名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

石野信一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石野信一のプロフィール

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

石野信一の名言 一覧

座右の銘というほどでもありませんが、私の好きな言葉に「水は科(か)に満ちて流る」という言葉があります。私が大蔵省にいたころに、鎌倉の円覚寺の故朝比奈老師から私の家内が頂いてきた、その著「佛心」という本の中に出ていた言葉です。水は常に淡々と低きにつくという自然の摂理に従って流れていく。決して逆行はしない。そしてもし、穴やくぼみがあればまずそれを満たす。決して飛び越えたりしない。穴やくぼみがいっぱいになれば、また淡々と流れ始める。


世間には大蔵省というところは秀才が大勢集まっていて、出世を争っている冷たい職場だろうと思っている人がいるかもしれませんが、中にいると全然そういう雰囲気はありません。むしろ一つのポストを狙ったり争ったりすることは、先輩同僚など周囲から軽蔑されることになる。人事は何となく、そういう周囲の世論のようなもので評価が決まって、自然に流れているのです。政治家も無理な干渉はできません。


私は我ながら幸運な人間だと思います。大蔵省でも私の身体をいたわって部下が一生懸命働いて支えてくれました。銀行へ来てからも、役員行員が張り切ってくれて、天下りで事務を知らない私を支え、当時神戸銀行は預金の伸び率で都銀中一番という月が続きました。


石野信一の経歴・略歴

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

他の記事も読んでみる

室井俊男

「君に任せる」と体裁のいいことを言い、放置するのは無責任。進捗状況を把握しながら、部下に自分のやり方で目標を達成させることこそが放任主義です。困難に直面している部下に対して、あれこれ口を挟むと追いつめる結果になることもあります。温かく見守りつつ「責任はオレが取る」と重圧から解放しよう。


松田昌士

経営陣と現場が直接、言いたいことをぶつけ合うことが大切です。この対話が少しでもズレると、そこに異常事態が起きてしまう。


ルパート・マードック

日本でデジタル多チャンネルという、巨額の資金を投下するベンチャーを成功させるためには『信ずる』ことが必要だ。この国には信ずるに足るだけの 理由がある。第一に、日本の庶民の所得は世界でも高い水準にある。新しいサービスにこたえる能力がある。第二に、日本人はエレクトロニックへの強い関心が ある。われわれは、これまで世界のどこでもその国のソフトを生かすことで成功してきた。日本でも同じだと考えている。


有賀修二

製品の付加価値を上げるための新規投資は必要。装置の入れ替えなど、プロセスを工夫するための投資は今後も絶え間なくやっていきます。


富田直美(経営者)

僕は「富田考力塾」という塾を開いています。今の人は考えることをしなくなってしまった。なんでもコピペしてしまうからね。


森田仁基

たとえ失敗しても、意外と他人は気にしないもの。ミクシィに入社して以来、僕は大きな失敗を何度もしてきましたが、モンストがヒットしたら、以前のことは皆さんすっかり忘れてくれました(笑)。


松岡正剛

表面的な知識やスキルではなく、教養を身につけるには、歴史のある場面について、深く掘り下げて考えてみることが大切。


クルト・ボック

自分にとって最良のものを確保しようというのはエゴです。提携の協力関係を通じて、それぞれが何を得られるのかを分かり合うことが大切です。必要以上のものを求めないという姿勢がベストではないでしょうか。


朝井リョウ

集中力の持ち方次第でスピードの質を変えられることも、会社に勤めているからこそわかったこと。学生からそのまま専業作家になっていたら、気づかなかったかもしれません。


小室淑恵

うちは夫が省庁勤務で夜は帰宅時間がまったく読めません。ならば朝の時間を使ってはどうかと考えました。いまは夫婦ともども早起きをして子供と一緒にお風呂に入ったり、ゆっくり絵本を読んであげたりするようになりました。子供が夫になつくようになりましたし、私自身も一人で育児をする負担から解放されて、日常が上手く回るようになりました。


関正生

受験勉強を経験しても英語を話せないのは、学習量が足りないせいです。話せるようになるには、さらなる勉強が必要です。しかし、話せるようになるまでには、皆さんがイメージするより多くの時間と労力を要するでしょう。語学というものは、それだけ大きく複雑なスキルです。……と、脅かすようなことを言いましたが、これは挫折を防ぐ考え方でもあります。何度頑張っても単語を覚えられない、というとき「それで当たり前」とわかっていれば心が折れる心配もありません。


中島一明

(新しいシステムの)導入を中途半端に現場任せにせず短期決戦でやりきる会社が導入に成功しやすいですね。私たちのサービスは営業を効率化するためのツールです。徹底して使っていただければ顧客訪問に費やす時間とコストを大幅に削減できます。しかし業務改革には現場の反発がつきもの。どうしても時間をかけて導入しがちですが、時間をかければかけるほど、効果が出づらいのです。もちろん会社の規模や業種にもよりますが、1年かけてゆっくり移行させるくらいなら、3か月くらいでパッと変えてしまったほうがいい。以前、導入のタイミングで、上司の了承を得ない限り、訪問営業を禁止にしたお客様がいらっしゃいましたが、短期間でやり切り、効果を実感されていました。