名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石黒成直の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石黒成直のプロフィール

石黒成直、いしぐろ・しげなお。日本の経営者。「TDK」社長。ヘッドビジネスグループ ゼネラルマネージャー、執行役員、常務執行役員などを経て社長に就任。

石黒成直の名言 一覧

確かな成長には、市場の動きに合致した事業が欠かせない。


お客様が実現したいことを察知し、先回りしてソリューションを提案する、マーケットインの事業体制による「コトづくり」のビジネスモデルが重要。既に、横断的な取り組みとして、10を超える開発プロジェクトが動き出しています。


創業から80年間、TDKは磁性材料の特徴を生かした製品を、素材とプロセスの開発から手掛け、製品まで一貫して作ってきました。TDKの磁性に対する強い思いと、素材技術での強みは、今後の新製品、新事業を進めるうえでも競争力の拠り所であり続けます。磁性という揺るがないコア技術と、M&Aなどで得た新しいリソースを生かしてTDKは時代の要請に応える製品を提供し、グローバル市場の厳しい競争に勝ち抜いていきます。


国内の主力拠点である秋田県の本荘工場と稲倉工場に、IoTやビッグデータなどの最先端技術を取り入れた新棟を作りました。「インダストリー4.0」に当社独自の目標である「ゼロディフェクト」を加えた、これからTDKが世界中に展開する工場のモデルとなる工場です。不良品を見つけて取り除くのではなく、生産工程で不良品を出さないための工夫を多数盛り込んでいます。カメラによるパターン認識やセンサーによる検知など、様々な技術を使って生産状況をリアルタイムでチェックするとともにデータを蓄積、解析し、生産ラインにフィードバックして不良品をなくす取り組みを加速しています。


石黒成直の経歴・略歴

石黒成直、いしぐろ・しげなお。日本の経営者。「TDK」社長。ヘッドビジネスグループ ゼネラルマネージャー、執行役員、常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ムハマド・ユヌス

人生は短い。この世を去るときに社会にどんな軌跡を残せるのか。少しでも良い影響を与えたいと考えるなら、ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)に目を向けてもらいたいと思います。


林原健

弊社がメセナ(企業が芸術・文化活動にカネ・ヒト・モノを支援提供すること)に力を入れているのも、実は全社規模で異分野の経験をし、異分野の知識を持ちたいと考えているからなんです。たとえば、漆に関わる職人さんを社員として抱え込んでいますが、それは彼らとの交流から社員一人一人が知識的にも、文化的にも豊かになればと思うからです。


堀之内九一郎

会社で生じてしまいがちな不正といえば、数字に関わることですが、私はそれを勘で見破れます。その類の不正には、売り上げ金額にしろ経費にしろ、必ず「作った数字」が含まれます。そして、その数字には、必ず意図か含まれます。月曜日や雨の日は売り上げを下げ、日曜日に上げる。でも、そのパターンが続くとバレるから、次の月曜日だけはグンと数字を上げておこう……。そうやって、自然な形を装うとするばかりに、かえって不自然になる。作った数字なので、その人が好きな数字が多くなったりもします。末尾が54の場合が多いとか、97が3日に1日は出てくる。売上伝票を見れば、一発で見破れます。これは、これまで五感をフルに使い切ることで得てきた私の独自情報に基づく勘であり、世間で「山勘」といわれるような、いい加減なものとはワケが違います。


フレッド・ノー

伝統を守りながら常に挑戦するのがビームの精神。


関根勤

映画を撮ることになり、クランクイン2日前まではプレッシャーがつらくてつらくて、どうしたらいいんだろうってずっと悩んでました。家に帰っても、もうソワソワ、ウロウロしてたんですが、妻はいつもと態度が変わらない。「あのさ、俺がこんなにプレッシャーで打ちのめされているのに、よく平然としてられるね」と。そしたら妻が、「映画を撮りたくても撮れない人が世のなかにいっぱいいるのよ。あなたは撮れるだけでも幸せなのに、いったい何をしょげてるいの!?」と言われて、「あ、その通りだ」ってストーンと落ちてね。それがクランクインの2日前の日のこと。その言葉で、当日はすっきりした気分で現場入り。いったん撮影が始まってしまうと、もう楽しくて楽しくてね。


西澤ロイ

英語が嫌いになった原因を追求すると別に最初からそうだったわけではなく、多くの人は「先生が嫌いだった」「暗記ばっかりだった」あたりが遠因です。英語そのものが嫌いなわけではないでしょう。生まれつき英語が嫌いな人などいませんし、最初は授業もわくわくして聴いたのではないでしょうか。


安野モヨコ

運動をしたり、リラックスした日々を過ごしてたりという時期には割と調子がよくて、はじめから完成したかたちで漫画が頭の中に浮かんできて、それをそのまま描けばいいだけなんて場合もありました。ただ、そういうときでも焦ったらペースが崩れてしまう。だから、あんまりペースを飛ばし過ぎず、きちんと頭の中にあるものを描き写し、すっきりと仕上げなければならない。


秋田正紀

仕事と向き合う際、熟考することが大切です。しっかりした仮説を立て、検証し、実際に行動に移せる力を身につけてほしいと思います。そして、その際、いまよりひとつ上の職位になったつもりで考えを練ることも重要です。


小池龍之介(小池龍照)

人はつい、より高級なもの、言うなれば、分不相応なものに手を伸ばしてしまいます。たとえば住宅の場合、3000万円の家なら自己資金と無理のないローンで買えるのに、背伸びして4000万円の家を買ってしまう。その結果、ローンの支払いが苦しくなったりします。もちろん、4000万円の家のほうが設備が整っていたり、交通の便がよかったりということがあるでしょう。しかし、つい背仰びをしてしまう心の内では往々にして、そのも自体がどうしても欲しいというよりも、そうした高級なものを手に入れることで「自分のグレードを上げたい、自分の価値を高めたい」との欲望が働いている場合が多いのです。これもまた「慢(自分の評価への執着)」の煩悩のなせる業です。


鈴木喬(経営者)

先手必勝で、相手の度肝を抜かなきゃケンカには勝てない。


大野龍隆

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


塚越寛

人間の営みとは、お互いの幸せのためにあると私は信じている。しかし、経済の世界だけ、そうなっていないのはとても残念だ。売上や利益、シェアが優先され、幸せの追求が忘れ去られてしまっている。世界的な経済の混乱は、そこに原因があるのではないか。こんなことは明らかに間違っている。