石野信一の名言

石野信一のプロフィール

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

石野信一の名言 一覧

座右の銘というほどでもありませんが、私の好きな言葉に「水は科(か)に満ちて流る」という言葉があります。私が大蔵省にいたころに、鎌倉の円覚寺の故朝比奈老師から私の家内が頂いてきた、その著「佛心」という本の中に出ていた言葉です。水は常に淡々と低きにつくという自然の摂理に従って流れていく。決して逆行はしない。そしてもし、穴やくぼみがあればまずそれを満たす。決して飛び越えたりしない。穴やくぼみがいっぱいになれば、また淡々と流れ始める。


世間には大蔵省というところは秀才が大勢集まっていて、出世を争っている冷たい職場だろうと思っている人がいるかもしれませんが、中にいると全然そういう雰囲気はありません。むしろ一つのポストを狙ったり争ったりすることは、先輩同僚など周囲から軽蔑されることになる。人事は何となく、そういう周囲の世論のようなもので評価が決まって、自然に流れているのです。政治家も無理な干渉はできません。


私は我ながら幸運な人間だと思います。大蔵省でも私の身体をいたわって部下が一生懸命働いて支えてくれました。銀行へ来てからも、役員行員が張り切ってくれて、天下りで事務を知らない私を支え、当時神戸銀行は預金の伸び率で都銀中一番という月が続きました。


石野信一の経歴・略歴

石野信一、いしの・しんいち。太陽神戸銀行取締役。明治45年生まれ。東大法学部卒。大蔵省入省後、銀行局長、主計局長を経て大蔵事務次官に。その後、神戸銀行入行。太陽銀行との合併を成功に導き、頭取に就任

他の記事も読んでみる

宮崎駿

いまはニヒリスティック(虚無主義的)になるのが一番簡単な世の中なんです。そう思いません?誰でもそういうものを持ってるし、それが浅かろうか深かろうが、たぶん大抵浅いだろうと思うんですけど、ニヒリスティックになったり、ヤケクソになったり、刹那的になるってことを、いま、僕は少しも肯定したくない。それは自分に対する敗北ですよ。自分の日常生活がどれほど馬鹿げてて、もし自分の車に機関砲がついてたら周り中を撃ちまくりながら走ってるだろうと思っても。


和田博(ヴァリアント社長)

仕事でよくあるじゃないですか。やりますって言ったけどやってない。怒鳴られて「はい!今すぐやります!」って威勢良く返事をしても、やっぱりその仕事ができない。こういう事はよくある。あれって、身体がついてきてないわけだから。


藤田晋

圧倒的な努力をすれば、評価されようがされまいが、自分自身、納得できるようになる。そうした圧倒的な努力が、後から評価につながってくる。


加地倫三

モノ作りは志がすべて。番組も企画も、すべては作り手の人間性がにじみ出る。人間の根本が歪んでいたら、いい仕事はできない。


飯野修一(経営者)

9800円だと安物と思われる危険性がありますが、1万円だと企業努力と感じてもらえます。


吉田美紀子

今は週4~5日を特養ホームで働いて、週1で障害児の通学付き添い、空いた時間でマンガを描く三足のわらじ生活です。介護の仕事はやった分だけスキルが身につくのがいい。40代から始めても60代にはキャリア20年のベテランになれているはずなので、マンガの仕事がなくなっても、これで食べていけたらと思っています。


佐藤孝幸

仕事も勉強も徹底的に効率化すれば両立できる。私は働きながら2年以内に資格を取得すると決め、1回の受験で合格してきた。2年の理由は、やる気と集中力が持続するのはそれぐらいが限界だから。


安田正

話が長い人は、自分はまだまだ話し足りないと思って話をしているものです。人には自分の思いをすべて話したいという欲望があるからです。ところが話すのと聞くのとでは、聞いているときの方が時間を長く感じます。話し手はまだまだだと思っていても、聞く方はすでにウンザリなのです。まずは、そこに気づくことが大切です。


滝野一征

優秀な人は、優秀な人と一緒に仕事をしたがる。


尾崎裕

リスキーでも新しいアイデアを採り入れてチャレンジするのは、やはり若い人でしょう。過去に縛られず、新しい発想を取り入れられる、新しい経営者に交代していく意識が必要です。


清家修吾

当社は2年ごとに社長を替えています。社長が次々に代わることで、社内に「上に頼らず、何事も自分たちで解決しよう」という空気が醸成される。


中山泰男

(社長と会長の交代は)社外取締役などいろいろな人の考え方があり、基本的には指名報酬委員会と取締役会で議論した結果です。その理由は一言、「将来のセコムの企業価値を向上させていくためには、ここで人心を一新した方がいい」。そこに尽きます。お二方の功績はもちろん大きい。それは認識した上で、将来を見たときに一新が必要だったということです。長い時間をかけて議論してきました。


三木谷浩史

銀行とか商社とか大企業が日本を変えたり、社会を作っていくという時代はもう終わった。これからはむしろ個人や中小企業が、既成事実を積み重ねて新しい社会を作り、日本を変えていく。


藤井清孝(経営者)

本当のロジックというものは、前提条件を外しても成り立つものです。偏ったロジックであるかどうかは、前提条件を外してみるとすぐにわかります。


大倉忠司

世襲をしないと明言しています。同族企業を否定しているわけではありません。私の場合は最初から全国チェーンをめざしたので、社員全員が喜んで働き、また平等に社長になれる機会のある会社にしようと思ったまでです。スタッフ全員、皆の会社という意識で進んできました。「世襲をしない」と決めたことで、会社は自分のものではなく社会のものだと思えるようになったことは、私自身にとって大きな意味があったと思います。


ページの先頭へ