名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石田退三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石田退三のプロフィール

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

石田退三の名言 一覧

我々だって、もっと新しい車、もっといい車をつくるために、口では言えん苦労しとる。会社の名前や組織だけで売ろうとしても時代遅れだよ。


トヨタを追撃するという姿勢でなく、いい品物をつくって出すという考えでないとトヨタを追撃できませんよ。


人生は真剣勝負の連続である。


外見だけ立派でも、中身は大して進歩していない。これが一番、私の嫌いなことである。


誰もやり手がなければやってもいい。ただし、私に任せる以上は、はたからクチバシを入れるのは一切差し控えてもらいたい。知ったかぶりでゴチャゴチャ言われるのが、一番経営を誤らせる元だから。
【覚書き|トヨタ自動車の経営再建のため社長になることを依頼されたときの返答】


戦争はどんどん苛烈な様相を深めており、資材さえあれば仕事は何でもやった。機関銃をつくれという注文が来た。機械もないし、やれそうもないと思ったが「なに、弾丸が飛び出しゃいいだろう」という、そこは戦争中の敢闘精神というやつで、とにかくこしらえた。試射をやるとき、弾丸が出ないと困るので熱田神宮の前で10挺ほど並べて祝詞をあげてもらった。いまから考えると、何とも滑稽な話だが。このとき10挺持っていったうち、的に当たったのが7挺、それだけ合格というわけだった。


思うに、(豊田)佐吉さんは、頭の中がいつも織機の進歩改良のことでいっぱいで、他事に気をまわしている余裕がなかったのだろう。それだからこそ、あの世界的に有名な自動織機の完成ができたのだろうと思う。
【覚書き|豊田佐吉氏は自動織機の発明者。その会社、豊田自動織機の自動車部門がのちに独立しトヨタ自動車となった】


叔母さんの教育は「貧乏は駄目だ。とにかく出世しなければ」という思想だった。貧すれば鈍するということを身に徹して思い知らされているらしかった。「貧乏していたら、まず第一に誰にも頭が上がらないじゃないか」ともいっていた。それが近江商人の考え方で、私たちは朝から夜中まで、この思想でビシビシと鍛えられた。とにかく我武者羅に勉強させられ、将来の栄光のために現在の困苦に耐える鍛錬を積んだことは、のちの生涯のためにどれだけ役に立ったか計り知れないものがある。
【覚書き|旧制中学時代、5年間叔母の家で生活していたときを振り返っての発言】


私はもちろん、現在の会社の自動車がそんなに自慢なわけではない。これから一日も早く国際水準価格に持っていきたい。そして国際水準の性能を出したい。これが眼目である。


自動車を始めて私が得た信念は「金ができたら設備の方へ回せ。人間で能率を上げてはいかん。機械で能率をあげよ」ということであった。
【覚書き:1950年の大規模ストライキ中にトヨタ社長に就任。激しい労使交渉を経験した後に語った言葉】


石田退三の経歴・略歴

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

他の記事も読んでみる

小田豊(経営者)

値上げしてもお客さんが離れていかないよう、お菓子には工夫を加えています。例えば昨年発売した「マルセイキャラメル」には、当社のビスケットを混ぜるなどして、独自性を打ち出しています。


山田昭男

人をルールで縛るからダメになる。縛りを解けばやる気になる。


ジョセフ・トリポディ

ブランドが死に絶える理由は、顧客との適切な関係が失われることにあります。それを避けるには、イノベーションを継続的に起こす必要があります。


カルロス・ゴーン

経営では「常識とされることが間違っている」ことがしばしばあります。ビジネスは早い者勝ちではありません。誰も市場を「所有」などしていないのですから。


中西哲生

独自の視点を磨くのは難しいです。僕も自分のコメントに満足できたことはありません。でもトレーニング次第でコメント力を磨くことはできる。


武田双雲

書道家にとってバランスは命です。筆の毛1本で、書の印象は変わりますから、1ミリ単位でバランスを取りながら書いています。僕はそこに勝負をかけている。


菊池武茂

公(おおやけ)の出仕や、私(わたくし)の交際の外には、名聞栄華を好んではならない。俗界にある身であるから、少しは退屈を慰めるために世俗の振る舞いを行なうのは仕方がないが、当世に流行る不実者の振る舞いをしたり文武両道に外れたり、仏法興隆の妨げとなったり、法をくぐって国家に御迷惑をかけたりすることは、正法護持のために固く慎まなければならない。


森喜朗

政治などの重要な話をする前に役人が書いた原稿ではなく、まず信頼関係を築いておく。そのためには、最初に一番疑問に思っていること、前から訊きたいと思っていることをずばり聞く。そうすることで胸襟を開くことができる。


後藤敬一

真似をするのは恥ずかしいことだ、という見方もありますが、私は決して恥だとは思っていません。優れた方法や考え方があれば、これを謙虚に学び、一所懸命に実践して皆様に喜んでいただくということであり、音楽や美術作品、文学作品の盗作のように、作者に迷惑をかけたり損害を与えたりする悪質な行為ではないからです。当然、成功事例から学ぶのですから、会社の業績アップにも大きな効果が期待できます。


大杉漣

僕の場合、現場で1番組1作品1シーン1カットを全部、ちゃんとやること。これだけですよ。役者仲間は尊敬しています。でも、現場では、戦う相手でもある。その中から選ばれる役者でいたい。だから、普段から選ばれるための健全な精神と体の用意も怠りません。いま60歳だけど、自分の将来に興味と希望を持って生きていますよ。


関根眞一

厳しいことを言ってくる相手も、その根底には必ず理由がある。その理由を探り、お互いに利のある落とし所を見つける。ビジネスの会話の醍醐味は、まさにそのやり取りにある。


佐野真之

アスミック・エースでは約130人の従業員が働いており、従来は映画製作、配給、動画配信などの業務が縦割りになっていました。最近はその環境を刷新し、全組織のトップを集めて横断的に打ち合わせを行うことで、様々なシナジーを生み出しています。その取組みの結果、作品に「新しい価値」を付加することにつながり、今まではあまり世の中から受け入れられていなかったジャンルの作品を大ヒットさせることができました。