磯崎叡の名言

磯崎叡のプロフィール

磯崎叡、いそざき・さとし。日本の官僚、経営者。国鉄総裁。東京大学法学部を卒業して鉄道省に入省。その後、国鉄副総裁、総裁。国鉄総裁を辞任したのち新都市開発センター社長に就任、サンシャイン60の建設を行う。その後、会長。

磯崎叡の名言 一覧

サービスとは「無事故、安全運転」以外の何ものでもない。サービスとは決して奇をてらった車両をつくることではない。
【覚書き:国鉄の総裁として国鉄改革を行ったことを振り返っての発言】


磯崎叡の経歴・略歴

磯崎叡、いそざき・さとし。日本の官僚、経営者。国鉄総裁。東京大学法学部を卒業して鉄道省に入省。その後、国鉄副総裁、総裁。国鉄総裁を辞任したのち新都市開発センター社長に就任、サンシャイン60の建設を行う。その後、会長。

他の記事も読んでみる

山本一成

よく言われることですが、人工知能に奪われる仕事は確実に出てくるでしょう。けれど「だから危険だ!」とネガティブに捉えるのは違うと思うんです。消費者として考えたら、明らかにAIは人間を豊かにする。生産性が上がり、安くモノやサービスが手に入るわけですから。また人工知能が導く答えが人間を超えるなら、将棋同様に政治や経済、環境などでも、人間では解決できない課題を簡単にクリアするかもしれない。私はそこに期待しているところもあるんです。


渋谷陽一

インタビューの方針は、まあ非常に普通ですよ。才能があると思った人の表現について、単純に聞きたいことを聞いていくだけです。僕の方法として、相手の表現を鑑賞したうえで自分なりの仮説やストーリーを考えて「あなたの表現をこう捉えています」と気をつかいすぎずにぶつかるという対決型のインタビューにする場合も多いですけどね。そうすることで、相手のいい言葉を引きだしていくんです。


鵜浦博夫

基本的には自前主義をやめようということをグループ各社と合意しました。NTTには一貫性のある設備やサービスを作りたいというDNAがあり、ややもするとほとんど自前で作っていました。なぜ自前で打たなければいけないのか。クラウド時代には、いいサービスは借りてでも使えばいい。いい設備は借りでも自分の設備として利用すればいい。


宮嶋宏幸

やはり専門性は非常に重要でしょう。まず、顧客がいま使っているモノよりも、もっと暮らしを快適にできる商品が揃っていること。ライフスタイルに合わせて、それらを適切に案内できること。そして、購入後のサポートがきちんとできることが重要だと思います。


アイスキュロス

英知は苦難からもたらされる。


夏野剛

日本の「特異性」を「先進性」と置き換えて、製品でも社会システムでも先進的なことをどんどん実験し、できた暁には海外に持っていくという方向に転換すべき。


越智仁

すべてを日本からコントロールするのは無理がある。案件ごとに本社の指示を仰ぐようなビジネスのやり方では、世界のスピードについていけない。日本では事業戦略のマネジメントを行い、日々のオペレーションや人材育成などは現地に任せるようにしていく。


西多昌規

失敗した、怒られたなど、怖い体験は、脳にとって頭を殴られたようなストレスに当たります。そのため、防御反応が働き、脳内にノルアドレナリンという物質が放出されます。これは、注意喚起を促す物質で、動悸を高めるなどの緊張状態を引き起こします。そのため平常時より多くのエネルギーを消費し、疲れやすくなります。この緊張状態が長く続くと、自律神経の乱れ、血圧の止昇、食欲の減退、身体の痛み、ついには不眠症にもなりかねません。


大美賀直子

多くの人がやりがちなミスは、励まそうとして「頑張れ」と言ってしまうこと。目標まであと一歩という場合には効果があるが、落ち込んでいる相手に対しては逆効果。好意のつもりが、さらに傷つけてしまう結果になる。「頑張れ」が時に相手を傷つけると知っていても、つい使ってしまう人が多い。


林修

調子に乗っているとか、ちゃらちゃらしているように見られるとか、ぜんぜんかまわないんですよ。そのあたり僕自身は冷静に見ているし、計算ずくでやっていることですから。


根岸孝旨

いまはただでさえデジタルの時代で、「失敗したらはじめからやり直し」というアナログ時代の集中力や緊張感を失いかけているのですから、よほどの熱意を込めるべきでしょう。


中村天風

幸福や好運は、積極的な心持ちの人が好きなんです。


一川誠

自分の能力で時間通りにできる範囲で計画を組むと、仕事の内容を取捨選択せざるをえなくなる。その結果、仕事にムダがなくなる。


広野道子

ヒロタ(経営破たんした洋菓子店)の再建をはじめたころは、30分も延々と言い訳ばかりする幹部がいて、結果、会議が5・6時間になることもあり閉口しました。そういうときは、配置転換を行い、組織がより効率的に回るよう改善するしかありませんでした。


山本梁介

サービス産業で大切なのはお客様のニーズに応え、感動していただくこと。


ページの先頭へ