磯辺剛彦の名言

磯辺剛彦のプロフィール

磯辺剛彦、いそべ・たけひこ。日本の経営学者。「慶應義塾大学大学院」教授。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学で経営学博士号を取得。流通科学大学商学部助教授・教授、神戸大学経済経営研究所教授、慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、一般財団法人企業経営研究所所長を務めた。

磯辺剛彦の名言 一覧

イノベーションは個人の天才的なひらめきから生み出されるものではなく、普通の人が普段の生活のなかで気づくもの。


イノベーションとは社会の「不(不便・不安・不満)」をなくすこと。その結果、市場が生まれる。


環境変化のなかにこそ、事業機会は宿る。


企業が追い風に乗っているとき、その成長をどうとらえるか。私は、成長は経営者がコントロールすべきものだと考えます。ある状況ではアクセルを踏み、違った状況ではブレーキを踏む。これも経営者の重要な役割。


イノベーションは結果から見れば大変革のように映る。しかし、元をたどれば小さな発見や気づきが、その端緒となっているケースが往々にしてある。


「伝統」には、ある意味「規範」のような拘束性があります。しかし、そこから少し目を転じて、相手方の嗜好に合い、しかも斬新な魅力も備えたものづくりを突き詰めていけば、日本の工芸品や工業製品は、もっとグローバルワイドに受け入れられていくのではないか。


今世紀に入って、日本も激しい環境変化に晒されていますが、このような時代には2つのタイプの機会が現れます。ひとつは、品質はともかく低コスト・低価格というローエンドの事業機会。いわゆる破壊的イノベーションと呼ばれるものです。実は、今の日本の製造業の多くが、このタイプの競争で苦戦しています。もうひとつは、社会的な困りごとというニーズの出現です。路線バスがなくなった、近くのスーパーが撤退したなど、生活者の不便や不安といった「不」を解消するニーズです。これこそが、先進国として、多様な課題を抱える日本に必要な事業領域です。ただ、後者の場合は、社会的な価値と経済的な利益をいかに両立させるかが大きなテーマになります。


磯辺剛彦の経歴・略歴

磯辺剛彦、いそべ・たけひこ。日本の経営学者。「慶應義塾大学大学院」教授。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学で経営学博士号を取得。流通科学大学商学部助教授・教授、神戸大学経済経営研究所教授、慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、一般財団法人企業経営研究所所長を務めた。

ページの先頭へ