名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石野信一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石野信一のプロフィール

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

石野信一の名言 一覧

座右の銘というほどでもありませんが、私の好きな言葉に「水は科(か)に満ちて流る」という言葉があります。私が大蔵省にいたころに、鎌倉の円覚寺の故朝比奈老師から私の家内が頂いてきた、その著「佛心」という本の中に出ていた言葉です。水は常に淡々と低きにつくという自然の摂理に従って流れていく。決して逆行はしない。そしてもし、穴やくぼみがあればまずそれを満たす。決して飛び越えたりしない。穴やくぼみがいっぱいになれば、また淡々と流れ始める。


世間には大蔵省というところは秀才が大勢集まっていて、出世を争っている冷たい職場だろうと思っている人がいるかもしれませんが、中にいると全然そういう雰囲気はありません。むしろ一つのポストを狙ったり争ったりすることは、先輩同僚など周囲から軽蔑されることになる。人事は何となく、そういう周囲の世論のようなもので評価が決まって、自然に流れているのです。政治家も無理な干渉はできません。


私は我ながら幸運な人間だと思います。大蔵省でも私の身体をいたわって部下が一生懸命働いて支えてくれました。銀行へ来てからも、役員行員が張り切ってくれて、天下りで事務を知らない私を支え、当時神戸銀行は預金の伸び率で都銀中一番という月が続きました。


石野信一の経歴・略歴

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

他の記事も読んでみる

村上憲郎

経済にはトレンドがあるのですから、社会的役割を終えた企業が消えていくのは健全なことです。


星野佳路

再建先のスタッフは上意下達の文化に染まりきっていることがほとんどです。星野リゾートによる支援が決まり、初めてその施設へ出向く。すると幹部らをはじめ、スタッフ全員が出迎えてくれます。気持ちはありがたいが、その裏には「あなたが責任者なのだから、好きに決めてくれ」という当事者意識の希薄さが透けて見えます。まずはこの意識を変えなくてはいけません。


山本幸美

上司や先輩からアドバイスをもらい、他の部署からも協力してもらう「応援される力」を高めるには、すべてのコミュニケーションを「感謝」からスタートさせること。卑屈にならず、感謝の言葉を伝えましょう。


村田昭治

顧客との関係づくりの基本はたゆみない価値づくり、関係価値づくりの活動にある。


工藤公康

「あるべき自分の姿」が見えたら、是が非でも、その通りの自分であり続けようとすることで、少々のことではビクともしない感情の基盤ができるはず。そのうえで、局面に応じた感情のコントロールを実行すれば、そう簡単にはブレません。


藤井清孝(経営者)

本当のロジックというものは、前提条件を外しても成り立つものです。偏ったロジックであるかどうかは、前提条件を外してみるとすぐにわかります。


柳弘之

一般のメーカーの場合、技術系社員は海外に出さずに、日本国内で研究開発をさせる場合が多いと思いますが、弊社のように海外生産が9割ともなると、生産現場をまったく知らずに製品の設計をしなければならないことになりかねない。これは、大変に不安なことです。そこで、技術系の社員も必ず入社4年目までに海外に行くよう配慮をしています。


エマニュエル・プラット

ラグジュアリービジネスを展開するには、伝統と革新の間でバランスをとることも大切です。シャンパンのモエ・エ・シャンドンが創業したのは1743年で、フランス革命よりも前のことです。日本で江戸時代中期にできたブランドが今日まで成長していることになります。ナポレオンはモエ・エ・シャンドンを愛してやまず、ロシア遠征でも手元に置きました。このような歴史と伝統を守りながら、なおかつイノベーションを起こしていく必要があります


島田雅彦

斜に構えた話ばかりをしていたら「狼少年」のように誰にも相手にされないというか耳を傾けてもらえなくなりますから、そこはやはり不利益を被るということもあって、最近はベタに回帰しているわけです。


渡部優衣

厳しいことを言われたりもしましたが、負けず嫌いな性格なこともあり、「こんちくしょー」と悔しさをバネに乗り越えてきました。


平野友朗

SNSでの書き方について、私は「満員電車の中で話せる内容にとどめてください」とアドバイスをしています。ネット上も公共空間です。大きな声で、他人の悪口を言うことは控えましょう。


和田秀樹

人間のやる気というのは、報酬の大小よりも、達成可能性の高低に左右されることが多いのです。このことを日々の仕事に応用すれば、仕事のゴールを細かく分解して、それを達成するごとに自分に少しづつ「報酬=ご褒美」をあげる、というやり方が考えられます。