名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

石田退三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石田退三のプロフィール

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

石田退三の名言 一覧

我々だって、もっと新しい車、もっといい車をつくるために、口では言えん苦労しとる。会社の名前や組織だけで売ろうとしても時代遅れだよ。


トヨタを追撃するという姿勢でなく、いい品物をつくって出すという考えでないとトヨタを追撃できませんよ。


人生は真剣勝負の連続である。


外見だけ立派でも、中身は大して進歩していない。これが一番、私の嫌いなことである。


誰もやり手がなければやってもいい。ただし、私に任せる以上は、はたからクチバシを入れるのは一切差し控えてもらいたい。知ったかぶりでゴチャゴチャ言われるのが、一番経営を誤らせる元だから。
【覚書き|トヨタ自動車の経営再建のため社長になることを依頼されたときの返答】


戦争はどんどん苛烈な様相を深めており、資材さえあれば仕事は何でもやった。機関銃をつくれという注文が来た。機械もないし、やれそうもないと思ったが「なに、弾丸が飛び出しゃいいだろう」という、そこは戦争中の敢闘精神というやつで、とにかくこしらえた。試射をやるとき、弾丸が出ないと困るので熱田神宮の前で10挺ほど並べて祝詞をあげてもらった。いまから考えると、何とも滑稽な話だが。このとき10挺持っていったうち、的に当たったのが7挺、それだけ合格というわけだった。


思うに、(豊田)佐吉さんは、頭の中がいつも織機の進歩改良のことでいっぱいで、他事に気をまわしている余裕がなかったのだろう。それだからこそ、あの世界的に有名な自動織機の完成ができたのだろうと思う。
【覚書き|豊田佐吉氏は自動織機の発明者。その会社、豊田自動織機の自動車部門がのちに独立しトヨタ自動車となった】


叔母さんの教育は「貧乏は駄目だ。とにかく出世しなければ」という思想だった。貧すれば鈍するということを身に徹して思い知らされているらしかった。「貧乏していたら、まず第一に誰にも頭が上がらないじゃないか」ともいっていた。それが近江商人の考え方で、私たちは朝から夜中まで、この思想でビシビシと鍛えられた。とにかく我武者羅に勉強させられ、将来の栄光のために現在の困苦に耐える鍛錬を積んだことは、のちの生涯のためにどれだけ役に立ったか計り知れないものがある。
【覚書き|旧制中学時代、5年間叔母の家で生活していたときを振り返っての発言】


私はもちろん、現在の会社の自動車がそんなに自慢なわけではない。これから一日も早く国際水準価格に持っていきたい。そして国際水準の性能を出したい。これが眼目である。


自動車を始めて私が得た信念は「金ができたら設備の方へ回せ。人間で能率を上げてはいかん。機械で能率をあげよ」ということであった。
【覚書き:1950年の大規模ストライキ中にトヨタ社長に就任。激しい労使交渉を経験した後に語った言葉】


石田退三の経歴・略歴

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

他の記事も読んでみる

山本良一(経営者)

我々は、百貨店という「一本足」でこれからの商売が成り立つとは思っていません。現在、グループ全体の営業利益に占める百貨店事業の割合は54.7%ですが、統合当初の78%と比べてずいぶん下がりました。都市型商業施設のパルコとか、雑貨店のプラザとかの貢献度が年々増えているのです。


佐藤達哉(サトウタツヤ)

相手が仕事上でどう思っているかを頭の先からつま先までじっと心の中で観察し、気を配ってみるとこれまで見えなかったものが見えてくる。


塩崎均

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。


フローレンス・ジョイナー

試合前にやらなくちゃいけないことをきちんとやっただけです。
【覚書き:上記はソウル五輪で金メダルを獲得した時、勝利の秘訣を問われてのコメント】


浜田宏一

日本の教育では、あまり競争させませんが、競争しないと自分の能力を発見できない。


内藤誼人

人が何かを習慣化するためには約3週間かかり、それを超えたら、習慣がその人にとって欠かせないものになります。これをマルツの法則といい、心理学者マックスウェル・マルツ博士の実験で明らかにされています。ともかく3週間は、何としてでも頑張り続けましょう。


茂手木雅樹

エンジニアは教育や先端技術の習得に対する意識が高く、当社としてはキャリア制度の充実や社内勉強会の開催などを行ってきましたが、コスト面の問題もあって決して十分なものではありませんでした。教育事業ではブランド力のある『KENスクール』をグループに取り込むことで、研修費用の削減だけでなく、現場のエンジニアにとって講師がメンター的役割を果たして定着率の向上に貢献するなど、今ではグループになくてはならない存在になっています。こうした教育機関を活用すれば、新卒、中途採用者ともにキャリアパスが明確になるため、転職する必要がなくなります。新たなキャリアにチャレンジする方に対しても、スクールで勉強した後にグループ内で最適な職場環境を提供することが可能です。


木村英文(木村飲料)

「わさびラムネ」を発売すると決めたとき、あえてまずいものを作ろうというのですから、社内は開発段階から大反対です。でも、強行して作ってみたら面白がって置いてくれるお店がありました。いつでも売れる冬眠しないラムネであることがわかったのです。お客さんは「あいつに飲ませてやろう」とパーティーの罰ゲームグッズのような感覚でシーズン問わず買っていくようです。「わさびラムネ」を買っていくお客さんには味はそんなに関係ないんです。
【覚書き|わさびは同社がある静岡県の特産品のひとつ】


原口博光(経営者)

当社は創業126年の老舗タイルメーカーで、これまで同族経営を続けて来ました。今回、初めて私のような外様の若造が社長になったのです。突然やってきた私が上からものを言ったところで、誰も言うことを聞いてくれません。ましてタイル業界にはこの道20年、30年のベテランが多く、素人の私は簡単に口を挟めない。どうしたらプロフェッショナルの彼らに認められるか、私が重視したのは「質問」です。素人なりに勉強して相手を尊重しつつ、疑問を投げかけるのです。


名越康文

人間関係について会社だけという状況は危険です。仕事で思いつめたら、それを相談できるようなプライベートの人間関係はきちんと継続しておきたいところです。週に2日休みがあるなら、1日は本当に会いたい人と会うために使った方がいいでしょう。とにかく親身になって話を聞いてくれる人との時間を絶やさないことが重要です。


宇佐美里香

練習と違うことを試合でいきなりやることはできないので、試合の良し悪しは、すべて練習の結果なのです。


カルロス・ゴーン

企業の問題を解決するのに、トップがひとりで何もかもを引き受ける必要はないと思っています。それよりも、さまざまな分野で人々にチャンスを与え、優秀な部下を育てることの方が大切です。そのうえで、トップはその部下たちの報告を聞いて適切な判断を下したり、あるいは部下たち自身が判断できるようにすればいいのです。