石田智子の名言

石田智子のプロフィール

石田智子、いしだ・ともこ。日本の陸上競技選手(短距離走)。埼玉県出身。中学時代から陸上を開始。埼玉大学教育学部卒業。日本選手権100mで優勝。

石田智子の名言 一覧

1 / 11

経験や技術も大切。年をとって多少体力が衰えても、記録は伸ばせます。私も、技術的にはまだまだ進化の途中。

石田智子の名言|技術的にはまだまだ進化の途中


また走りたいという目標があったから、療養中も暗くならずに済んだ。

石田智子の名言|また走りたいという目標があったから、療養中も暗くならずに済んだ


負けるには理由がある、神様が何か教えてくれているんだ。

石田智子の名言|負けるには理由がある、神様が何か教えてくれているんだ


人間には得意・不得意がある。得意を伸ばすほうがモチベーションもあがる。

石田智子の名言|得意を伸ばすほうがモチベーションもあがる


小学生の頃、逆動会は一年で一番楽しみな日でした。「かけっこ」が大好きで、その延長でここまで来たって感じですね。

石田智子の名言|「かけっこ」が大好きで、その延長でここまで来た


1cmでも前にいれば勝ち。究極の遊びですよ、100m走は。それを私は仕事にしちゃっているんですよね(笑)。

石田智子の名言|究極の遊びですよ、100m走は


私は、スタートが得意です。よりスタートを強化していきたい。そして、無難なレースで3番になるくらいなら、スタートで飛ばして60mまではトップでいきたい。結果、順位が落ちたとしても、そのほうが自分らしいレースかな。

石田智子の名言|無難なレースで3番になるくらいなら、スタートで飛ばして60mまではトップでいきたい



100mという競技は究極のかけっこなんです。こんなシンプルなスポーツ、ほかにはないですよ。ヨーイ、ドンで、とにかく全力で走って、1cmでも先にゴールすれば勝つ。この単純明快さが魅力なんです。

石田智子の名言|単純明快さが魅力


さすがに復帰直後は、これは素人の走りだなーと思いましたけど。それまで何年もかけて、だんだん強くなっていった過程を、おさらいしていく感じで。それはそれで楽しかったです。何より走れることが嬉しかった。

石田智子の名言|何より走れることが嬉しかった


私はもともとスタートが得意ですが、それは脚が短く、脚の外側の筋力が強いので低い姿勢で前に飛び出せる、という身体的な資質によるもの。でも、資質だけでは限界がある。その先は技術が重要になってきます。スターティングブロック(足を置く台)をうまく使って、いかに重心を低く抑え、前方に力を出せるか、という技術です。技術がないと、力が上にいき、体が立ち上がってから走るので、遅れてしまうんです。

石田智子の名言|資質だけでは限界がある


病気になってもかけっこをやめられなかった。甲状腺の病気を患って。お医者さんには「もう走っちゃダメですよ」と止められました。それに当時、私は就職浪人中で、アルバイトしながら陸上をしていた。病気の上、収入もない、「もうやめるしかない」という状況だったんです。でも「一生走っちゃダメなんですか」とお医者さんに聞いたら、「治ればいいですけど」と言われて。じゃあ何年かかるかわからないけど治そう、と希望がわいてきた。ある意味、病気のおかげで「私はこんなに走りたいんだ、陸上が好きなんだ」ということに気づかせてもらったんです。

石田智子の名言|病気のおかげで「私は陸上が好きなんだ」と気づかせてもらった


石田智子の経歴・略歴

石田智子、いしだ・ともこ。日本の陸上競技選手(短距離走)。埼玉県出身。中学時代から陸上を開始。埼玉大学教育学部卒業。日本選手権100mで優勝。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ