名言DB

9412 人 / 110637 名言

磯貝實の名言

twitter Facebook はてブ

磯貝實のプロフィール

磯貝實、いそがい・みのる。日本のべっ甲細工職人。「ベッ甲イソガイ」代表。高校卒業後、自動車エンジン技師を経て実家で修業。その後、べっ甲職人として独立。

磯貝實の名言 一覧

私は必要に迫られ、新たな挑戦をせざるを得なかったのですが、適応できない職人も数多くいました。しかし、そんな中で生き残ってこられたのも、一つのべっ甲細工に固執しなかったからだと思います。得意なジャンルがあるのは結構なことですが、それだけに特化しすぎるのは弱点にもなり得るのです。


(ワシントン条約によって原材料の輸入が禁止されたので)先代がストックしていた原材料を、無駄遣いしないよう、べっ甲細工を作っています。たとえば、異なる素材と組み合わせ、べっ甲をアクセントとして使用したり、端材を利用して洋小物を製作しています。


磯貝實の経歴・略歴

磯貝實、いそがい・みのる。日本のべっ甲細工職人。「ベッ甲イソガイ」代表。高校卒業後、自動車エンジン技師を経て実家で修業。その後、べっ甲職人として独立。

他の記事も読んでみる

堤康次郎

売るときは大いばりで売ってやれ。買うときはいいものを安く売っていただくんだ。


岩井俊憲

目的を置き去りにした目標は、単なるスローガンにすぎない。


渡邉幸義

余裕がなければ損はできない。余裕を持つためにどうするか、考え続けることが大切。


高島郁夫

平常のときは誰だって頑張れます。ところが、崖っぷちに立たされたとき、気力・体力が続かず、負けてしまう人が意外と多いと思います。瀬戸際で持ちこたえるには踏んばる力がいります。自分の場合、その力は、体を鍛えることによって培われた気がします。


小林弘人

ユーザーのコミュニティ化のポイントは「可視化」です。例えば、ある自動車メーカーは休日にファンを集めて、工場の一部を開放している。開発者も参加し、ユーザーの質問に答えてくれる。それを続けることで、リピーターも増えるし、ユーザー同士が感想を語り合ったりもする。肝心なことは、これらがすべてウェブ上で可視化されているかということです。こうした取り組みをしていても、きちんと外に発信しないと、ユーザーは反応しようがない。企業がオープンな姿勢で情報発信すること、そしてユーザーが関われるような窓口を作ることが大切です。


澤上篤人

「人々が生きていくうえで必要不可欠な商品を作る会社」は、どんなに株価が上がろうと必す買われます。もし彼らに頼まなければその商品や技術が手に入らないとなれば、大枚をはたいてでも買う客がいる。だからこうした会社は、10年、20年先も隆々と生き残れる。


福田千里

仕事にしても、野球にしても、踏み出したからには絶対に強くならなければならない。それなのに、いつも負けてばかりいる大和の野球部に我慢できなくなってきた。専務時代のことだったが、私は進んで会社の野球部長をかってでた。幸いなことに、そのうちだんだん強くなって5期連続優勝ということになった。
【覚書き|証券業者同士の野球試合をしていたころを振り返っての発言。】


川端裕

自分の提案を上司に受け入れてもらうためには、日ごろのコミュニケーションがいかに大事かということです。上司がどんな仕事を抱え、何を重要視し、何を一番求めているのかを知る必要があるからです。


伊庭正康

「打ち合わせ中に、整然とメモなんて取れない」という人もいるでしょう。その場合は、あとでメモの内容を清書しても良いと思います。清書するなんて面倒だと思えるかもしれませんが、そのひと手間を加えることで、打ち合わせの内容が整理でき、あとでわからなくなることを防げます。長い目で見たら、清書したほうが良いというわけです。


原田泳幸

中国の市場を細やかに分析し、現地化するべきところをしっかりと見極めたことが、今の中国事業の成功の要因といえますね。


斎藤祐馬

私が中学生のころ、父が脱サラして自分で旅行会社を始めました。最初は大変でした。私も一緒に会社のビラを配ったし、母は専業主婦だったのに新聞配達と集金をやるようになりました。でも、父は充実していたと思います。仕事は苦労が多かったようですが、勤めていたころと違って表情が活き活きとしていました。その様子を見て、やりたいことがある人がやりたいことを仕事にし、きちんと生きていける世の中になればいいのにと。これが私の原体験です。


谷繁元信

運が良かったのはチームに、ボビー・ローズという外国人選手がいたこと。僕は彼と仲良くしていて、シーズンオフにローズがすごく努力しているのを知っていた。アメリカから日本に戻ってくると、毎年のように見違える体に変わっていくんですよ。年々、少しずつ大きくなっていた。それで、僕はローズに教わりながらウェイトトレーニングやランニングの量を増やしていったんです。身近にいいお手本がいた巡り合わせの良さと、自分でやらなくちゃいけないと感じたタイミングが一致した幸運。今思うと、あの時、プロでレギュラーを張る基礎が作られたのかな、と。


マーク・トウェイン

10月は、株式投機にはとくに危険な月である。それ以外に危険な月は、7月、1月、4月、11月、5月、3月、6月、12月、8月、2月である。


竹田晴夫

まさに激動の時代だと思います。昔であれば、ただ完成された舗装道路の上を走っていさえすればよかった。しかしいまは違う。自分でバイパスを通したり、トンネルを掘ったりして進まなければいけません。しかも、その判断が一年遅れると、事業が十年遅れることになりかねない。


嶋浩一郎

忙しい人こそ、書店に行った方がいいと私は思います。私自身、かなりのワーカホリックですが、毎日1度は書店に行きます。なぜなら書店で棚を眺めているだけで、「今」が何となく分かってくるから。仕事でアイデアをひねり出さないといけない時、人は孤独になる。時間と自分との戦いです。そんな時、デスクでうなっていても何も生まれない。でも書店に行けば、今を生きている人々が欲しがっていること、知りたがっていることが、じわじわと伝わってくるのです。そうやって時代を感じるのは、仕事をするうえで、とても大切なこと。そのベースがあれば、企画のヒット率も上がるはずです。