名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石黒和義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石黒和義のプロフィール

石黒和義、いしぐろ・かずよし。日本の経営者。「JBCCホールディングス」社長・会長。愛知県出身。名古屋大学工学部および法学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。取締役中部システム事業部長、常務取締役西日本支社長などを経て、日本ビジネスコンピューター(のちのJBCCホールディングス)社長に就任。そのほか、関西経済同友会IT委員会委員長、関西IT戦略会議座長などを務めた。

石黒和義の名言 一覧

どんなに頑張っても時として環境はガラッと変わる。その時には素直に変えるしかありません。


天才は自分を天才だと思わない。


企業が成長することが、ひいては社会に貢献する。


一つの世界を極めることで、新しい世界が開けます。仕事だけではなく人と人との付き合いでは、極めたものがあれば深み、幅になってくる。


人の一生の中では、ゆったりと過ごす「ラーハ」のような時間も必要ですし、仕事が全てではないと思う。


企業としては、やはり自分たちの商品の良さ・ビジネスのやり方を理解してもらうことが一番大事なこと。


会社を変化させること、これこそが経営者としての醍醐味。同時に、社員に対してもより多くの成長の機会を提供する組織に出来る喜びもあると思う。


高い志を持って仕事をして欲しい。


社長として旗を振っている間は、企業の成長に自身のパワーを集中すべきです。それが、目標達成にむけて会社をがむしゃらに引っ張れなくなったら、速やかにけじめをつけたい。


高齢化というのは将来の話ではなくて現在進行形ですから、国に任せていては遅いと思うんですね。だったら、民間でできるところから始めようじゃないか、というのが私の考えです。


何か一つの小さな部分に焦点を当てた経営をするのではなく、もっと高い視点で経営を行うべきだ。


本当に優秀な経営者というのはやはり人を大切にする経営を実践している。


これからの前人未到の未来社会を見据えて、企業の戦略展開を行うためにも、トップ自らが日本の置かれた状況と近未来に確実に起こる事実を正確に理解することが求められるのは言うまでもありません。


身も心も自立した生き方について、死にざまも含めて、私たちはもっと考えることが必要な時代になってきたと思います。これは、決して人任せに社会や国の所為にするものでなく、すぐれて主観的な自分自身の問題です。


「学びて思わざれば即ち罔(くら)し」と言いますが、単に学ぶだけでなく、それをどう考えてどう行動に移すか。そういった姿勢が企業にも、社会にも、そして国にも求められている。


それなりに役割を果たしたので、そろそろ喧噪から離れて田舎生活に移るつもりでした。それが、もう少し利他的なことにも思いを馳せて、今度はあくまで個人として、もうひと働きしてみようと再考したわけです。
【覚え書き|新会社設立について】


ある年代を過ぎたら全員を高齢者扱いにして、一括りに弱者扱いするやり方では国家として成り立ちません。個人としてしっかりと自立して仕事ができる人、あるいは志がある人は社会の一員として役割を持って社会を支える側に回る。そうした個人の心身の自立度に応じて活躍の場を得ることができる環境づくりが大切。


蒐集の始まりの頃は個人の思いだったかもしれませんが、まとまった数になってくると、社会に還元して、オープンにできる形が一番良い。


人生100年時代を迎えて、経営者個人にとってもこれまで忙しさにかまけて後回しにして来て、自分らしい生き方について考えをめぐらす時が来たと思っている。もちろん個人差はあるが、まだまだ元気なパワーある経営者も多く、これからも社会を支える側に回ってほしい。


一人の人間として「善く生きる」ことについて、この際、見つめ直すのはどうだろう。自分が産業人として現場でもって経験したこと、さらに読書でその体験を補うことによって、その周りを固めることぐらいはできる。読書には先人の肩に乗って遠くを見渡せる強みがあり、この永遠のテーマの輪郭だけでもおぼろげに掴めれば、それはそれで良しとすべきである。


部長でも取締役でも社長でも、常にプレイヤーであるという気持ちは持ち続けていたいと思っているのです。その気持ちが人材を育てることにもなり、自分自身の楽しみにもなるからです。


自前で商品をしっかり作り、会社の将来を支えるようなサービスにつなげていく。そういうものを作ることが大事でした。それをやらずに、いつまでも他人様のものだけを扱うのでは、自分たちの技術は育ってこないと思うのです。


しょせん追い求めても限界はあるわけです。どこでその限界に折り合いをつけるのかなかなか難しいところですが、とりあえずは、とことん追求しよう。


インターネットは情報発信や収集では便利で大いに役立っていますが、蒐集という観点からいうとやや物足りない。自分の足で歩いて、思いもかけない出会いの中で日頃と違う世界の人たちと話し合うといった楽しみは、ネットでは得られない別物です。


コレクターとは我を忘れて夢中になり、それこそ自分の懐具合をかえりみずに、とんでもないものを買うとか、そういった無鉄砲なパワーみたいなものがあると思うんです。その勢いのあるうちは、コレクターとして躍動感に溢れて一番楽しい時期です。それが、分別をわきまえて、あれこれと講釈を述べて行動が伴わなくなると、そろそろけじめをつける時期が来たということでしょう。


40年近く興味をもって相撲錦絵を集めたわけですから懐かしさはあります。しかし最後は、蒐集家としてのけじめは一時的に預かったものは社会に還元すること。大げさにいえば天下のものは天下にかえすということでしょうか。その点、寄贈はけじめのつけ方としては一番いいと。できれば、私蔵に終わらせたくないという思いが強かったですね。


昔から日本企業は「企業は人なり」と言って、人を大切にする経営をやってきたわけです。だったら、人を大切に考える中で社員の健康というのは重要なテーマですから、私は健康経営というのは経営にとって当たり前の要素だと思います。


大切なことは、個々人のライフプラン、自分の生きがいや生き方をどう考えていくか。そうした時に当然、健康というのは一つの要素として入ってくるわけですね。そういう全体を俯瞰したような考え方でもって、自分がどう生きるんだと考えていくことで、自分事として初めて考えていけるようになると思うんです。


この3年で痛切に感じているのが、経営者を含めていろいろな方にお会いするんですけど、意外にも自分事として高齢化問題を考えている人が少ないということです。もちろん、経営者としてシニア向けビジネスを考えている人は沢山いると思いますが、経営者である前に一人の国民としてどう感じ、どう行動に移していくかが大事ですよね。


人生100年時代を迎えて、経営者自身もやはり個人として自分の生き方を考える時が来たのではないか。今は元気あふれる経営者は沢山いますよ。ですが、いずれは後輩に譲らざるを得ないわけです。そうなった時に、もうそろそろ一人にさせてくれ。隠居させてくれなんて言わないでほしい。お世話になった社会のため、あるいは子々孫々のために、新しい世界でもってこれからも社会を支える側に回ってほしいと。それがひいては自分のためでもあるんです。


石黒和義の経歴・略歴

石黒和義、いしぐろ・かずよし。日本の経営者。「JBCCホールディングス」社長・会長。愛知県出身。名古屋大学工学部および法学部卒業後、日本アイ・ビー・エムに入社。取締役中部システム事業部長、常務取締役西日本支社長などを経て、日本ビジネスコンピューター(のちのJBCCホールディングス)社長に就任。そのほか、関西経済同友会IT委員会委員長、関西IT戦略会議座長などを務めた。