間福祉学部社会起業学科教授、日本社会事業大学学長などを務めた。

神野直彦の名言 一覧

我々が考えなくてはならないことは物事の本質をどう捉えるか。貨幣とは何だったのか、社会とは何だったのか、最終的には人間とは何だったのかという基本的な問いを発しないと抜けられないような、非常に根源的な危機の時代にあるのではないか。


本来、リーダーというのは、オーケストラの指揮者のように不協和音が出ないようにパーツ、パーツを上手くまとめていく責任があるんですよ。しかし、今は自らのパーツだけを追求していく社会になりつつありますから、非常に危険なことだと思います。


結局、人間が未来に対する不安と恐怖におびえている。そのため、社会というものが人間を単なる労働力の手段としてしか考えなくなり、人間を手段とする社会になっているのです。しかし、当然ですが、社会というのは、人間を目的とするために形成されている。昨今の「人間を手段」と位置付ける経済学を、「人間を目的」とする経済学に鋳直さなければならない。


宗教的な原理主義、ファンダメンタリズムと大衆の不安を煽るような国家的な原理主義が台頭してきて、それがお互いに増幅し合って対立や憎しみが煽られる時代になってきました。性(さが)なのか何なのか分かりませんが、その背景にあるのはやはり、人間と人間の結びつきが弱くなってしまったことの不安感です。


今は人類が歴史の峠に直面していると言っていいでしょう。未来を信じられた時代が終わり、未来を信じられなくなった時代に足を踏み入れようとしているのです。世界的に見ても不安感が出てきて、変な意味で人々が人間の結びつきを取り戻そうとする。人間と人間の結びつきが分断されたという不安感が、伝統的共同体への純粋な憧憬を呼び覚まし、暴力的にでも伝統的共同体を復活させようとする社会的反動を生じさせるのです。


一気に転換期に差し掛かっているからこそ人間は不安になるのではないでしょうか。こういう時こそ、人間は知恵のある動物、ホモサピエンスですから、どうやって乗り越えていくかを考えなくてはなりません。また、これらの問題は少なくとも人間がつくり出したものですから、必ず人間が解決できるはずです。その意味では、あまり絶望ばかりしないで、最後の力を振り絞って解決策を見つけていくべきなんだろうと思いますね。


現在の経済を見ても、根本的なことを問わないと混乱しますよ。マイナス金利とは何だったのだろうか。ビットコインなどの仮想通貨が出てきたのは何だったのか。私たちはやはり、貨幣とは何だったのだろうかという根本的なことを問うていかないと、どうも今の社会は景気が良いか悪いかという貨幣価値換算だけで物事を判断しているわけですね。やはり、今の経済や社会が本当に人間にとって幸せなのかを真剣に考えなくてはならない時期に来ているからこそ、私たちは踊り場から上がるべき階段が見えていないような気がします。


AIが発達し、人間の頭脳を超える時代、つまりシンギュラリティの到来が予想されていますね。そういう時だからこそ、私たち人間とは何だったのだろうか。AIというのはある種の計算機ですから、計算機を超える能力を備えるにはどうしたらいいのかという根源的な問いをしなくてはなりません。AIに仕事を奪われると言って脅える必要は無くて、私は人間がAIを含めたコンピューターを使いこなせるように進化すればいいと思うんです。


要するに、新自由主義というのは、共同体的人間関係から解放された、自分さえよければ何をやってもいいと考える打算的人間観とでもいうようなものを前提としています。しかし、自国の経済状態を改善するために他国の経済状態を悪化させるような経済政策をとる「近隣窮乏化政策」のようなことをし始めたら、当然、他の国々もそれに対抗するような措置を取りはじめますので、憎しみがどんどん深まっていきますよね。


私が思い出すのは、セネガル初代大統領のサンゴールという人の言葉です。彼はネグリチュード運動(西欧諸国による抑圧・差別に対し黒人固有の文化を高揚しようという運動)を起こした有名な文学者で、「温かい手と手をつなぐこともない、旅立ちの苦しみ」という言葉を残しています。これは様々な地域紛争や何かで難民になって国外に出ていく人々のことで、もともとは地域で温かい手と手を取り合って生きてきたのに、何らかの状況で出て行かざるを得なくなった。しかし、逃げて行ったところで温かい手と手を取り合えるような自分たちの社会をつくれるかというと、そう簡単なことではないだろうと。やはり、そもそも人間は温かい手と手を取り合って社会を形成して生きている。そういう価値観を今一度、日本においてもどこかで培養していってほしいと思うのです。


神野直彦の経歴・略歴

神野直彦、じんの・なおひこ。日本の経済学者。「日本社会事業大学」学長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。日産自動車勤務を経て、大阪市立大学経済学部助手・助教授、東京大学経済学部助教授・教授、東京大学大学院経済学研究科教授・研究科長・経済学部長、関西学院大学人間福祉学部社会起業学科教授、日本社会事業大学学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林庄一郎

スパルタ教育で知られる旅順高校の合宿生活で学んだものの中で、後年私に一番役立ったことは、集団生活での互いの助け合いと、忍耐心を養ったことです。一人っ子でわがままいっぱいに育ってきた私が、合宿生活では他人の歯ブラシを使ったり、終わり湯の汚れた風呂にも平気で入れるようになったのは、集団生活の中では個人のわがままは全く通用しないことを悟ったからです。関西電力で労務担当として組合との折衝に当たった時など、この時代に身についた忍耐心が大いに役立ったものです。


廣田尚子

自分では天職かどうかはわかりませんが、いまの仕事の面白さは、社会人になってから実感しました。良くも悪くも自分の力を正直に見切る力があれば、天職は見つかるのではないでしょうか。


松田雅也

いま漁師さんが産地の市場に販売する額が約1兆円といわれています。築地や卸業者を通って飲食店に納入されるときには、それが約3兆円になっています。つまりそれだけ中間流通のコストがかかっているわけです。私たちは市場から買うだけでなく、漁師さんに直接オーダーをして買い付けたりしています。だからものによって安くて新鮮なものを仕入れることができます。


酒巻久

重要なのは、ドラッカーの言う「選択と集中」です。まさに、選択しなければなりません。ただ、日本の企業が間違っているのは、選択できない人に選択させていることです。選択できる人を育成する必要があります。


北尾吉孝

株式投資の場合、ファンダメンタルズのいい会社、つまり企業として基本的な収益力を備えた会社を選ぶことです。それが長期投資を可能にします。株価が下がっても焦って売る必要がないからです。「辛抱万人力」という言葉がありますが、ファンダメンタルズのいい会社なら、しばらく辛抱して相場全体の回復を待てばいいのです。


小暮真久

自分の人生で最も大きな部分を占めているのは何かといったら、それは仕事にほかなりません。僕は自分のエネルギーの8割は仕事に割いていると思っています。その8割の時間を満足いく働き方で充実させた方が、確実に幸せになれる。僕はそう考えています。


坂野尚子

毎朝出社したら、メールの返信といった「考えられる間もなく終わらせられる仕事」から片づけます。朝は早い方なので、部下が出社するころにはひととおり片付いています。こうすると、気分よく一日をスタートできますし、部下の仕事の効率も上がるので、一石二鳥です。


山元賢治

人間の能力は直線的に成長するものではありません。努力をしたら、そのぶんだけ成長を感じられるわけではないのです。あるとき、後ろを振り返ってみたら、自分の成長に気づく。そういうものです。


古川雅一

早起きを続けていると、夜更かしよりも早起きに価値を見出すようになる。それが現状維持バイアス。早起きして何か得をすると、今度は早起きしないと損した気になる。それが保有効果です。朝活は習慣化できれば、自然に続けられるようになるはずです。


有馬利男

改革は「このままではダメなんだ」と本気で理解できる人が何人いるかで成否を分けます。私は経営陣や経営企画の社員と合宿を重ねました。そこでは異業種からの参入の可能性だけでなく、数年後には創業以来の赤字に転落していくというシミュレーションを見せました。そして役員たちに現場を回って改革の意義を伝えてもらいました。


柳井正

経営とは矛盾を解決することに尽きると思います。矛盾は解決できると思わないと駄目だし、矛盾解決が社長の役割です。


森健次朗

「集中力が続かない」という悩みを持つビジネスマンも多いと思います。しかし、集中力が持続できないこと自体は、まったく問題ありません。周りから「なぜ、あの人は集中力が続くのか」と思われている人も、実際にはずっと集中しているわけではないのです。むしろ、「集中」と「リセット」を上手に繰り返しているのです。