砂野仁の名言

砂野仁のプロフィール

砂野仁、いさの・まさし。川崎造船(現:川崎重工)社長・会長。神戸商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭なども務める

砂野仁の名言 一覧

処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。
【覚書き:神戸商工会議所会頭・日本商工会議所会頭などの経験を踏まえ理想的な労使関係を語った言葉】


しみじみと思うことは、いかなる名案であっても時期が到来しなければ現実は困難であり、タイミングさえよければ非常に困難に見える仕事も案外スムーズに運ぶということである。古人はこれを天の時と言った。


処遇の厚薄は担当する楽器操作の巧拙と難易によって上下する。理想は楽団的事業経営体である。【覚書き:理想的な労使関係について語った言葉。】


砂野仁の経歴・略歴

砂野仁、いさの・まさし。川崎造船(現:川崎重工)社長・会長。神戸商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭なども務める

他の記事も読んでみる

渡邊明督

上司と部下の間にコミュニケーションがしっかり取れていて、関係性に安心感や信頼感があること。これがなければ、それ以外のどの要素が揃っていてもうまく行かない。


松村誠一(経営者)

とにかく、その土地の人とできるだけ多く接触するように努めました。コミュニケーションが図れれば、その国の実情を把握することができると考えたからです。言葉など通じなくても、心が通じ合えば、意思疎通は図れるものです。


栗原博

大事なのは「自分が本当にこの企画をやりたくて提案しているか」。もちろん、「想い」が強すぎて理解されにくいものになっていたら、指摘します。それでも、「本当にやりたいんだな」「入れ込んでいるな」ということが伝わってくるとやらせてみたくなる。


緒方健介

エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


高橋俊之

より正しい内容であっても人から言われるのを嫌がる上司には、「提案」ではなく「相談」というやり方もあります。人は頼られると嬉しくなるものです。このやり方では、あえて結論は見せません。提案したいことに上司が行き着くような判断材料を見せ、「こんな状況なんですが、どうしたらいいでしょうか」と相談します。そして「そりゃ、○○だろう」と上司自身に言ってもらいます。それはあなた自身が狙っている結論ですから、「やはりそうですよね」と反応する。「しらじらしいな」と思われるかもしれませんが、結局、目的を果たせるなら、その方法が最善ではないでしょうか。


草刈貴弘

企業価値の向上があってこそ株主価値の向上がある。


倉重英樹

「やりたいことができないから」と転職を繰り返している暇があるなら、上から命じられたことを早く、確実にこなしつつ、自分がやりたいことを固め、それを発信する力と人を説得する力を養っておくべきです。


松井忠三

我々がブランドをつくる中で、変えてはいけない部分があります。それは商品の哲学や出店の仕方、宣伝の仕方などですが、この変えてはいけないことが一番大事です。


岡島悦子

以前、私が塾の経営再建にふさわしい人材を探していたとき、教育業界とは無関係だった経営者に声をかけたことがあります。というのも、その人が学生時代に教職課程で学んでいて、いつか教育関係の仕事に就きたいと話していたのを耳にしていたからです。本業とは異なる分野の仕事の誘いにご本人は驚いていましたが、自分が何の気なしに話した事柄が、転職や新しいビジネスのきっかけになることは珍しいことではないのです。


岡崎富夢

MBA的なアプローチでは、オペレーションの向上とか、どう競合をやっつけるかとか、枠の中でどう勝つかを考える。しかし、現実は、既存の枠を外して考えることを求めている。


武田双雲

会社を辞めて、書道家になった時、僕はホームページに「50歳までに1億人を感動させたい」と書いたんです。根拠はなく、世界を動かす人になりたいと願っていて、そのためには1億人ぐらいは、と夢を宣言しました。そうすると、動き出せる。成功する人としない人の間にどんな違いがあるかと言えば、目指すビジョンの差だけなのかなと思います。


大久保嘉人

不調の時期は、よくチームメイトと話します。言いたいことがあって溜めてるのは、自分にもよくないし、チームにもよくない。だから、ご飯食べに行って、思ったことを言い合う。そうすればスッキリした感じで、試合中もお互いに気持ちを理解してプレーできます。


藤田志穂

起業したとき、「わからないことは、人に聞くのが一番」。そう思って、携帯電話のメモリを片っ端からチェックして、知人に電話をかけまくりました。友達はもちろん、読者モデルをしていた雑誌の編集部や、バイト先の店長や社長まで、ありとあらゆる人に「誰か詳しい人を紹介して」って。そのうちに少しずつ人を紹介してもらえるようになり、結局、3カ月弱に300人と会うことができました。そこで起業のノウハウから経営者の心構えまで、いろんなことを教わりました。みんなに支えられなければ、きっとここまでこられなかったでしょうね。


野路國夫(野路国夫)

コムトラックスは坂根さん(坂根正弘会長)が経営企画室長で、私が情報システム本部長のころ、坂根さんから「若いやつのいいアイデアがある。これはITだからお前が面倒見ろ」と言われたのが始まりです。はじめはあまり上手くいかなかったのですが、坂根さんから「これは絶対ものになる。カネをかけていいから、採算を度外視してもやれ」と厳命されて、とにかく標準装備にすることを前提に開発を急ぎました。いま思うと、標準装備にすると開発の動きが早くなります。それを後押しするのはやはりトップの決断なんです。


平野洋一郎

プランニングは当然1、2年後がメインですが、5年後を意識する癖がつくと、逆に目標に対して1、2年後やるべきことがよくわかる。


ページの先頭へ