名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

神永正博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

神永正博のプロフィール

神永正博、かみなが・まさひろ。日本の理学博士。東北学院大学電気情報工学科教授。東京都出身。東京理科大学理学部第一部数学科卒業、京都大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。東京電機大学理工学部情報科学科助手、日立製作所勤務、東北学院大学工学部電気情報工学科専任講師・助教授などを経て教授に就任。

神永正博の名言 一覧

統計学の基礎を知っておくことで、データに惑わされず事実を正しく把握することができるようになる。少なくとも、真偽不明のデータに騙されることは減るでしょうし、信頼できるデータも見つけやすくなるでしょう。


慣れや飽きは世の中の流れや動きを見るのには重要な要素。予測には統計に限らず心理学的な検証も必要。


統計だけではなく、歴史を学ぶこともおすすめです。過去を学ぶことで、現在を理解するという点で統計と共通しているからです。それに、普遍的な知識という意味でも共通しています。数字に対する理解と人間に対する理解はいつの時代も変わりません。変化の激しい時代に対応するために、統計も歴史も強力な武器になるのではないでしょうか。


統計は、過去のデータがあって初めて意味があるもの。一部を切り取ったデータを調べても、「たまたまそうだった」という可能性を拭えないからです。過去のデータを含め、全体の流れを理解することで初めて生きたデータとして活用できます。


世の中で今何が起きているのか、その検証に、統計を使うことは欠かせません。しかし、その統計で全てを実証することはできません。ただ、正規分布などの知識を持っていれば、今が平時なのか異常なのかを見極める助けになります。限界と効用を理解した上で統計を使えば、ムードに流されて判断することを避けられるでしょう。


現在は「平均」を見るより、市場の混乱に乗じて、いかに利益を生むかの方に研究の対象が移っています。高度成長期など上昇相場では「平均」に長期投資しても儲けを出せます。しかし、今のように下落や低迷が続くときは長期で平均に投資するより、統計でいう「分散」、平均との差にどれだけバラツキがあるのかに着目する方が、儲けを出せます。もちろんその一方で損する可能性も大きくなるのですが。


アカデミックな世界では、結論を出す前にさまざまな方向からの検証はなされます。ただ人々の気持ちのようなものは「雑音」として排除し、きれいな数式で分析できるできるものにまとめてしまいがちです。サラリーマンを経験したことで雑音も含めて分析するクセを身につけることができました。


数字は一見、客観的に見えますが、実際には使う人の意思が入り込んでいます。また時には数字が使う人の意思を超えて一人歩きすることもあります。こうした実社会の現実を目の当たりにして、片方向からの見方では不十分で、反対方向からも検証する習慣を自然と身に付けたのだと思います。


企業の中では「予算を通す」「企画のゴーサインをもらう」などのためには、稟議を通さなくてはなりません。意思決定の場で使う数字の巧拙で、思い通りに事を運べたり、逆に保留や中止、見直しに甘んじます。


平均値が実感とかけ離れているのはなぜなのでしょうか。たとえば、一般的な収入で暮らす百人の村人が住む地域に、ビル・ゲイツが引っ越してきたとしましょう。すると、その地域の平均年収は突然何億円にも跳ね上がります。平均値は極端な値に弱く、一番上の値が他とかけ離れていると、そこに引きずられて平均値が劇的に上がってしまうのです。つまり、総収入を村人の数で割って年収全体を均(なら)しても、極端な値が底上げした値に騙されるだけなのです。とくに、富裕層の収入は株式や不動産投資といった資産所得が大きなウエイトを占めるので、株式市場の変動に敏感に反応してしまいます。


神永正博の経歴・略歴

神永正博、かみなが・まさひろ。日本の理学博士。東北学院大学電気情報工学科教授。東京都出身。東京理科大学理学部第一部数学科卒業、京都大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。東京電機大学理工学部情報科学科助手、日立製作所勤務、東北学院大学工学部電気情報工学科専任講師・助教授などを経て教授に就任。

他の記事も読んでみる

深沢真太郎

数字を分析するうえでは、ただ計算すればいいというものではなく、この数字で何をしたいのかという目的意識を持って数字を扱うことです。普段から「これはどういう数字だろう」と数字を読み、「このように操作したらどうなるだろう」と想像し、確かめる。これを繰り返すことが、目的意識を持って数字を扱うトレーニングになるでしょう。


村上太一

「相手に合わせるというのは、自分を偽っているような気がして気が進まない」という人がいるかもしれません。でも、それはちょっと違うと私は思います。一人の人間には多種多様な面があります。だから、どんな相手に対しても合わせられる面が自分のなかにはあるはずなのです。相手に合わせて無理やり自分を変えるのではなく、相手に応じて違った面を見せるのだと考えれば、一見自分と共通点がなさそうに思える相手にも、心からの関心を持つことができるはずです。


ルイス・バークスデール

全寮制の狙いはいくつかあります。まず24時間体制の教育を行いたい。教員・職員・学生の全員でひとつのコミュニティーをつくり、そこで一緒に学んでもらいたいのです。アメリカで主流になりつつあるSTEM(ステム)教育を導入し、数学・理科、初期レベルの工学の授業もすべて英語で行います。


中村邦夫

「プラン(計画)、ドゥ(実行)、チェック(確認・検証)、アクション(検証を踏まえて再実行)」を任されれば人は総じて意欲的になるものです。勉強にしろ仕事にしろ、親や上司に強制されてやっているうちは本物ではない。本来は誰でも好きなジャンル、得意分野を持っているはずだ。


ジェイ・エイブラハム

本を読むことも大切ですが、優秀な人との生の会話ほどためになるものはない。


角野卓造

私の妻は女優の倉野章子で、ある時、彼女が私にこう言ったのです。「一回、いい仕事をすると絶対次につながるから」。その言葉を私はこういう風に解釈したんです。「いい仕事をしなければ次はない。ギャラの倍以上の仕事をしよう」と。そう心掛けて仕事をしていれば、必ず誰かがその姿を見ていてくれるんです。


鈴木おさむ

たとえば、5つの課題があるとします。僕はそれに対し、それぞれ10個ずつ、計50個のネタを提案しました。これは努力を見せたいというためではなく、相手の求める方向性を探るためです。多くのアイデアを出せば、「この辺はいい」と、リアクションをもらえます。これを繰り返せば、打率はどんどん上がります。


岡藤正広

逆説的ですが、自分が儲けるためには、パートナーであるお客さんが儲かる仕組みを考えないといけません。ここは大事な点で、普通なら自分を起点に儲けの仕組みを考えがちですが、実際はそれではうまくいかないんです。商売を長期にわたって続けようと思ったら、双方が儲かる仕組みをひねり出さないといけません。


和嶋慎治

つらい経験を積んだからこそ、歌詞や曲にも幅が生まれたし、人の心がわかるようになった。あれは苦労知らずの自分にとって、必要な試練だったんだなと思います。


佐伯良隆

成長性の高い新興企業の場合、投資が増えるため、投資キャッシュフローはマイナスになりやすい。また投資により現金が不足しやすくなるため、借り入れが増え、財務キャッシュフローはプラスになる。


川越厚

在宅ホスピスケアが日本で始まった初期から、この分野の医療を確立するのに力を注いできましたが、私の医師としてのキャリアのスタートは実は産婦人科医でした。難易度の高いがん手術にも数多く挑み、臨床に明け暮れるモーレツ医師でした。当然ながら、治す医療の理想を追求していたわけです。ところが39歳の時、自分自身が結腸がんに罹患、死線をさまよいました。子供がまだ小さかったこともあり、医師でありながら死への恐怖に追い詰められる日々。また、同時に浮かんだのは、それまでの自分は患者さんの心に、本当に寄り添えていたかという思い。幸運なことにその後、がんは完治し、その時の経験が契機となって在宅ホスピス医へ転身しました。「治す医療」から「退く医療」へ。ホスピスケアでは患者さんだけでなく家族の方と密接に情報交換をして、恐怖や不安や痛みを取り除き、安心を提供できるか否かが問われます。その時、自ら死と向かい合った経験が生きていると感じています。


嶋津良智

「報連相のルールを決めておく」ことも重要。どのようなタイミングで、どのような報告を受けたいと思っているのかを部下と共有しておくのです。たとえば、「仕事の総完成までに、これらのポイントを踏まえて、これらのタイミングで3回報告してほしい」と指示します。報告のルールを共有しておけば、「なんであいつは報告してこないんだ」とイライラしたり、「上司は自分の都合のいいときだけ進捗を聞いてくる」といったストレスをお互いに溜めることなく仕事ができます。