名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

砂山拡三郎(砂山擴三郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

砂山拡三郎(砂山擴三郎)のプロフィール

砂山拡三郎、砂山擴三郎、すなやま・こうざぶろう。日本のキャリアコンサルタント。大阪出身。大阪大学法学部卒業後、大手自動車メーカーで人事総務畑を歩む。主力工場総務部長、企業内工業専門学校校長などを務めたのち50歳で総合人材会社に移籍。常務を務めたのち独立しキャリアコンサルタントとして各種企業や公的機関の支援を行っている。主な著書に『40歳からの崖っぷち求職術』『仕事のできるあなたが、なぜリストラされるのか「無差別リストラ時代」の処世術』など。

砂山拡三郎(砂山擴三郎)の名言 一覧

人の絆は侮れない。同じ実力の人が2人いて「どちらかのクビを切る」となれば、仲の良い方を残すのが人情。他部署の上司や先輩後輩など、できるだけ仲の良い人を増やす努力を。他部署の同期と仲良くし、互いを褒める。社内でいい評判を立て合うという裏技もあります。


リストラ宣告をされたとき、会社の提示条件をそのまま受け入れたり、即答しては損。また、「考えます」などの曖昧な返事も会社の思うツボ。会社は強引に解雇しては違法になるので、「辞めない」と意思表示することが大事。


リストラ宣告されたら、会社側の言い分をICレコーダーに録音すること。そして冷静に「解雇」なのか「退職勧奨」なのか、その理由を聞き、十分に時間をかける。会社側は、時間がかかる社員は厄介だと判断し、リストラを後回しにすることもあります。時間稼ぎも大事。


リストラはもはや宿命。これまでにキャリア、人脈、能力、経験といった財産をどれだけ築いてきたかが問われることになる。若い世代も不安に感じているかもしれないが、与えられた仕事を一所懸命頑張ることが一番のリストラ対策になるはずだ。


中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


リストラ勧告されたら、会社を辞めるか、条件次第で辞めるか、何が何でも居残るか、のどれかを決めないといけないが、考える時間は必要。最初の面接で即答してはいけないし、「何とか考えてみます」などのあいまいな返事も退職の可能性が高いと判断されてしまう。自暴自棄になるのはもってのほかだ。


もはやリストラは定年と同じ会社員の宿命といえる時代に入っている。ただし、残りの年数がわかる定年と違い、リストラは突然やってくる。しかも会社側は、専門家の助けを借りるなど準備万端、総力戦で攻めてくるので、「何とかなるさ」「俺には関係ない」「嵐はそのうちやむよ」などと、のんきなことを言っていては太刀打ちできない。


リストラ面談での鉄則は次の3つです。

  1. その場で返答しない。
  2. 相手のペースに引き込まれない。
  3. 既成事実をつくらせない。

リストラの面談の席での基本は、堂々と記録をとることです。ノートを広げ、相手の発言を漏らさずメモする。嫌がられても「社外ユニオンに相談するときの資料ですから」と突っぱねる。その一方で、ICレコーダーで隠し録りもしておきたい。


自分のマイナス情報を発信するのも効果的です。リストラ策には期限と予算があり、人事部にはノルマが設定されています。だから説得に手間取る社員、トラブルが発生しそうな社員は後回しにします。「まだ子供が小さい」「住宅ローンが残っている」「キレると何をするかわからない」「親戚に弁護士がいる」「マスコミに友人がいる」などは、会社が敬遠したがる人物の要件です。そうした情報をあえて流しておくとよいでしょう。


リストラでは人事部と上司が事前に相談しABCと社員のランク付けをします。Aは残ってほしい人材、Cは不要、Bはその中間です。あなたがもしボーダーラインにいるなら、社内認知度が高ければCからBへ、BからAへと格上げされる可能性があります。社内で孤立した人の肩は叩きやすいですが、認知度の高い人は叩きにくいのです。


「あいつは情報が早くて豊富だ」と評判になればしめたものです。平社員でも重宝され、さらにいい情報をゲットでき、社内の認知度を高めてくれます。リストラが実施されたとき、この認知度がプラスに働きます。


定年後を生き抜くには、「あの人がいるから仕事が上手くいく」と上司に思わせることです。そのためには、仕事の肝になる部分は絶対にマニュアル化してはいけません。若い人にも教えない。そうすれば70歳になっても周囲から「もっと頑張ってください」と言われるに違いない。


定年後の再雇用への備えは50歳前後から始めます。まず、職場では部下でも年下でも「さん」づけで話すようにします。定年後、年下の上司を「○○くん」と呼ぶような勘違いは最悪です。見た目にも気を使う。ジム通いなどで黒い肌、白い歯、引き締まった肉体を維持する。白髪は染めて、老眼鏡はやめる。服装はいつも身ぎれいにし、会話でも病気、孫自慢、昔話は三大駄目話題です。


リストラへの第一の備えは、情報をいち早くキャッチするための社内人脈づくりです。リストラには必ず前兆があり、社内のひそひそ話が増えてきます。それを早く手に入れられるかどうかで、その後の対応の早さが決まります。このとき、重層的な人間関係を築いて来た人は強い。社内人脈は、上司の上司など役職者の傘下に入れば広がります。それと同時に様々な立場の人が集まる空間に顔を出すようにしたい。


「うちは赤字会社じゃないし、自分は若くて仕事の業績もいいから、リストラなんて無縁」というのは典型的な勘違いです。会社は黒字だろうとリストラに踏み切ります。成果主義人事で若手でもコストパフォーマンスが低い社員が多いし、現時点で有能でも環境の変化で簡単にダメ社員化するのです。


65歳まで会社にぶら下がりたい人にとって、ひとつめの関門は「リストラ」です。リストラはいまやサラリーマンにとって、定年退職と同じ宿命です。


リストラに対し事前に正しい対処法を知っておくことが重要。とくに、「人員整理の必要性」「解雇回避努力義務の履行」「被解雇者選定の合理性」「手段の妥当性」の整理解雇の4要件を満たさない場合は「辞めない」と意思表示を。会社の言いなりになって自主退職に追い込まれるのが一番損。会社都合にさせるだけで失業保険はすぐにもらえますから。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)の経歴・略歴

砂山拡三郎、砂山擴三郎、すなやま・こうざぶろう。日本のキャリアコンサルタント。大阪出身。大阪大学法学部卒業後、大手自動車メーカーで人事総務畑を歩む。主力工場総務部長、企業内工業専門学校校長などを務めたのち50歳で総合人材会社に移籍。常務を務めたのち独立しキャリアコンサルタントとして各種企業や公的機関の支援を行っている。主な著書に『40歳からの崖っぷち求職術』『仕事のできるあなたが、なぜリストラされるのか「無差別リストラ時代」の処世術』など。

他の記事も読んでみる

有田秀穂

バブル世代は消費や目標達成で快楽を得る「ドーパミン的価値観」でやってきたが、今の日本にそれを求めても難しい。ストレスに強いセロトニンは、人の役に立ち、共感することで増えます。バブル世代のドーパミン的価値観は捨て、「セロトニン的な価値観」に移行しましょう。


国枝慎吾

「緊張しないように」と考えるより、「緊張を味方につけよう」と考える方が、実力を発揮しやすくなる。


藤井孝一

本の内容を要約しただけでは、魅力的なアウトプットとは言えません。それはあくまで著者の考えであって、自分の考えではないからです。大切なのは、「その本をどう読んだのか」「なぜ、感銘を受けたのか」を自分の言葉に置き換えて発信することなのです。たとえば、本の内容を自分なりのひと言でまとめてみたり、自分で見出しやキーフレーズを作ってみる。理解した内容を再構成し、アウトプットするからこそ、知識が血肉になるのです。このように、本に対する独自の見方を加えて発信するには、自身の経験や思想を深掘りしながら読み進める必要もあります。骨の折れる作業ですが、それによって自分に対する理解も深まります。自ずと、得た知識をどう活かすかを意識して本を読むようになるはずです。


馬渡晃

人によって企業の目的や動機が違うように、成功と失敗を測るモノサシも違うものです。「会社に縛られず働きたい」「好きなことを仕事にしたい」「会社を大きく成長させたい」「若い世代に自分の経験を伝えたい」など、あなただけの成功の形を経営理念として具体的な言葉に落とし込んでおきましょう。


堤康次郎

いまのキャンプの前身のテントホテルやバンガローもやってみたが、いまとちがって、そのころは利用者もほとんどなかった。なにしろいつも30年ばかり時代より早いことをやっていたもので、思いつきは良いのだが成功はしなかった。


原田泳幸

改革というのはやはり全社員が痛みを伴うんです。そうやって、みんなの痛みを伴いますが、結果的には不幸になる人と幸福になる人といるんですよ。そこはやはり割り切らなければしょうがない。みんなの反発を恐れたり、みんなをハッピーにしようとしたら絶対改革はできない。


中村獅童(二代目)

すぐに結果を求めるには、人生は長い。


アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン

私は決して指揮権の共有を受け入れない。たとえ神との共有でも断る。


嶋田隆司(ゆでたまご)

つらいときに助けてくれるのも、迷ったときに背中を押してくれるのも、やっぱり自分以外の誰かなんやと思います。そういう仲間は、いればいるほどいい。


福嶋康博

私は後継者を選ぶ時に社外からの採用を一切考えませんでした。社外の人材は知り尽くしていないなどの点で、外れの確率が高いと思います。


町田公志

株価は、企業のバリュー(価値)がフェア(公正)に評価された結果ですよね。そのフェアバリューが高まれば周囲からも魅力のある会社だと認識され、優秀な人材を引き付けることができます。そして将来、いつか大事なタイミングが訪れた時に、そのバリューを使えるようになりたいと思っています。


山本梁介

若者向けシングルマンション事業は東京、福岡にも進出しましたが、支店にかかる経費がかさんだ上、本部と現場との間に距離ができてしまい、「現場に入り徹底的に運営管理する」というポリシーを維持することが困難になりました。そんなときに着目したのが「ビジネスホテル」でした。ホテルなら、現場にホテルスタッフを配置するので支店は不要ですし、現場での運営管理が可能です。また、マンション時代から培ってきた「快適に過ごせる空間作り」「ローコストでハイクオリティな建設技術」も、ホテル事業にも応用できると考えたのです。さらに、事業の効率化を図るために、空室状況から経理計算まで一元管理できるIT化を徹底し平成元年にスーパーホテルを設立しました。