名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

磯部任の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

磯部任のプロフィール

磯部任、いそべ・つとむ。日本の経営者。「アマダホールディングス」社長。北海道出身。法政大学法学部卒業後、アマダメトレックスに入社。アマダ秘書室長、取締役などを経て社長に就任。

磯部任の名言 一覧

配当を上げると、いったんは市場で評価される。けれど、恒常的に認められるためにはやっぱり、事業のベースがしっかりしていないとダメ。


ホールディングスという形に組織を変えたのは、アマダを強くするための一つの策です。それ以前は、開発・製造部門と販売部門が一緒にあることで、問題点を明らかにすることが難しくなってきていました。作る側は「販売が安売りをしている」と言い、売る側は「開発が市場を理解していない」と言う。社内分社にとどめてもよかったのかもしれないけど、別会社にして、それぞれの課題と責任を明確にしました。


磯部任の経歴・略歴

磯部任、いそべ・つとむ。日本の経営者。「アマダホールディングス」社長。北海道出身。法政大学法学部卒業後、アマダメトレックスに入社。アマダ秘書室長、取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大坪清

希望とは、与えられるものではなく、いろいろなことを学びつつ、成長し変わっていく新たな自分を発見することだ。そのためには、理想を胸にいつまでも若々しい感性を持ち、何事からも学びとろうという姿勢が大事だ。


ジャック・マー(馬雲)

私は、ビジネスは楽しくて、笑顔をもたらすものでなければならないと思っています。すべての人に楽しく、笑顔で仕事をしてほしいと願っています。


杉野正

コストダウンだけをやっていれば、会社の活気は次第に失われていきます。それよりも、面白い企画を考えて、増収を目指したほうがいい。


嶋浩一郎

世界に誇る日本独自のクールな飲食スタイル「回転寿司」も、ひょんなきっかけから生まれました。「元祖廻る元禄寿司」の創業者が発明したのですが、きっかけは飲食店組合の行事で行ったビール工場見学でした。ベルトコンベヤーで流れているビール瓶を見て、「こんな感じで寿司が客のところまで運べたら手間がかからないのに」と思ったそうです。試作機で難航した回転台のカーブ部の機構も、名刺を扇形に開いた時に「この形にすればいいのでは?」とひらめいたそう。だから回転寿司は、会社員が最もなじみのある「ビール」と「名刺」から生まれたと言ってもいいかもしれません。


水谷弘隆

英語に限らず、どんな勉強でも成功するかどうかはモチベーション維持がカギです。TOEICはスコアによって現在の英語力や目標までどの程度不足しているかが明確にわかります。年8回と受験機会も多いので、いいリズムを保ちながら勉強が続けられます。


野村克也

「イチローの弱点を徹底的に見抜いてやろう!」。そう思ってスコアラーも交えて、徹底的にイチローのビデオを見て、分析したんだよ。出た答えは「攻略法がない。打たれるのは仕方ない」(苦笑)。じゃあ、どうしたか? 俺はマスコミを使ったんだ。テレビ局の取材で「ああいう特別な打者は逃げたら必ず打たれる。だからイチロー攻略には危険を承知で、思い切って内角中心で攻めさせます」と大胆に宣言した。それもイチロー、そしてオリックスの仰木監督の耳に届くようにな。そしてシリーズが始まると、イチローが打席に立ったとき、思い切って外角攻めをした。コメントで内角を意識させておき、逆をついたわけだ。さすがの天才も崩れたよ。シリーズ中はイチローの打率を2割台に抑えて、ヤクルトは4勝1敗で日本一になった。


佐々木常夫

仕事の重要度に応じてプライオリティ(優先度)をつけることも効果があります。仕事の軽重を見極め、重要度の高い仕事に集中するわけです。もちろん、雑用であっても、しなくてはならない業務もあります。それは後回しにするか、他の人に任せればいい。プライオリティの高い仕事を選択し、自らデッドライン、締切を決めて追い込んでいくのです。


土岐泰之

簡単にはいかないと思うからこそデジタル化への挑戦が面白い。


石田忠正

産業により特殊性や違いがあるのは当然で、赤字からの脱却にしても、業界が違えば具体策はもちろん違ってくる。しかし、どんな大組織にしても、突き詰めればすべては一人一人の意識にかかっている。


助野健児

医薬品では、血液がんなどの抗がん剤やアルツハイマー病治療薬の開発、再生医療ではiPS細胞を用いた創薬支援や細胞治療などを推進している。これらを早く花咲かせるために、M&Aが必要ならばやる。


東原敏昭

中西社長(中西宏明・前社長)から学んだことは、自分の考えを明確に語ること。この点を見習っている。意思決定のスピードを速めるには、「私はこう思う」というものが必要だ。それがスピードの源泉となる。新人時代、仕事のイロハは中西社長に教えてもらった。


木村多江

これまでも「成功より、成長のために」と考えて、いろいろな役柄に挑戦してきましたが、この作品は本当に大きな転機になりました。見てくださる方にも、180度違う木村多江だなと思っていただけるのかなって。いまは公開後の反響を楽しみにしています。

【覚え書き|映画『東京島』の撮影を振り返って】