名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石野博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石野博のプロフィール

石野博、いしの・ひろし。日本の経営者。「関西ペイント」社長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、三菱商事を経て関西ペイントに入社。常務、専務などを経て社長に就任。

石野博の名言 一覧

「大手のいない場所を攻める」「餅は餅屋」など、戦い方は、なるべく分かりやすい表現で社内に繰り返している。


戦略を決めたら、社長の大切な役割は社員が活躍できる舞台をなるべく多く用意すること。


課題は山ほどある。世界トップクラスになるために、残された時間はあまり多くない。


不思議なことに、コンセプトが明確になると、戦略はおのずと見えてくる。


今、効果をあげているのは、様々な部門で開かれているグローバルミーティング。会議は基本的に日本でやる。というのも、コミュニケーションの壁が厚いのは、圧倒的に日本人だから。会議とは直接関係ない人にも参加してもらって、外国人との会議の様子を見てもらう。「なんだ、こんなものか」と思ってもらえれば、しめたものだ。


組織の意識改革には、何よりも出発点の位置付けが大切。私はコンセプトと呼んでいるが、打ち出し角度を間違えると、とんでもない方向に会社が向かってしまう。一度走り出すと、方向を変えるのには大変な労力が必要になる。


社長に就任した際、会社を「ミドルクラスのレイトカマー(新参者)」と位置付けた。確かに、関西ペイントは自動車向け塗料ではトップクラスの企業だ。国内でも当時は最大手。けれど、世界ではまだまだ。規模もスピードも足りない。そんな会社が世界企業と戦うためには、まずチャレンジャー精神を持ちましょうと。挑戦者として、世界大手に挑む会社になろうと再定義した。そして、最後には世界トップグループ入りするぞと。


石野博の経歴・略歴

石野博、いしの・ひろし。日本の経営者。「関西ペイント」社長。兵庫県出身。東京大学法学部卒業後、三菱商事を経て関西ペイントに入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ソレイシィ

現在の日本企業の英語研修の多くは「ネーティブのビジネス英語」のような教材を用い、お決まりのフレーズの紹介をして、それらを理解するだけで終わってしまいがちだ。この方法では、社員の大半はTOEICなどの試験の穴埋め問題を解く勉強ばかりに重きを置いてしまう。英文法や小難しい単語を知っている社員は増えても、実際に英語を話すシーンにおいて言いたいことをうまく言い表せる社員は育たない。このような状況を改善するために、能動的に自分で英文を作る練習をするような「発信型」の英語研修が必要だ。そして、その成果をスピーキングテストなどを用いて測定し、実際に話せるようになったかどうか、習熟度を確認するのが効果的だ。


夏野剛

「英語」と「プログラミング」は、現代の読み書きそろばん。大学生たちにも、この2つだけはやっておくように言っている。


坂本孝

若い頃の失敗から得た教訓の数々が、40歳を過ぎてから生きてくる。だから40歳からが仕事は面白いのです。


織田裕二

結果的に、「一生懸命」は道を開く。


松本正義

グローバリゼーションという視点は大事です。ただ、グローバルというかけ声の下で関西独自の魅力が埋没するようなことにならないよう、関西の強みを磨いていく必要があると思います。その際に考えるべきことは、決して東京との比較ありきではない。アジアをはじめとする世界の中でいかに関西の存在感を高めるかが重要。


橋本和仁

インテルのCPUビジネスは、中身をブラックボックス化すると同時に、活用方法を積極的に開示する。競合する企業にCPU本体で競争するより、周辺で稼いだ方が効率が良いと思わせることで中身を守っている。


渡辺康幸

僕は選手にできるだけ多く接して、コミュニケーションを密にしようと努めています。月曜を除く毎日、朝練は6時に始まりますが、いつもグラウンドに一番乗りします。練習前はチーム全体に語りかけ、練習後は挨拶に来る一人一人と話します。選手とジョギングしながら会話することもあります。週二日は競走部の合宿所に泊まり、彼らと食事や風呂を共にしています。


尾崎元規

いまの時代、企業はどのように情報を収集し、どう発信するかをきちんとコントロールする必要があります。だからこそ、トップが責任を持って決意を示し、その活用についてトップが旗を振らなければいけない。組織内で情報の温度差が生まれることは絶対に避けなければいけない。そのためにもITに関する基本的な考え方やコアの部分について責任を持って進める必要があると思う。


宮原道夫

新コーポレートスローガン、新たな経営理念は「当社が何のために事業を行うのか」という根本的な問いへの答えから生まれたもの。


笹氣健治

ネガティブな感情は自分の課題を明らかにするきっかけでもあります。せっかく辛い思いをしたのですから、この経験を生かしてスキルアップすれば「あれはとても貴重な経験だった」と振り返ることができる日がきっとくるはずです。


鍜治真起

「自分は何が好きか」などと、あまり真剣に考えすぎても、委縮して身動きが取れなくなってしまいます。ですから、「自分がやりたいのはこれだ!」などと頑なになりすぎず、「なんとなくこちらだと、やる気が出るな」といった感性にも目を向ける。そうして自分の尺度にあった仕事を求めていけば、いいのではないでしょうか。


古井祐司

とくに危ないのは「疲れの感度が弱い人」。仕事に夢中になるあまり、疲労を感知できないタイプの人です。こうした人は気づかないうちに限界を超えていて、ある日突然倒れてしまう可能性があります。