石田退三の名言

石田退三のプロフィール

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

石田退三の名言 一覧

我々だって、もっと新しい車、もっといい車をつくるために、口では言えん苦労しとる。会社の名前や組織だけで売ろうとしても時代遅れだよ。


トヨタを追撃するという姿勢でなく、いい品物をつくって出すという考えでないとトヨタを追撃できませんよ。


人生は真剣勝負の連続である。


外見だけ立派でも、中身は大して進歩していない。これが一番、私の嫌いなことである。


誰もやり手がなければやってもいい。ただし、私に任せる以上は、はたからクチバシを入れるのは一切差し控えてもらいたい。知ったかぶりでゴチャゴチャ言われるのが、一番経営を誤らせる元だから。
【覚書き|トヨタ自動車の経営再建のため社長になることを依頼されたときの返答】


戦争はどんどん苛烈な様相を深めており、資材さえあれば仕事は何でもやった。機関銃をつくれという注文が来た。機械もないし、やれそうもないと思ったが「なに、弾丸が飛び出しゃいいだろう」という、そこは戦争中の敢闘精神というやつで、とにかくこしらえた。試射をやるとき、弾丸が出ないと困るので熱田神宮の前で10挺ほど並べて祝詞をあげてもらった。いまから考えると、何とも滑稽な話だが。このとき10挺持っていったうち、的に当たったのが7挺、それだけ合格というわけだった。


思うに、(豊田)佐吉さんは、頭の中がいつも織機の進歩改良のことでいっぱいで、他事に気をまわしている余裕がなかったのだろう。それだからこそ、あの世界的に有名な自動織機の完成ができたのだろうと思う。
【覚書き|豊田佐吉氏は自動織機の発明者。その会社、豊田自動織機の自動車部門がのちに独立しトヨタ自動車となった】


叔母さんの教育は「貧乏は駄目だ。とにかく出世しなければ」という思想だった。貧すれば鈍するということを身に徹して思い知らされているらしかった。「貧乏していたら、まず第一に誰にも頭が上がらないじゃないか」ともいっていた。それが近江商人の考え方で、私たちは朝から夜中まで、この思想でビシビシと鍛えられた。とにかく我武者羅に勉強させられ、将来の栄光のために現在の困苦に耐える鍛錬を積んだことは、のちの生涯のためにどれだけ役に立ったか計り知れないものがある。
【覚書き|旧制中学時代、5年間叔母の家で生活していたときを振り返っての発言】


私はもちろん、現在の会社の自動車がそんなに自慢なわけではない。これから一日も早く国際水準価格に持っていきたい。そして国際水準の性能を出したい。これが眼目である。


自動車を始めて私が得た信念は「金ができたら設備の方へ回せ。人間で能率を上げてはいかん。機械で能率をあげよ」ということであった。
【覚書き:1950年の大規模ストライキ中にトヨタ社長に就任。激しい労使交渉を経験した後に語った言葉】


石田退三の経歴・略歴

石田退三、いしだ・たいぞう。日本の経営者。トヨタ自動車の社長。田舎の小学校の代用教員、京大阪の洋家具店の河瀬商店の丁稚、東京の呉服行商などを経て服部商店(のちの興和)に入社。同社で上海、香港駐在や工場長などで実務経験を積んだのち、豊田紡織取締役を経て、豊田自動織機に移籍。自動織機常務・社長として太平洋戦争後の同社の経営再建を行った。その後、同社から分離独立したトヨタ自動車社長となり同社の経営再建も成し遂げた。

他の記事も読んでみる

山下哲生(経営者)

会社の成長と社会の幸せは一致しうる。


佐藤琢磨

僕は全然天才じゃない。天才だったら、一発で、ターゲットというか、行きたいところに行けるでしょう。僕は、がむしゃらに背伸びしてトライしてアタックして、ようやくそこに到達できるんです。


田川欣哉

ポジションが上がるにつれ、エンジニアやデザイナーから提案される商品企画について、意見を求められる機会が増える。その時、分かりもしないのに口だけ出すのは混乱のもと。それぞれの専門領域の勘所や思考の様式が分かり、相手にどうお願いすれば自分の考えを実行してくれるのか、コミュニケーションが取れる力が求められる。


小杉友巳

私はアメリカに駐在した経験があるのですが、あちらでは自分自身を表現することは当たり前でした。会話をしていると、「私はこう思う。あなたは?」と聞かれることがしょっちゅうですし、そこで自分の意見を言えないと一人前の大人として扱ってもらえません。


フィリップ・コトラー

市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。顧客の動きを察知し、景気後退期における価値の再定義を急がなければなりません。


ゲーテ

若い時は興味が散漫なため忘れっぽく、年をとると興味の欠乏のために忘れっぽい。


茂木健一郎

どうせ「深掘り」するのならば、その価値があるものにしたほうがよい。掘れば掘るほど新しい側面が見えてくる。「本質」にたどり着いたとき、深い感動がある。そんな対象を見定めなければならない。深掘りする価値があるものを見極める一つの方法は、世間で評判が高いものを追い求めることである。専門家が強く推薦するものもいい。


田中良和(GREE)

サービスは長く続いてこそ、良いサービス。


黒川将大

学生時代に真剣にスポーツに取り組んできたのに、社会に出た後はそのスキルが宝の持ち腐れになっている人が結構いらっしゃいます。一方、きちんとしたコーチを受けたいというニーズもあります。このC2Cマッチングのプラットフォームを提供するのがこの「セレクトコーチ」です。料金はコーチのレベルや顧客の評価で上下するシステム。評価が高いコーチで忙しい時間帯ほど高料金になっています。


梅原一嘉

社員、パートさん、アルバイトさんは、いずれも、一緒に働く仲間。違うのは働き方だけだ。


樋口裕一

意思決定することに、上司の存在意義がある。


澤田秀雄

従業員には「全世界から学べ」と言っています。良いところは全部吸収するのです。


溝口勇児

掲げているゴールから逆算したとき、私一人だと到達できそうにないなと思いまして。いま社内には、経営者経験のある人が15人います。


太田英晴

海外で日本酒が評価されるのはうれしいですね。日本では好きなワインの銘柄やシャトー名を挙げられる人がたくさんいますが、海外で好きな日本酒の銘柄や蔵の名前を挙げられる人はまだ少ない。日本酒がブランドとして評価をされ、敬意を持って語られる存在になるよう、業界全体で努力していかなければと思っています。


鑄方貞了(鋳方貞了)

普段あまり注目されない花形以外の部門の人たちが、どのような気持ちで働いているのかも知っておかなくてはなりません。社員一人ひとりをよく知ることが、将来社長になった時に、自分を支えてくれる組織をつくる上で役立つ。


ページの先頭へ