名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

石田建昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

石田建昭のプロフィール

石田建昭、いしだ・たてあき。日本の経営者。東海東京証券社長。北海道出身。小樽商科大学商学部卒業後、東海銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。カリフォルニア州東海銀行頭取室付、欧州東海銀行頭取、東海銀行取締役、常務、東海投信投資顧問(のちの三菱UFJ投信)取締役社長、欧州東海銀行社長、UFJインターナショナル会長・社長、東海東京証券顧問、副社長などを経て社長に就任。

石田建昭の名言 一覧

変化の時代には挑戦する企業がうんと伸びるチャンスがある。


当社は「学び続ける会社」でありたい。


個人プレーで何でもできる時代ではありません。広い分野の知識を一人ですべて備えるのは難しい。だから会社として情報や機能やノウハウをどう社員に提供するか。組織勝負だと思います。


当社はとにかく徹底的にお世話をするんです。朝から晩まで相手先企業の人になりきってお手伝いしています。今後もこういう誠実さや手作りのサービスを活かしていきたいと思います。


我々は三大メガバンクや野村など大手証券とは違う独自のフィールドを探さなければならない。


これからは、わくわくするような証券会社にしたい。


私たちはホームマーケットである中部地区での圧倒的な存在感の確立を目指しています。市場での自分のポジショニングを意識して、当社グループの価値を高めることを主眼に、重点を置くエリア・対象を設定しました。名古屋へ本社移転などを実行し、中部地区での東海東京証券の認知度は飛躍的に向上しています。東京にとどまっていては展望できなかったことでしょう。


東海東京証券の社長に就任してから、私は激動の証券業界を生き抜くには当社グループの経営体質を根本的に改革しなければならないと感じました。経営環境が大きく変化する中、より大きく飛躍するためには、経営計画は5年間とし、じっくり取り組むことにしました。


従来の営業体制はリテール営業本部と投資銀行本部に分かれていて、ひとつの地域に当社のリテール(小口)顧客の担当者と法人顧客の担当者がそれぞれ営業を展開していました。それより地域ごとの特性を踏まえ、個人のお客様と法人のお客様それぞれのニーズを把握し、一体的に地域独自の戦略を構築していくべきであると考え地域本部制を導入しました。


中堅企業やオーナー向けのサービスは、富裕層向けのサービスに結びつけることができます。そのような意味で法人向け営業のスタイルが変わってきていると感じます。
【覚書き|個人営業と法人営業の部署を一体化したことについて語った言葉】


かつてヨーロッパで働いていたころ5本の指に入るくらい優秀な人を雇っていました。理系の博士号を持っている有能な人ですが、彼は毎日家に帰っても勉強していました。「帰宅してからも毎日2時間勉強する。酒なんか飲んでいては駄目だ」なんて言ってました。それくらい勉強してるわけです。それくらいレベルを上げればお客様にも信頼され、尊敬されるのです。


我々金融業は欧米などでも、まずリスク管理ありきだというのを徹底的に教え込まれます。たとえばトヨタ自動車が1円のコストを削る努力を積み上げているのに対して我々金融業は、先般の証券誤発注事件でもあったように、一瞬で何百億円という損失を出す可能性もある。だからこそ金融業はまずリスク管理ありきなのです。


ヨーロッパの金融業はまずコーポレート・ガバナンスありきです。当局の姿勢は非常に厳しい。単に役員が経営をどう見ているかという観点だけでなく、社員がどういう組織ルールに基づいて行動しているかを問われます。たとえば業務上のことでも、日本では社員が平気で部長を飛び越えて役員に話しかけます。それはご法度です。それもコーポレート・ガバナンス的な組織運営がきちんとなされていないことになるのです。


海外で長く銀行業務に携わってきたので、その経験から言いますと、欧米でもやりすぎてしまう人は少なくありません。壁をうち破ろうとする若いエネルギーを通常の社会、ビジネスのルールを逸脱しないようにどう導いていくかが大事です。エネルギーと公正なルールを厳守する仕組みの両方を兼ね備えていないと中長期的には成功しません。


石田建昭の経歴・略歴

石田建昭、いしだ・たてあき。日本の経営者。東海東京証券社長。北海道出身。小樽商科大学商学部卒業後、東海銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。カリフォルニア州東海銀行頭取室付、欧州東海銀行頭取、東海銀行取締役、常務、東海投信投資顧問(のちの三菱UFJ投信)取締役社長、欧州東海銀行社長、UFJインターナショナル会長・社長、東海東京証券顧問、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大西賢

整備の世界で言えば、「ミスを見つけるのが自分の仕事」という組織風土では進歩などありません。「ミスを確認する作業を通じて自分たちの仕事と仲間、そして顧客を守っていく」という意識に改めれば、もう一段高いレベルで仕事ができるようになる。


本多孝好

バディ(相棒)ものを書く最大の理由は、価値観の違う二人がぶつかり合い、お互い同じものを見ていながらも違った反応が生まれる。相手の刺激により、それぞれのものの見方が変わっていく。


村尾隆介

僕は、ブランドづくりで一番大切なものは究極的にはマナーだと思うんですね。広義の意味でです。ここで言うマナーっていうのは、その人が持つ「雰囲気」です。単純にポジティブマインドっていうような浅いものではなくて。一緒にいると、なんか楽しそうだなと思えるような雰囲気って、服装とか、持ち物よりも、遥かに大切だと思います。ブランディングは「ブランド物を持つ」ということではなくて。姿勢一つ、話し方一つ、身振り手振りで印象が作られる。それが結局、会社が持っている空気にもつながります。いわば「会社のマナー」です。これが今、すごく大切です。


吉越浩一郎

日本人の仕事の遅さは、会社を「生活の場所」と認識していることに原因がある。日本は昔からムラ社会と言われますが、会社という組織も「ムラ=自分の属する共同体」という感覚があるようです。「お金を稼ぎ出す場所」ではなく、「長時間居座るための場所」になってしまっているんですね。家にいるような感覚だから、のんびりと仕事して、ズルズルと残業することになる。こんな状態では一向に成果は上げられないでしょう。


青野慶久

僕がよく言うのは「アホはいいけど、ウソはダメ」。もし寝坊をしても、それはアホだから仕方がない。でも、寝坊したことを隠して「体調が悪くて」などとウソをつくのはダメ。僕自身、寝坊をして飛行機に乗り遅れ、海外出張から戻れなくなったことがありますが、そのときは素直に皆の前で「すみません、寝坊しました」と謝りました。


岡藤正広

事業展開をイメージできるかどうかは日ごろから現場を経験し、どれだけ人の話を聞いているかに大きく左右されます。自分が経験していないことは体験者である先輩から食事や飲みにって聞き出せばいいのです。そのときは先輩の自慢話になるかもしれませんが、それが若いものから見れば大変参考になります。自慢話とはいえ、実際のビジネスで起きたことだから、案件の処理の仕方や進め方をいろいろ質問し、そのノウハウを自分のものとして蓄積すればいいんです。


梨田昌孝

若い監督をサポートするには熟練の参謀でなけならないというのが本音である。


ローランド・ベルガー

私がコンサルティングを始めた頃は、仕事の価値の50%は、データの収集と分析にありました。ところが、今では誰でもデータにアクセスできる。単にデータを集める仕事に価値はなくなったのです。これから重要になるのは、データを分析し、解決策を見つけて実行するプロセスを、シームレス(連続的)に回す能力です。


浜田宏

目的意識さえあれば、どんなに忙しくても、時間はつくれるものです。僕の場合、毎朝、自宅から駅まで12分間、できるだけ交通量の少ない道を歩いて、英会話のラジオを聞いていました。もちろん、電車に乗ってもヘッドホン・ステレオを聞き続ける。そそて地下鉄に入るまでは、それこそ集中してリスニングの時間です。そうして地下鉄線内に入ったら、ゴーとうるさくなるので、次は文法の時間。会社の最寄り駅まで文法を勉強する。そして、駅から会社までの5分間はまたリスニングの時間。これで、往復2時間は集中して勉強できます。


魚谷雅彦

お店でサンプルの提供やイベントをやりたいといった時に、時間がかかるという問題点は取引先からも聞いている。これは、資生堂の社内で役割を分割しているのが原因だろう。ブランドマネジャーが一気通貫でブランドを見てPL(損益計算書)まで責任を持つ制度を導入していく。


前澤友作

スタートトゥデイには人事考課制度がありません。こういった制度はあった方が楽です。上司が部下を説得するために、いいように使えるからです。ですが本来、上司と部下の間に信頼関係があれば、こうした制度は不要なはずです。こうした制度ひとつひとつが会社から人間性を奪っていくのです。


尾野真千子

その時々で大好きな歌があって、人生の一曲はなかなか決められない。これからそうした歌に出合えたら素敵ですね。