名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石黒成直の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石黒成直のプロフィール

石黒成直、いしぐろ・しげなお。日本の経営者。「TDK」社長。ヘッドビジネスグループ ゼネラルマネージャー、執行役員、常務執行役員などを経て社長に就任。

石黒成直の名言 一覧

確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない。


お客様が実現したいことを察知し、先回りしてソリューションを提案する、マーケットインの事業体制による「コトづくり」のビジネスモデルが重要。既に、横断的な取り組みとして、10を超える開発プロジェクトが動き出しています。


創業から80年間、TDKは磁性材料の特徴を生かした製品を、素材とプロセスの開発から手掛け、製品まで一貫して作ってきました。TDKの磁性に対する強い思いと、素材技術での強みは、今後の新製品、新事業を進めるうえでも競争力の拠り所であり続けます。磁性という揺るがないコア技術と、M&Aなどで得た新しいリソースを生かしてTDKは時代の要請に応える製品を提供し、グローバル市場の厳しい競争に勝ち抜いていきます。


国内の主力拠点である秋田県の本荘工場と稲倉工場に、IoTやビッグデータなどの最先端技術を取り入れた新棟を作りました。「インダストリー4.0」に当社独自の目標である「ゼロディフェクト」を加えた、これからTDKが世界中に展開する工場のモデルとなる工場です。不良品を見つけて取り除くのではなく、生産工程で不良品を出さないための工夫を多数盛り込んでいます。カメラによるパターン認識やセンサーによる検知など、様々な技術を使って生産状況をリアルタイムでチェックするとともにデータを蓄積、解析し、生産ラインにフィードバックして不良品をなくす取り組みを加速しています。


石黒成直の経歴・略歴

石黒成直、いしぐろ・しげなお。日本の経営者。「TDK」社長。ヘッドビジネスグループ ゼネラルマネージャー、執行役員、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

後田良輔

人を褒めるときに押さえておきたいポイントは3つあります。

  1. 上から目線にならないこと。たとえ部下に対してでも、「上手だねえ」では、まるで子供扱いしているような印象になり、場合によっては逆効果に。対して、「俺のときよりすごいな!」などと自分を少し低めながら言うと、尊敬・感嘆がストレートに伝わります。
  2. 具体性を持たせること。「よくやった!」だけでは、何が良いのか相手に伝わりません。「3割アップとはすごい!」と数字を出せば、インパクトが強まります。
  3. 第三者を出しつつ褒めるよう意識すること。「部長も君を褒めていたよ」など、他の人の意見も交えると、説得力がぐっと上がります。

鈴木拓将

我々は、利益重視の経営方針ではなく、おもてなし文化を重要と考え「日本一の一流の大衆食堂」を目標に社員教育を徹底しています。


木村皓一

僕がいつも言っているのはファンづくりです。「あなたのアドバイスを受けて買いたい」と思われるようになろうということです。やさしさや親切、丁寧な心、そういうものを大事にしたい。それはマニュアルで管理できるものではありません。マニュアルにあるからするということであれば、むしろしないほうがいい。


佐々木正悟

大半の人は1日分のタスクリストに3日分くらいのタスクをパンパンに詰め込んでいる。1日に自分の身の丈に合わないほど過剰に仕事を詰め込んでいれば、終わらないのは当たり前。


志賀俊之

インドネシアで大きな木を植えようと思ったが、できなかった。でも私はあきらめない。まず土をたがやすところから始めます。
【覚え書き|再進出のためインドネシアに赴任したときの発言】


柳井正

売り上げが大体3倍になると、企業の性格というのが全部違ってくる。


伊賀泰代

仕事で話す機会があれば、必ず前日に練習をしますし、以前は録音して聞き返していました。こうした練習を積み重ねれば、どんな人でもスキルを飛躍的に伸ばせるでしょう。


田中和彦

自分がやりたいことの方向性は持たなければいけないが、人生は思い通りにならない。だから流れの中でやれることをやっていくという姿勢が大事。その延長線上にやりたいことがやってくる。


野坂英吾

結果を求めすぎて急ぎすぎたり、無理をすれば、ゴールには到達できません。プロセスを大事にしなければ、継続的な結果は出せないのです。


内藤誼人

上司の意見がコロコロ変わることと、本人の性格はじつはあまり関係がなく、100%本人のせいだとは言えない。「意見を変えやすい上司」は、部署のトップレベルには決定権を与えない、個人が責任を負わないという、いわば「日本の会社」が生み出した産物のようなもの。あなたが上司の考えに左右されるように、上司も、そのまた上の上司も、それぞれの上司に振り回されるのが日本の会社なのです。


信元安貞

誠をもって人に接する。和をもって事を計る。魂をもって志を貫く。


松尾均

私が、はとバスの代表に就任した2005年当時は、「はとバスらしさ」が希薄でした。90年代の中頃からバブル崩壊の影響で売上げは低迷、98年には債務超過でいつ倒産してもおかしくない状態だったのです。その後の努力で、回復基調にありましたが「コレはマズい」。そう思った私の就任の挨拶はコレでした。「はとバスという名前、ブランドにあぐらをかいているんじゃないか!」。自分に対する言葉でもありました。