名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

砂山拡三郎(砂山擴三郎)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

砂山拡三郎(砂山擴三郎)のプロフィール

砂山拡三郎、砂山擴三郎、すなやま・こうざぶろう。日本のキャリアコンサルタント。大阪出身。大阪大学法学部卒業後、大手自動車メーカーで人事総務畑を歩む。主力工場総務部長、企業内工業専門学校校長などを務めたのち50歳で総合人材会社に移籍。常務を務めたのち独立しキャリアコンサルタントとして各種企業や公的機関の支援を行っている。主な著書に『40歳からの崖っぷち求職術』『仕事のできるあなたが、なぜリストラされるのか「無差別リストラ時代」の処世術』など。

砂山拡三郎(砂山擴三郎)の名言 一覧

人の絆は侮れない。同じ実力の人が2人いて「どちらかのクビを切る」となれば、仲の良い方を残すのが人情。他部署の上司や先輩後輩など、できるだけ仲の良い人を増やす努力を。他部署の同期と仲良くし、互いを褒める。社内でいい評判を立て合うという裏技もあります。


リストラ宣告をされたとき、会社の提示条件をそのまま受け入れたり、即答しては損。また、「考えます」などの曖昧な返事も会社の思うツボ。会社は強引に解雇しては違法になるので、「辞めない」と意思表示することが大事。


リストラ宣告されたら、会社側の言い分をICレコーダーに録音すること。そして冷静に「解雇」なのか「退職勧奨」なのか、その理由を聞き、十分に時間をかける。会社側は、時間がかかる社員は厄介だと判断し、リストラを後回しにすることもあります。時間稼ぎも大事。


リストラはもはや宿命。これまでにキャリア、人脈、能力、経験といった財産をどれだけ築いてきたかが問われることになる。若い世代も不安に感じているかもしれないが、与えられた仕事を一所懸命頑張ることが一番のリストラ対策になるはずだ。


中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


リストラ勧告されたら、会社を辞めるか、条件次第で辞めるか、何が何でも居残るか、のどれかを決めないといけないが、考える時間は必要。最初の面接で即答してはいけないし、「何とか考えてみます」などのあいまいな返事も退職の可能性が高いと判断されてしまう。自暴自棄になるのはもってのほかだ。


もはやリストラは定年と同じ会社員の宿命といえる時代に入っている。ただし、残りの年数がわかる定年と違い、リストラは突然やってくる。しかも会社側は、専門家の助けを借りるなど準備万端、総力戦で攻めてくるので、「何とかなるさ」「俺には関係ない」「嵐はそのうちやむよ」などと、のんきなことを言っていては太刀打ちできない。


リストラ面談での鉄則は次の3つです。

  1. その場で返答しない。
  2. 相手のペースに引き込まれない。
  3. 既成事実をつくらせない。

リストラの面談の席での基本は、堂々と記録をとることです。ノートを広げ、相手の発言を漏らさずメモする。嫌がられても「社外ユニオンに相談するときの資料ですから」と突っぱねる。その一方で、ICレコーダーで隠し録りもしておきたい。


自分のマイナス情報を発信するのも効果的です。リストラ策には期限と予算があり、人事部にはノルマが設定されています。だから説得に手間取る社員、トラブルが発生しそうな社員は後回しにします。「まだ子供が小さい」「住宅ローンが残っている」「キレると何をするかわからない」「親戚に弁護士がいる」「マスコミに友人がいる」などは、会社が敬遠したがる人物の要件です。そうした情報をあえて流しておくとよいでしょう。


リストラでは人事部と上司が事前に相談しABCと社員のランク付けをします。Aは残ってほしい人材、Cは不要、Bはその中間です。あなたがもしボーダーラインにいるなら、社内認知度が高ければCからBへ、BからAへと格上げされる可能性があります。社内で孤立した人の肩は叩きやすいですが、認知度の高い人は叩きにくいのです。


「あいつは情報が早くて豊富だ」と評判になればしめたものです。平社員でも重宝され、さらにいい情報をゲットでき、社内の認知度を高めてくれます。リストラが実施されたとき、この認知度がプラスに働きます。


定年後を生き抜くには、「あの人がいるから仕事が上手くいく」と上司に思わせることです。そのためには、仕事の肝になる部分は絶対にマニュアル化してはいけません。若い人にも教えない。そうすれば70歳になっても周囲から「もっと頑張ってください」と言われるに違いない。


定年後の再雇用への備えは50歳前後から始めます。まず、職場では部下でも年下でも「さん」づけで話すようにします。定年後、年下の上司を「○○くん」と呼ぶような勘違いは最悪です。見た目にも気を使う。ジム通いなどで黒い肌、白い歯、引き締まった肉体を維持する。白髪は染めて、老眼鏡はやめる。服装はいつも身ぎれいにし、会話でも病気、孫自慢、昔話は三大駄目話題です。


リストラへの第一の備えは、情報をいち早くキャッチするための社内人脈づくりです。リストラには必ず前兆があり、社内のひそひそ話が増えてきます。それを早く手に入れられるかどうかで、その後の対応の早さが決まります。このとき、重層的な人間関係を築いて来た人は強い。社内人脈は、上司の上司など役職者の傘下に入れば広がります。それと同時に様々な立場の人が集まる空間に顔を出すようにしたい。


「うちは赤字会社じゃないし、自分は若くて仕事の業績もいいから、リストラなんて無縁」というのは典型的な勘違いです。会社は黒字だろうとリストラに踏み切ります。成果主義人事で若手でもコストパフォーマンスが低い社員が多いし、現時点で有能でも環境の変化で簡単にダメ社員化するのです。


65歳まで会社にぶら下がりたい人にとって、ひとつめの関門は「リストラ」です。リストラはいまやサラリーマンにとって、定年退職と同じ宿命です。


リストラに対し事前に正しい対処法を知っておくことが重要。とくに、「人員整理の必要性」「解雇回避努力義務の履行」「被解雇者選定の合理性」「手段の妥当性」の整理解雇の4要件を満たさない場合は「辞めない」と意思表示を。会社の言いなりになって自主退職に追い込まれるのが一番損。会社都合にさせるだけで失業保険はすぐにもらえますから。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)の経歴・略歴

砂山拡三郎、砂山擴三郎、すなやま・こうざぶろう。日本のキャリアコンサルタント。大阪出身。大阪大学法学部卒業後、大手自動車メーカーで人事総務畑を歩む。主力工場総務部長、企業内工業専門学校校長などを務めたのち50歳で総合人材会社に移籍。常務を務めたのち独立しキャリアコンサルタントとして各種企業や公的機関の支援を行っている。主な著書に『40歳からの崖っぷち求職術』『仕事のできるあなたが、なぜリストラされるのか「無差別リストラ時代」の処世術』など。

他の記事も読んでみる

小林健(三菱商事)

まず、目の前の自らがやるべき仕事に正面から取り組み、一生懸命やることから始まる。


宮内義彦

原理原則で考えれば、社会に役立つ何かを提供していれば結果として利益が生まれるはずです。赤字企業は社会の資源を無駄遣いしているうえに、社会に経済的果実を与えていないと言えます。


尾山基

もしOEMを委託した企業が仕様書に違反して(工場の苛酷な労働などで)人権を侵害していたとしても、最終的な責任は発注元である当社のブランドに跳ね返ってくる。常時観察する必要がある。


内藤誼人

笑顔は、まさに表情筋という筋肉で作られます。日頃から笑顔を忘れている人は、表情筋の筋トレ不足。その場だけ急にとりつくろうとしても、ぎこちないし、気を抜くとすぐ元の顔に戻ってしまいます。笑顔が素敵と言われる人は、顔立ちや生まれつきのおかげではなく、日頃の行ないから作り上げたものなのです。


神野直彦

今は人類が歴史の峠に直面していると言っていいでしょう。未来を信じられた時代が終わり、未来を信じられなくなった時代に足を踏み入れようとしているのです。世界的に見ても不安感が出てきて、変な意味で人々が人間の結びつきを取り戻そうとする。人間と人間の結びつきが分断されたという不安感が、伝統的共同体への純粋な憧憬を呼び覚まし、暴力的にでも伝統的共同体を復活させようとする社会的反動を生じさせるのです。


ミカエル・パルムクイスト

日本の消費者から多くを学び、イケアは進化しました。福岡新宮店では日本人中心で店舗運営ができる体制になりました。今後はリーダーとなる人材を数多く育成するのが目標です。


南場智子

なぜ誤解が生じたのかと相手の立場になって考え、さらには相手から自分たちの姿がどう見えているかを想像する。そのうえで解決策をパートナーとともに考えていく。そうやって課題を乗り越えることは、新たな信頼関係を築くことにもなるでしょう。


大田弘子

政府の成長戦略に書かれた「レギュラトリー・サンドボックス」という手法もポイントになります。砂場で子供が遊ぶように、まずは規制を一時的に停止して自由にやってもらう。もし失敗したら元に戻せばいいという考え方です。イギリスではフィンテックのイノベーションを促すために、この仕組みが活用されました。新しい分野ですから何が障害になるか分からない。どの規制が障害になるのか、どんなルールを新たに使えばいいのか分からないからこそ、まずはサンドボックスでやってみると。これも非常に重要な課題だと思います。


福田俊夫

当社のコーチは全員が企業の元経営者なので、現在自分が抱えている問題に対し、具体的な実例で教えてもらえます。とりわけ参考にしているのは、彼らの経営上の失敗例です。事故の課題に置き換えてシミュレーションすると答えがより明快になります。


片田珠美

根も葉もない噂を広める人に対して避けたいのは直接対決。「噂話を流すのはやめろ!」とダイレクトに怒りを表明すれば、妬みの感情を助長して火に油を注ぐようなもの。誹謗中傷がエスカレートする可能性がある。


ケインズ

十分な結果を引き出すためには将来の長期間を要するような、何か積極的なことをしようとする我々の決意のおそらく大部分はアニマル・スピリッツ――不活動よりもむしろ活動を欲する自生的衝動――の結果としてのみ行われるものであって、数量的確率を乗じた数量的利益の加重平均の結果として行われるものではない。


澤穂希

20歳でアメリカのプロリーグに行ったのですが、当時の日本女子サッカーはそれほど強くなかったので、ちょっと下に見られていた気がします。結果をしっかり出して、「私にパスを出してほしい」「ここに出してほしい」とはっきり言わないと、パスもなかなか来ませんでした。