名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

神谷正太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

神谷正太郎のプロフィール

神谷正太郎、かみや・しょうたろう。トヨタの社長・会長。トヨタのディーラー体制の基礎を作った経営者。販売の神様と称えられている。名古屋市立商業学校卒業後、三井物産に入社し米国と英国の駐在員として7年勤務。三井物産退職後、ロンドンで神谷商事を創業するも大規模ストライキが起き廃業。帰国後は日本ゼネラルモータースで副支配人まで勤める。その後、生まれ故郷の愛知で豊田喜一郎にヘッドハンティングされトヨタに役員待遇の販売担当として入社

神谷正太郎の名言 一覧

神谷商事の設立とその失敗を通じて、ひとつの人生観を体得した。それは、過去のことにくよくよせず、大勢を見通したうえで、その流れに逆らわず、新しい人生を求めよという考え方である。
【覚書き:三井物産退社後、鉄鋼問屋神谷商事で起業するも、金融恐慌の経済混迷で廃業に追い込まれた時を振り返っての発言】


経営者には六段階の時期がある。

  1. 社長個人でお金を儲けようとする時期。
  2. 会社として利益を生み、蓄積を考える時期。
  3. 売上高や社員を含めて、会社全体を大きくしたいと願う時期。
  4. 人や組織作りに一生懸命になる時期。
  5. 業界や、世の為、人の為に尽くす時期。
  6. 死んだとき悪口をいわれないように努める時期

私は決して経営の多角化を目指していたわけではない。モータリゼーションが進展しやすい環境を作ろうとしただけである。需要の拡大は潜在需要の開拓にあるが、その潜在需要層が存在しなければいかんともしがたい。つまり、需要開発の出発点は潜在需要層の育成にあるのだ。


神谷正太郎の経歴・略歴

神谷正太郎、かみや・しょうたろう。トヨタの社長・会長。トヨタのディーラー体制の基礎を作った経営者。販売の神様と称えられている。名古屋市立商業学校卒業後、三井物産に入社し米国と英国の駐在員として7年勤務。三井物産退職後、ロンドンで神谷商事を創業するも大規模ストライキが起き廃業。帰国後は日本ゼネラルモータースで副支配人まで勤める。その後、生まれ故郷の愛知で豊田喜一郎にヘッドハンティングされトヨタに役員待遇の販売担当として入社

他の記事も読んでみる

高井伸夫

「すみません」とペコペコ平謝りすれば済まされると思っている人は案外少なくありません。「すみません」の安売りは軽蔑の的となるだけなのです。言うまでもなく、謝罪は自分がよくないことをしたと正確に認識するところから始まります。この前提条件があって、はじめて謝罪の言葉に真実味が出てきます。顧客や取引先といった外部の人、また上司など社内の人に対しても「すみません」を連呼すると口先だけのお調子者か、弱腰の人間だと思われるだけです。


神尾友信

せっかく患者さんの病気や怪我を治しても、医師の態度が悪ければ、医療の満足度は上がらない。これほどもったいないことはありません。治すことが医師にとってのゴールであり、それを達成したにもかかわらず、接遇によって台無しになる。病院はこのような事態を避けなければならない。


青井忠雄

私の「ほどほど哲学」の取材を受けると「これだけ成長していて、どこがほどほどなのか?」と質問されます。私はこう答えるようにしています。「何事も、やりすぎても、やらなすぎてもいけない。企業の経営も人間の生き方と一緒で、上っすべりに調子に乗ってやりすぎれば必ずけがをする。前をきちんと見つめて、慎重に自分の足元を確認してから、次の一歩をじっくりと踏み出す。それが成功に結び付く秘訣であり、私が実践している「ほどほど哲学」なのです」


美輪明宏

世の中の人は願い事が叶うように何かとご先祖さまや神さまを拝んだり、占い師に頼ったりします。わざわざ遠くのパワースポットを訪れることもあるようです。まあ、それも悪くないかもしれませんが、もっと確実で身近なパワースポットに気付くべきです。自分自身の微笑みが、それです。


岡田唯男

大事なのは睡眠時間の「長さ」より、睡眠の「質」の部分です。「朝スッキリ目覚められない」「熟睡感が乏しい」「昼間強い眠気を感じる」といった場合には、睡眠に何らかの問題を抱えている可能性が高いといえます。


白川敬裕

本業で自分の頭を活性化するには、自分にはちょっとハードルが高いと思われる仕事にあえて挑戦することです。いままでの自分のスキルと知識では到底太刀打ちできないという危機感もまた、人を勉強に駆り立てるエネルギーだからです。


吉田穂波

したいことがあるとき、「時間がないからできない」と決めつけるのは禁物です。思い切ってしてみると、驚くほど大きなパワーが発揮できるもの。時間がないときこそ、実はチャンス。


藤田晋

目標を細分化し、スタンプラリーのようにして達成度を可視化するのもオススメ。子供の頃、早朝のラジオ体操に参加し、ハンコをもらってうれしかった記憶はありませんか? それと同じで達成度は、できるだけ見える形にした方がいい。できればそれをチームで共有するのが望ましい。目標を達成した時は、1人よりみんなで喜んだ方が数倍うれしいからです。


清水亮

エバーノートに何を保存するかについては、考えすぎず、関心のある情報すべてを保存することをお勧めします。「エバーノートは第二の脳」という表現があります。興味を持った事柄すべてを記録できるツールだからですが、生身の脳との違いは、時間が経っても忘れないこと。何かを見て「面白いな」と思うだけでは、いつか記憶が薄れます。しかし、エバーノートに保存したものは、削除しない限り消えません。つまり、脳の「忘れる」という性質を補完できるツールなのです。


齋藤孝(教育学者)

私は書籍の編集者に企画を提案する際、タイトル案を書き込んだコピー用紙を本のカバーに見立てて、ついでにオビのコピーまで書き込んで見せることがある。相手が編集者だけに、いろいろ理屈を並べるより、この方がイメージを共有しやすいのだ。私の著作が人並み外れて膨大な理由の一端はここにある。


藤井薫(経営者)

やる以上、この業界でトップになる。メーカーとしては最後発。一人でスタートした会社だが、いつか日本一、世界一になってやる!
【覚え書き|飛行機・船舶・ロボットなどから製麺機械分野に移った当時の発言】


前田晃伸

高校時代をひと言でいえば、異質の若者がごちゃ混ぜになった感じというか、それぞれがお互いの価値観を尊重しながら、日々過ごしていたんですね。いろんな価値観を持つ仲間たちに出会えたことは、本当に貴重な人生体験だったと思います。