碓井稔の名言

碓井稔のプロフィール

碓井稔、うすい・みのる。日本の経営者、技術者。「セイコーエプソン」社長。東京大学工学部卒業後、信州精器(のちのセイコーエプソン)に入社。開発の仕事に従事し、「マイクロピエゾ」方式のインクジェットプリンターを開発。「プリンターの父」と呼ばれた。生産技術開発本部長などを経て社長に就任。

碓井稔の名言 一覧

世の中の人から感動してもらったり、新しい価値ができたなと思ってもらったりするものをつくらないといけない。


世の中の期待を真摯に受け止め、自分の頭でしっかり考えて新しい価値を生み出す。そのことに集中して取り組めば、解決策が見つかる。


他社がこんな新たな製品をやっているのでウチもやろう。という発想から抜け出す必要がある。


辛酸をなめた傍流時代も決して無駄ではなかった。


今はリスクを取りながら先頭に立って、新しいものを生み出すことに挑戦しなくてはならない時代。


諦めずに本質的に良いものを追求し市場に提供できれば、それが結果として新たな創造と挑戦につながる。


当社ならではの成果を出せる分野に注力したなら、あとは徹底してやりきること。


挑戦には何が必要か。安定した事業環境です。収益状態が悪くては、とても試行錯誤なんてできません。


今ある商品を何となく良くするだけでは面白くない。従来の価値観を根底から覆すような、ドラスチックな変化を起こしたい。


自分たちの資産を使わず外注したら、収支が合うわけがない。


どんなに格好いいビジネスモデルを持ち込んでも、商品そのものの競争力を高めない限り、勝ち残るのは難しい。


本来なら、モノ作りで新しいことをやっている会社の方が、金融機関より高い給料を払えるようにしないといけない。


一定の利益が確保できる基盤があればこそ、製品開発に時間をかけられるし、失敗も許容できるのです。


私が重視しているのは利益率。最低でも10%は必要です。利益率が低いから、日本の製造業は技術者に高い給料が払えない。


新規事業を開発しようとはあまり思わないようにしている。新規事業は当然作りたいが、何のための事業かという志が一番大切だ。


メーカーが利益を最大化するには、やはり自社で価格を決定できる最終商品を扱うしかない。むしろ部品の外販こそ儲からないビジネスだ。


部品事業は、2社供給になれば、どんな優れた部品でも、価格競争にならざるを得ない。


どのぐらい利益が出た、出なかったという話と、価値をどう作り出したか、世の中の人を幸せにできたかというのは、短期的には必ずしも一致しないと考えている。新しい価値をどんどん生み出せる会社だと認知されれば、誰からも文句は言われなくなるはずだ。それを我々が証明したい。


志があれば何でもやるというわけではない。将来、こうなるといいなと考える姿と、自分たちにどういう技術や人材があって、どの分野なら力が発揮できそうかを考えて、うまく結びつくところで取り組むテーマを決める必要がある。


スマートグラスにしても双腕ロボットにしても、よそじゃ決して作れない。エプソンしか作れない新しい価値をどんどん生み出す会社にしていきたい。価値とは、世の中をこういう世界にしたいという志を持って、自分を磨き上げて、世の中と本当に真摯に向き合ってゼロから作り出すものだ。


買収で既存事業とシナジーを生み、新しい分野に参入することで収益を高めるという考えは理解できる。ただ、エプソンを世の中のためになくてはならない会社にするためには、エプソンならではの価値を作り出すしかない。これは買収では実現できないことだ。


変わろうという意識はない。今までにないものを作ろうとしているだけだ。「エプソンが最近、ほかにはないものを作っているな」と見られるようになってきたなら、会社が変わってきているということかもしれない。


何にでもセンサーを付ければいいわけではない。現場で使っている人のニーズを反映できるかどうかが、IoTを使ったソリューションの決め手になるでしょう。


今回の株主総会で買収防衛策を議案に出して可決しました。買収防衛策を廃止するところが増えているのも知っています。でもね、機関投資家が反対するからとか、買収リスクが低いからやめるというのは、今の風潮に流されているだけ。金融リスクと同じで、発生確率は低くてもリスクには備える。それが経営の基本でしょ。


私が社長に就任してから撤退をした事業分野があります。それは、他社と激しく競争をしていて、お客様から「エプソンのものでなくてもいいよね」と言われてしまいかねない事業分野。


エプソンは経営理念を変えて、「なくてはならない会社でありたい」というのを入れた。利益だけでなく、世の中の課題に真摯に向き合う中でもっといい社会を作り上げる中心的な役割でいようという思いを込めた。その具体策として長期ビジョン「Epson25」や中期経営計画も出した。これらを実行する相当強い覚悟が自分や役員にはある。


碓井稔の経歴・略歴

碓井稔、うすい・みのる。日本の経営者、技術者。「セイコーエプソン」社長。東京大学工学部卒業後、信州精器(のちのセイコーエプソン)に入社。開発の仕事に従事し、「マイクロピエゾ」方式のインクジェットプリンターを開発。「プリンターの父」と呼ばれた。生産技術開発本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤井佐和子

日本人はとくに、自分のことを理解してもらうための「発信」を苦手とする人が多い気がします。言いたいことが上手く伝えられなくて相手の誤解を招いたり、言いたいことを我慢して発信しないために、職場のメンバーからの理解や協力が得られなかったりする人が多いのです。それが積み重なると人間関係がこじれ、仕事に支障が生じることにもなりかねません。


石川康晴

ほとんどの会社がたくさんの若いお客さんを見失っているんじゃないかな。新しいモデルに共感出ず、それを理解できる社員もいないために。


橋口昌弘

お客さんは100%満足していない、という考えが前提としてありました。ならば、どんな小さなことでも、1つ1つ問題点や不満に応えていこう、と。この愚直な積み重ねが現在につながっていると思います。


林野宏

ベトナムは規制が最も厳しいのですが、それがかえって良かった。東南アジアの中では今、ベトナムが一番成功しています。ルールが厳しいからなかなか許可が下りない。だけどライバルも進出しないから時間をかけられます。だから現地の人に任せたのです。


玉川憲

携帯電話会社は自分たちで基地局を建て、基地局から集まってきたデータを処理するためのデータセンターを持って専用機材を置いています。ハードに莫大な投資が必要になるので、どうしても通信料に反映せざるをえません。一方、私たちは携帯電話会社から基地局を借りています。またデータセンター部分については自分たちでソフトウェアをつくり、ハード不要のシステムにしました。初期費用が抑えられるので、安い料金体系を実現できるのです。


濱渦伸次

アマゾンやアスクルは翌日には商品が届くなど、特徴が明白で、売れる理由がはっきりしている。サービスに特徴があれば地方でも都会でも関係ない。


藤井清孝(経営者)

自分が知らない世界を拒否するのは、いわば抗菌グッズに囲まれて生活するようなものです。でもそれで病原菌やウィルスを防ぐことはできません。そうした生活をしてきた人は抵抗力がありませんから、いったん雑菌が侵入してくると、あっという間にやられてしまう。生き方としては大変リスクが高いと言わざるを得ません。簡単にやられないような免疫力を高めることこそ大切ではないかと思います。


ロバート・シラー

土地や金を持つことは危機の時には非常に良いことかもしれない。だが、これも憶測の域を出ない。結局、確たることは言えない。


竹島一彦

大事なポイントは問題点に早く気付き、迅速に対応策を考えること。


稲盛和夫

錐(きり)は力を先端の一点に凝集させることで効率良く目的を達成する道具。錐のようにすべての意識や神経を一つの目的に集中すれば、誰もが必ずことを成し得るはず。


山本忠人

ソリューションビジネスに進出するにあたり、従来は北・南といった地理別、あるいは大・中・小といったお客様企業の規模別に分けていたのを、業界業種のインダストリー別に改めました。例えば病院と損保会社では、ワークプロセスが全く違います。実態に合わせた臨機応変にニーズに対応できる体制に切り替えたのです。


和田眞治(和田真治)

少子高齢化の時代を迎えた日本のエネルギー業界が、今までと同じ状態でいいわけがない。もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はダメになってしまう。


野本弘文

渋谷に訪れていただくように我々としても仕掛けを作っているところです。人は行ってみたいところが1か所よりも2か所、あるいは3か所とあった方が足を運ぶものです。


スタニスラス・ド=ケルシズ

創造性、技術、デザイン、石。そのすべてに最高を期してつくる芸術。それが我々のジュエリーであり、創業者であるジャック・アーペルから受け継いだ使命でもあるのです。
【覚書き|ヴァン・クリーフ&アーペル社は創立100年を超える老舗ジュエリーメーカー】


エドワード・ギボン

要塞を築くから攻撃される。


ページの先頭へ