名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石見浩一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石見浩一のプロフィール

石見浩一、いわみ・こういち。日本の経営者。アウトソーシングの「トランスコスモス」社長。味の素を経てトランスコスモスに入社。取締役、取締役事業開発統括本部副本部長、常務取締役、上席常務執行役員、専務取締役、トランスコスモス韓国法人会長、トランスコスモス副社長などを経て社長に就任。

石見浩一の名言 一覧

常に変化していないと生き残れない。


3万人のスタッフのうち、本社で働いているのは2千人ほど。社員のほとんどはお客様とともに現場で働いています。その現場での気づきが、新たな事業の礎(いしずえ)になっています。


様々な現場で働いている社員の力を活かすには、部門間コミュニケーションが重要です。現場での気づきがあっても、その共有と活用ができなければ新事業に結びつけるのは難しい。


戦略を立てるときには、部門を越えて情報共有・事業連携をうまくとらなければなりません。


当社が次々と新しいサービスに挑戦するのは、一つには時代の要請があるからです。ITの進化の中で、必要とされるサービスは次々と変化しています。


当社の成長のポイントは「人」「プロセス」「テクノロジー」の3要素です。


海外事業において大事なのは現地化。現地の人材を育てることは当然です。同時に考えなければいけないのは「現地の人材をいかに助けるか」「何のために我々が行くのか」ということです。


海外に行く人材は別に語学は十分にできなくてもいい。それよりも、現場で苦労した人が海外に行くことで、現地の人たちに「何をやると成功し、何をすると失敗するのか」を伝えられます。「体験を持って外国に行け。語学は現地で学べばいい」というのが当社の姿勢です。現場での経験というDNAを持った中堅クラスの人材を動かすことが、海外での成功につながるのです。


人は「同じ場所で安定した給料をもらい続けるのがラク」とも考えてしまうもの。だから、会社が変化し続ける姿勢を社員に見せることが必要です。その具体的なムーブメントが組織変更です。変化するお客様のご要望に対して、先を読み、新事業を立ち上げ、部門間異動も活発にする。それによって、変化することによって得られるものを教える。「うちは変わり続ける会社なんだ」「自分たちが変化を起こすんだ」「変化を起こすことは正しいんだ」というDNAが確実に培われています。それが当社の強みを生み出している最大のポイントでしょうね。


研修制度を充実させる最も大きな目的は、社員のモチベーションやスキルを高めることです。給与や福利厚生といった要望はもちろんあるにせよ、ビジネスマンの一番の望みは「自分が成長したい」「良いキャリアを歩みたい」ということでしょう。その望みとともに自分自身の意志で現場で実践してもらうことで、社員のモチベーションと自信が湧いてくる。それが人材を育てるために大切なことだと考えています。


当社の人材育成の特色は自主的な研修制度でしょう。たとえば「TCIビジネススクール」という制度があって、会計や語学をはじめ、汎用的なビジネススキルを学びたいという社員が休日などを利用して自由にキャリア開発を図れるようになっています。社内外からスペシャリストを講師に招き、すでに50科目を超えるコースができています。


面談して話を聞き、表情から悩みや要望を探る。評価する際にも、書面を渡すだけではなく、必ず会って話しながら伝える。こうしたダイレクトコミュニケーションを大切にしてこそ、現場の気づきを共有することもできるし、また人材を育成することもできるのです。


とても重視しているのがダイレクトコミュニケーションです。私自身、あまり電話やメールを使いたくない、社員に何かを伝えたいときには必ず直接会いたいと思っていますし、管理者には「現場、現実を知るために、つねに部下と顔を合わせるように」と言っています。


各部門でのグッドオペレーション(良い事例)を蓄積し、誰がノウハウを持っているのかもデータベース化して、必要があれば、イントラだけでなく、電話でもすぐ聞けるようにしています。これによって変化を生み出しやすい環境を作っています。


当社が大事にしているのが、当たり前のマネジメントサイクルをしっかりと回すこと。具体的には、毎日朝礼を開いて経営の理念とビジョン、サービスマインドを唱和する。終礼もその日の反省と次の日の対応のために実施する。これをすべての現場で実行しています。さらに、週次、月次の会議、クォーターレビューなどでの表彰、年次の戦略ミーティングも欠かせません。こうしたごく当たり前のマネジメントサイクルをしつこく回す。これが、みんなの意識を一つにする唯一のマネジメント手法ではないかと思います。


石見浩一の経歴・略歴

石見浩一、いわみ・こういち。日本の経営者。アウトソーシングの「トランスコスモス」社長。味の素を経てトランスコスモスに入社。取締役、取締役事業開発統括本部副本部長、常務取締役、上席常務執行役員、専務取締役、トランスコスモス韓国法人会長、トランスコスモス副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

金子和斗志

若い人を採用するからには、その人たちが将来にわたって夢を持ち、前向きに躍進していけるような企業でなければなりません。


千本倖生

ちょうど4人目の子供が生まれた時。企業年金もあと1年で受給資格になるので、上司や同僚はもちろん、母校の教授からも、気違い沙汰だと慰留されました。20年近くいた会社で愛着もあったのですが、日本の消費者のためになり、かつ自分の人生を内面から豊かにするには、壁を飛び越えるしかないと思い、決断しました。

【覚え書き|42歳で電電公社(NTT)を辞めたときを振り返って】


カルロス・ゴーン

当社の戦略はローカリゼーション、現地化にある。


庄田隆

人の病気、疾患は非常に多く、それを全部カバーするのは目標が遠大すぎます。我々が持つ技術と、世の中で治療ニーズが高い疾患を比較検討した結果、研究開発の4つの重点疾患領域にたどり着きました。4領域すべてで世界トップクラスの製品群を持ち、それを世界の主要な市場で自らの組織で生産販売していくことを目指します。


宮本彰

みんなにウケる商品ではなくて、特定の人が待ちに待っていた商品。これを打ち出す独創性をいかに伸ばすかが重要。


小池淳義

いまは製品開発にものすごく速いスピードが要求される。自社の持つ技術のみを総合して何かをつくろうという発想は危険。


若林正恭

しくじり先生の貴重な授業の数々で自分の心に一番残ったこと。それは「自分の弱さと向き合うことが一番難しい」ということである。特定の信仰を持つ人が少ないこの国では、自分の弱さを神の視点を通さずに自らの力でじっと見つめるのは難しいのではと感じた。


イチロー(鈴木一朗)

大事にしているのが、ゲーム後から寝るまでの2、3時間です。この時間のうちにその日のことを振り返って結論を出さないと、確実に引きずってしまいます。本来は、その日起きたことは、できるだけクラブハウスで整理する。それが理想です。


竹内一郎

見られることを意識し続けるのは難しいですが、たとえば身近にいる優秀な先輩、魅力的な上司を見て「いいな、自分もああなりたい」と思ったり、逆に「ああはなりたくない」と感じたりするのは自然な動機づけになるはずです。演技でもそうなのですが、第一印象も「真似」から入るのが一番です。


大橋未歩

「大橋とは仕事をしたくない」というスタッフの声を聞いたとき初めて、「すべてを根本から見直さなければダメになる」と実感しました。それがチームや仲間の大切さについて考え直すきっかけになりました。その結論として、自己主張が強い自分を改め、「自分を押し殺して仕事をしよう」と覚悟を決めて臨みました。与えられた仕事を精一杯こなしたうえで、自分自身が疲れていたとしても、まずスタッフに「大丈夫ですか? 疲れてませんか?」と声をかけるなど、すべてにおいて謙虚な姿勢を貫いたんです。その結果、少しずつ周囲からの見方が変わり、「大橋はよくがんばっている」と、以前とは180度違う評価になっていました。


太田彩子

私が実践しているのは、未来の視点から現在の自分を眺めること。自分を客観視するのです。そして、怒りや悲しみに悶えている現在の自分に対し、その難局を乗り越えた未来の自分は、なんと声をかけてくるだろうかと想像してみます。未来の自分から「あの失敗でこう成長できた」「この逆境にはこういう意味がある」などというメッセージをもらえれば、現在の出来事に対する捉え方も変わってくるはずです。


福澤武

現在は、明治維新のときの第一の開国、敗戦時の第二の開国に続く、第三の開国期であると、慶應義塾大学の石川忠雄元塾長から聞いたことがあります。石川氏は「第一、第二の開国のときには、誰の目にも世の中が大きく変わっていることが明らかで、日本国民はある程度危機感を持つことができた。しかし第三の開国期は、世の中がものすごく変化しつつあるのだけれど、はっきり目に見えない。日本はもうひとつ危機感が足りないように思える」と話されました。