名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

石田礼助(石田禮助)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石田礼助(石田禮助)のプロフィール

石田礼助、石田禮助、いしだ・れいすけ。日本の経営者。三井物産社長、国鉄総裁。静岡県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、三井物産に入社。入社後、シアトル、ボンベイ、大連、カルカッタ、ニューヨーク支店長などを歴任。取締役、常務などを経て社長に就任。55歳で三井物産を退社し、産業設備営団顧問、交易営団総裁などを務めたのち太平洋戦争後の公職追放を受ける。その後、日本国有鉄道監査委員長を経て、国鉄総裁に就任した。自らヤング・ソルジャーと称して国鉄改革にあたった。

石田礼助(石田禮助)の名言 一覧

生来、粗にして野だが卑ではないつもりだ。丁寧な言葉を使おうと思っても、生まれつきでできない。無理に使うと、マンキー(山猿)が裃を着たような、おかしなことになる。無礼なことがあれば、よろしくお願いしたい。


俺はマンキー(山猿)だよ。マンキーが勲章さげた姿見られるか。見られやせんよ、キミ。
【覚書き|国鉄総裁在任中、勲一等叙勲を辞退したときの発言。】


一国の生活水準の高低は、運送力いかんにかかっている。


年間50億人という人命を預かる職は、金をもらってやるべきではない。公職は奉仕すべきもの、したがって総裁報酬は返上する。
【覚書き|社会奉仕として国鉄総裁を引き受けたため、給料返上を申し出たときの発言。実際は制度上の問題から完全にゼロにできず、就任当初は月10万円、のちに月に洋酒1本のみを給料として受け取った】


能力主義だとか言って人間の能力がやかましく言われているようだが、なんですねぇ、能力のある人間というのはやっぱり考える人間だと思う。味方として頼もしく、敵として怖いのは考えるやつですよ。


石田礼助(石田禮助)の経歴・略歴

石田礼助、石田禮助、いしだ・れいすけ。日本の経営者。三井物産社長、国鉄総裁。静岡県出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、三井物産に入社。入社後、シアトル、ボンベイ、大連、カルカッタ、ニューヨーク支店長などを歴任。取締役、常務などを経て社長に就任。55歳で三井物産を退社し、産業設備営団顧問、交易営団総裁などを務めたのち太平洋戦争後の公職追放を受ける。その後、日本国有鉄道監査委員長を経て、国鉄総裁に就任した。自らヤング・ソルジャーと称して国鉄改革にあたった。

他の記事も読んでみる

西田一見

過緊張状態では頭が真っ白になって冷静な判断ができなかったり、肩に力が入りすぎたりして、いつもの動きができなくなる。しかし、逆にリラックスしすぎても力が入らずにパフォーマンスが低下する。本番でいつも通りの力を発揮するのに、ちょうどいい緊張状態が必要。


エーバーハート・フォン・クーンハイム

会社を良くする特効薬などはない。もしそんなものがあるとすれば、あちこち良い会社ばかりになっているだろう。


松本晃(経営者)

企業は稼がなくてはいけない。今の日本の一番の問題は、企業が稼げていないことにあります。税率が高いのはけしからんとは思いますが、税金を払っていないのは、企業家としては罪だと思います。


加藤昌史

「責任者出てこい!」と言われる前に出て行くのが私のモットーです。


都築明寿香

原点は「ないものは創り出す」という都築家のDNAだと思います。創始者の頼助先生、創立者の貞枝先生は、とても行動力がありましたから。いかに将来の国を支える人材を育成するか。これは、今ではグローバルな人材と言い換えていいと思いますが、この思いは、学園創立から60数年経っても変わっていません。将来の日本を考えれば考えるほど、まず人を育てることが第一歩です。


青木擴憲

当社の経営理念の一つに「公共性の追求」というのがあって、ビジネス以外でも世の中のためになる生き方を追求することをうたっています。そこで財団をつくって、中学生を対象に奨学金を出したり、様々な学習の機会を設けたりしています。


安永竜夫

一つの案件をまとめるには、まずしっかりと自分たちのやりたい形を定め、どう実現するかをプランニングする。我々はそれを「ゲームプラン」と呼びますが、どこでどういう交渉をすればやりたい形が実現できるのか計画を立てるわけです。あとは計画に基づいて、一つずつ交渉を進めていく。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書の結論の場合、原則的に一般論や抽象論はあり得ません。というのも、ビジネスにおいては出発点が必ず具体的状況なはずだからです。「我が社の売上を伸ばすためには何が必要か」という問題設定はあっても、「日本経済を立て直すにはどうすればいいのか」というテーマで文章を求められる機会は、まずないはずです。にもかかわらず抽象論を展開してしまうのは、書き始める前に問題設定ができていないからでしょう。


西多昌規

仕事はうまくいくこともあれば、失敗することもあります。それが人間であり、現実です。ですから、まずは自分に対する期待値を下げ、「時間どおりに終わらないこともある」「100点じゃないこともある」と、緩やかに考えてみてはどうでしょうか。


小笹芳央

思い通りの結果にならないと腹を立ててもストレスになるばかり。努力してもダメなら仕方ない。「次に行こう!」と悩まないこと。


分林保弘

M&Aで一番大事なのは「シナジー効果」を出すことです。技術力があるのに販路や資本力がない。そういう会社が、体力のある会社と一緒になることで、急激に成長することも珍しくありません。でもその前には社長同士、社員同士の調和が必要です。これがうまくいけば、1+1が、5にも10にもなるのです。


鈴木康夫(経営者)

経営者は自分のやっていることを見てもらい、説明し、一緒になってやることが大切。